タグ:登山 ( 208 ) タグの人気記事

2018年 10月 31日
迷い滝で撮り方を迷う・・・
お天気が良すぎるのも困ったもんです。



フォトクラブ大峰の3人とゲスト1人は迷い滝へと向かう。


大塔の道の駅に5時集合の予定でしたが私の都合で5時半にしてもらった。
その30分が作品が出来るか否かの境い目だったかもしれない。

朝は冷え込んで高野辻からは雲海が見られた。
そして朝日が出る頃にはアチコチから放射霧?が出ていた。









駐車地から舟ノ川を渡渉して廃林道を進みます。
f0236776_20292378.jpg










途中にはいやらしい崩落地が4箇所?ほどあります。
前に行ったときはもっと困難だったように思うのですが今回は難なく行くことができた。
スキルが上がったのではなく、踏み跡が出来たからだろう。
f0236776_20300423.jpg










林道を進むと山肌に朝日が当たり始める。
f0236776_20294555.jpg










1時間ほどで迷い滝に着きます。
f0236776_20294266.jpg
f0236776_20294960.jpg










大きなスケールで撮りたいのですが・・・
滝には朝日が当たらないので全体を撮るのが難しい。

オマケに風は冷たく日向が恋しくなる(笑)
f0236776_20295255.jpg
f0236776_20295596.jpg












流れに陽が当たるのを待つけど・・・
f0236776_20295854.jpg
f0236776_20300131.jpg











時間切れで帰ります(^^)
こんな感じで滝の部分だけ日陰・・・
f0236776_20453196.jpg








駐車地に戻ってお昼ご飯です。
f0236776_20300896.jpg






一息ついたら沢装備に換装して舟ノ川を遡行します。







by rato-yamato | 2018-10-31 20:49 | Trackback | Comments(1)
2018年 10月 27日
雨と霧の北部台高縦走路 (後編)
伊勢辻山でしばらく待ちました。

ke-nさんと2人のときは必ず何かのドラマがあるはず。
そう信じて待ちました。




相変わらず雨が空から落ちてくる。








伊勢辻からの眺望はあきらめて目的の赤ゾレ池に移動します。
f0236776_21143652.jpg
f0236776_21140887.jpg
f0236776_21140534.jpg











赤ゾレ池に到着です。
f0236776_21135745.jpg
f0236776_21134747.jpg


ここでテント泊できたらいいな~
できれば厳冬期に(^^)
無理かな~










ガスは晴れると信じて昼食にしましょう。
といっても買ってきたお弁当を食べるだけです。
皆さんの山のレポートを拝見すると手の込んだ料理をされていて感心します。

まぁ、カメラマンの山行きはこんなもんですかね。
いつも手抜きのご飯です。


f0236776_21134311.jpg
f0236776_21133779.jpg
f0236776_21133158.jpg








すると、突然に風が吹いてガスが流れました。
太陽の位置がわかるくらいに雲は流れました。
一瞬ですが青空も見えた。

さぁ、来たで~とカメラを構えた。

f0236776_21134032.jpg




ほんとに一瞬でした・・・(泣)

またガッスガスです。









f0236776_21131006.jpg
f0236776_21130647.jpg








ドロドロになって下山しました。

ke-nさん、今回もお世話になりました。
次回はリベンジじましょう。




by rato-yamato | 2018-10-27 21:41 | Trackback | Comments(4)
2018年 10月 26日
雨と霧の北部台高縦走路
天気予報では午前10時に雲は抜けるらしい。
いや、勝手にそう思っているだけかな?

それを信じて時間を合わせて登り始めた。




大又林道の終点から。
皆さんはここから明神平へ登る。

私たちは台高縦走路に直登です。



アキレス腱が伸びっぱなしになるような急登の道なき道・・・



90分ほどで縦走路に出ました。
f0236776_21180332.jpg
f0236776_21181417.jpg


晴れるどころか雨が降ってきた(゜_゜)

最初は霧が木々について雫として落ちてくるんだと思っていたら、雨だった。










f0236776_21181772.jpg
f0236776_21182132.jpg
f0236776_21182608.jpg

最近はこんな天気ばっかし(泣)










f0236776_21183020.jpg
f0236776_21183553.jpg
f0236776_21191417.jpg




伊勢辻山の大きな木の下で雨宿り。

眺望もないし・・・
電波もないし・・・


続きますm(__)m


by rato-yamato | 2018-10-26 21:25 | Trackback | Comments(4)
2018年 10月 17日
稲村ヶ岳は霧の中・・・(2)

 山頂で待っていても一向にガスは晴れそうにありません。

今回の目的である大日のキレットに移動して待機することにします。
登山者が行き交う狭い登山道でカメラを持ってウロウロしていたのは私たちです(笑)

ジャマをして申し訳ございません。m(__)m











ガスがほしいカメラマンは大峰に登るといいです。
好きなだけガスに出会えますよ。
f0236776_18265229.jpg
f0236776_18264918.jpg
f0236776_18264500.jpg









度重なる台風で痛めつけられたとは言え、紅葉は綺麗だった。。
そりゃぁ、近くでマジマジと見たら傷んでいますよ。

でもそれはナンセンスというものです。
f0236776_18263024.jpg
f0236776_18262719.jpg










大日山の紅葉が少しだけ見えました。
一瞬だけ太陽が差し込んだのですが、4人の誰も撮れなかった・・・

f0236776_18262292.jpg
f0236776_18261801.jpg
f0236776_18261552.jpg








これで精一杯かな~


さぁ、小屋に戻りましょう。

f0236776_18261254.jpg
f0236776_18260701.jpg
山上ヶ岳方面は晴れてるやん!








f0236776_18260484.jpg
f0236776_18260203.jpg
f0236776_18255769.jpg
f0236776_18254342.jpg
f0236776_18253838.jpg








登山あるある・・・下山したら晴れてきた。

小屋に戻ったら青空だった(笑)
f0236776_18253322.jpg














今回も転がるように下山しました。

f0236776_18252809.jpg


駐車地の母公堂に戻りました。

いつもコーヒーをいただきます。
下山して頂くコーヒーほど美味しものはありません。

ごちそうさまでした m(__)m


by rato-yamato | 2018-10-17 20:20 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 16日
稲村ヶ岳は霧の中・・・
紀伊山地の紅葉前線がどんどん降りてきました。

今年は春先から季節の変わり目が唐突で写真家泣かせです。
厳しく雪が多かった冬があっという間に春になって桜が咲いて・・・

すぐに夏になって、やれ酷暑だ~猛暑だ~って言ってたら、もう紅葉ですって。

紅葉が散ったらすぐに霧氷がついて雪が降って・・・


一年なんてあっという間です。















天川村洞川地区にある母公堂から稲村ヶ岳に出発です。
500円をお支払いすると車の前に領収済証を置いてくれますよ。
f0236776_22062131.jpg







さぁ、出発~って言ったらリーダーのke-nさんは猛スピードで登り始めた。
みんな一言もしゃべらずについていく。

法力峠まで45分足らずで到着です。
大汗かいた(゜_゜)
f0236776_22061705.jpg







小休止して、ここからは普通のペースで行きましょう(笑)
f0236776_22061487.jpg










マンモス君は今日も元気そうだ。
f0236776_22061044.jpg
f0236776_22060856.jpg

相変わらずガスガスで視界悪し。









稲村小屋が見えてきた。
f0236776_22060583.jpg







ちょっと小腹が空いたのでオヤツです。
f0236776_22060018.jpg
f0236776_22055740.jpg
小屋でコーヒーを注文して冷えた体を温めて霧が晴れるのを待ちます。














f0236776_22055441.jpg
f0236776_22055162.jpg
f0236776_22054747.jpg
標高1726m
稲村ヶ岳山頂の展望デッキ。

展望できません(笑)

f0236776_22054420.jpg








f0236776_22053610.jpg
f0236776_22053380.jpg
f0236776_22053045.jpg









大日のキレットでガスが晴れるのを待ちます。

さぁ、このあとはどんな景色に出会えるでしょうか。
ドキドキワクワク。

こんな時間が好きだったりします。



明日に続きます。






by rato-yamato | 2018-10-16 22:23 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 13日
台高山脈 紅葉始まる (2)



山頂で2時間ほど費やしました。


消えては湧いてくる雲に根負けして次のピークへと移動します。
ここでは、まず登山者と出会いませんが・・・
この日は3組と出会いました。

こんなことは初めてです。



しかも山頂で「ratoさんですか?」と聞かれたときはびっくりしました(゜_゜)


よく思い出してみると過去に2回もここでお会いしている方でした。
あ~、びっくりした・・・





f0236776_21424670.jpg
f0236776_21423079.jpg
f0236776_21422071.jpg






相変わらずガスってます(笑)
さすが「大峰ガス男」と呼ばれるだけはありますね。
大和路撮影に没頭していた頃は「ratoが来たら焼けない」という有り難いジンクスも頂いてました(笑)




f0236776_21421688.jpg
f0236776_21421399.jpg
f0236776_21420727.jpg
f0236776_21415928.jpg







ええところやな~
何度、来ても飽きないです。
静かです。


f0236776_21414561.jpg
f0236776_21413498.jpg
f0236776_21413174.jpg
f0236776_21412562.jpg
f0236776_21412144.jpg







さぁ、下山しましょう。

今度は紅葉が散って霧氷の頃にまた来るよ。








by rato-yamato | 2018-10-13 21:51 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 11日
台高山脈 紅葉始まる
体育の日の連休は弥山でテント泊の予定でした。


ところが、珍しくお腹を壊してしまいました。
もともと、丈夫なお腹ではありません。

軟便が続いてしまいテント泊は断念しました。
日曜日の段階では、ほぼ回復したのですが念のために控えました。
登山仲間は皆さん、遠征やテント泊に行っちゃいました・・・(泣)



で、連休最後の月曜日は夜明けを山頂で迎えるべくプチナイトハイクです。









新月・・・見えます?
画面の右上です。

f0236776_20205457.jpg
f0236776_20210353.jpg
ここは間近に海が見えます。
この海岸から急峻に立ち上がる地形が数々の特異な気候をもたらします。











湧き上がる雲がどんどん流れます。
f0236776_20211544.jpg
f0236776_20212542.jpg
ん?
富士山のようなシルエット。
いや、こんな高い山は富士山以外に有り得ないでしょう。







いよいよ日の出というタイミングでホワイトアウトです。
真っ白になっちゃいました。
f0236776_20213218.jpg










山頂でガスが晴れるのをずいぶんと待ちました。
f0236776_20215349.jpg
f0236776_20215757.jpg
f0236776_20220762.jpg
晴れたと思うとすぐさまガスってしまいます。









朝日はとっくに高く上がってしまいました。
f0236776_20222407.jpg
f0236776_20223551.jpg
f0236776_20224029.jpg











機材を撤収して次のピークへと移動します。
f0236776_20224433.jpg



今年の紅葉はずいぶんと早かったです。
1週間以上も早い気がします。




台風で痛めつけられ、少し色がくすんだ紅葉を愛でながら移動します。







by rato-yamato | 2018-10-11 20:39 | Trackback | Comments(4)
2018年 10月 09日
晴天の弥山(みせん)で遊ぶ 後半です。
終日の好天でした。








弥山小屋で小休止のあと山頂の弥山神社にお参りを済ませると
一路、狼平へと下ります。
途中に「何段、あるね~!」というくらいの階段を激下りです。
f0236776_17560757.jpg
弥山山頂から近畿最高峰の八経ヶ岳を見る。










なんて青い空なんだ!
f0236776_17560279.jpg














こんなゴーストは初めてかも(笑)
f0236776_17555806.jpg










小一時間で狼平です。
初めて来ました。

いつも写真で見て憧れていた景色が目の前にあります。
f0236776_17555491.jpg
f0236776_17555077.jpg
厳冬期に周回してみたい。









ここから今日の登山の本題です。
弥山川源流域探索開始。
f0236776_17554629.jpg
f0236776_17554009.jpg

流れる水はどこまでも透明です。
そして、いわゆる「大峰ブルー」










思わず見とれますよね。
f0236776_17553656.jpg
f0236776_17553253.jpg













水が少なくなってきました。
右岸へ左岸へ・・・ときには高巻きしたり。
渡渉を繰り返します。
f0236776_17551924.jpg













今日の「べっぴんさん」です。(゜_゜)
f0236776_18184461.jpg









そして、これが弥山川 最初の一滴かな?
f0236776_17551244.jpg






さぁ、時間切れです。
下山しましょう。
f0236776_18201046.jpg







転がるように下山しました(笑)
写真は1枚も撮っていません・・・


ke-nさん、お世話になりました。
少しだけハードなコースでしたね(^^)


by rato-yamato | 2018-10-09 18:23 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 07日
晴天の弥山(みせん)で遊ぶ
弥山はなんて発音するか?

表題に書きましたが「みせん」と読みます。
大峰山脈の真ん中。
標高は1895mで奈良県下では八経ヶ岳に次ぐ2位です。


さて、本来なら今ごろはテントを担いで登っているはずでした。
しかし、この日の弥山行きで汗冷えしたのか体がだるくて軟便が続いている。

これではテント泊は無理・・・

ということで家でおとなしくしています。



みんなバカンスに出かけちゃいましたね(^^)






では弥山の記事に戻りますね。
10月3日(水曜日)です。

いい天気になりそうだし、体育の日の連休に向けてテント泊の足慣らしにと登りました。
いつものようにke-nさんの腰巾着です(笑)





集合場所で朝焼けを待ちましたが・・・ちょっと残念でした。
モノクロにしたら迫力が出た(笑)
f0236776_11000404.jpg









天川村から弥山登山口のトンネル西口には行くことができません。
なので上北山村からナメゴ谷経由で入りました。

初めて沢コースを登ります。
f0236776_11000139.jpg
f0236776_10595993.jpg
美味しそうなお団子が並んでいた。










一時間の急登に大汗かきながら出合まで来ました。
f0236776_10595587.jpg











出合からは大峰奥駈道を歩きます。
そんなに高低差はありません。

途中のビューポイントで大普賢を望む。
シロヤシオの紅葉はいつも早いね。
f0236776_10595116.jpg
f0236776_10594511.jpg
f0236776_10594817.jpg
f0236776_10594264.jpg
理源大師様のおられる聖宝の宿跡で小休止。







登山では消費したカロリーを積極的に摂取しないとバテます。
f0236776_10593874.jpg
f0236776_10593695.jpg
マムシグサも色づいています。







さぁ、ここから再び急登です。
f0236776_10593107.jpg
f0236776_10592889.jpg
f0236776_10592550.jpg
一気に高度を上げます。
実は大峰に登って晴れたのは初めてかもしれません。
それだけ多雨地帯、すなわち雲ができやすい地形なんです。










ここで前弥山小屋管理人で今は登山口駐車場管理人の西岡さんと出会いました。
台風の影響がないか登山道を点検して登っておられます。
倒木などの処理をしながら・・・
いつもありがとうございます。
f0236776_10551335.jpg





3時間弱で弥山小屋に到着です。
f0236776_10550780.jpg

有人で食事も宿泊もできる山小屋は大峰ではここだけ。









たぶん、続く・・・


by rato-yamato | 2018-10-07 17:35 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 05日
伯母谷覗でテント泊 2日目
長いインターバルですみませんm(_ _)m

どうも、昔みたいに撮影から帰ってきたらすぐに投稿しようという気が減少してきたかな?
まぁ、ぼちぼちやっていきます・・・








さて、テントで快眠した4人は・・・
みんな暗いうちからゴソゴソ動き出して撮影の準備を始めます。
このあたりはカメラマンの集団ですね。
以心伝心かな。





期待した雲海は大台ケ原方面に見えますが伯母谷覗にはありません。
でも、いい夜明けを迎えることができました。

f0236776_17402166.jpg
f0236776_17402936.jpg
f0236776_17403381.jpg
f0236776_17403876.jpg













思い思いに撮影を済ませたら最小限の荷物で阿弥陀ケ森から脇の宿跡まで被写体探しです。
f0236776_17522503.jpg
f0236776_17500712.jpg
f0236776_17414380.jpg
f0236776_17412627.jpg











テント場に戻って撤収です。

テント場や山小屋では一切のゴミは放置してはいけません。
これは人間としての常識です。



さぁ、下山しましょう。


f0236776_17414887.jpg
f0236776_17415162.jpg







あ、会長・・・カメラ忘れた?
置きっぱですやん(゜_゜)
f0236776_17581595.jpg


いえいえ、ちゃんと忘れずに持ち帰りましたよ。

今日もよく歩いて登って降りてきました。
皆さん、お疲れ様でした。




by rato-yamato | 2018-10-05 18:01 | Trackback | Comments(0)