人気ブログランキング |
タグ:五條市 ( 61 ) タグの人気記事

2019年 04月 10日
西吉野へ  3月27日 (2)
今年、何度目だろう?

探せば新しいポイントが見つかるかと思ったが、なかなか難しいね。
あるにはあるんだけど・・・写真的にはもう一つかな。

また、絵になるポイントが見つかったら紹介しますね。










f0236776_00400274.jpg
f0236776_00395070.jpg
f0236776_00394600.jpg
f0236776_00394477.jpg
f0236776_00394177.jpg
f0236776_00393788.jpg


今年の西吉野はこれでオシマイかな。
3月は寒暖差が大きかったように思います。

これを書いているのは4月10日ですが、少し冷える日が多いので桜の開花は予想より遅れました。
その分、長く楽しめたかな?
平地のソメイヨシノは今日の雨で散っちゃうでしょうね。



by rato-yamato | 2019-04-10 06:31 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 09日
西吉野へ  3月27日
骨折日記?の備忘録は終わりにします。
あとは少しづつ正常な状態に戻るのみ。

ブログの記事も徐々にリアルタイムに戻していこうと思います。


ただ、金属(チタン)プレートとボルトが8本入っているのは変わらない。
このことが日常生活を妨げるのは事実。
足首の腫れ(むくみ)が引いてくるとプレートの形がよく分かるようになる。

あまり気持ちのいいものではない。







3月27日は夜明け前の西吉野の撮影ポイントへ。








f0236776_06565729.jpg
f0236776_06570267.jpg
f0236776_06572532.jpg
f0236776_06570528.jpg
f0236776_06573390.jpg
f0236776_06572889.jpg






快晴の夜明けでドラマはありませんでした。
でも少し冷えた朝で気持ちよかったです。

お湯を沸かして温かいコーヒーを飲みましょう。



by rato-yamato | 2019-04-09 07:13 | Trackback | Comments(1)
2019年 04月 05日
霧の朝  3月20日

朝は濃い霧に包まれていた。
少しだけ早起きして西吉野の撮影ポイントへ。

徐々に霧は消えていく。
その移り変わる景色はドラマチック。
いつまでも見ていて飽きない。








f0236776_07355525.jpg
f0236776_07355205.jpg
f0236776_07354831.jpg
f0236776_07354391.jpg
f0236776_07353828.jpg
f0236776_07352492.jpg







軽い山歩きを再開しようと思います。
重いザックは背負えないけど・・・




by rato-yamato | 2019-04-05 07:42 | Trackback | Comments(3)
2019年 04月 04日
小雨の西吉野 (2)
3月20日の備忘録(撮影は3月19日)


この日の診断とレントゲン写真では、ほぼ骨折痕は判別できなくなりました。
もう、日常生活では何をやっも大丈夫らしい。
激しい運動はダメだと釘を刺される。

走ったり飛んだりは禁止です。
重いものを持ったりするのも禁止です。
捻挫には十分、注意すること。

今、捻挫するとチタンプレートの打ち込んでいない場所が折れますよ!と脅される(^^)










f0236776_10532752.jpg
f0236776_10532331.jpg
f0236776_10532188.jpg
f0236776_10531875.jpg
f0236776_10531189.jpg




暖冬だった冬が終わろうとしている。
まだ寒波は来るかもしれない。
信じて待とう。


by rato-yamato | 2019-04-04 11:06 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 03日
小雨の西吉野 3月19日
3月19日の備忘録

明日は診察の日。
レントゲンで骨の状態を診てもらい、荷重の具合を判断する。






小雨の降る西吉野を巡った。
ここを撮るようになって十数年、たかが十数年ですが景色はどんどん変わります。
切り花農家さんの高齢化、後継者不足・・・
荒れている畑が増えるのは仕方ない。
かと言って私が出来るわけでもない。
f0236776_20560750.jpg
f0236776_20555321.jpg
f0236776_20554888.jpg
f0236776_20554574.jpg
f0236776_08545842.jpg


by rato-yamato | 2019-04-03 21:05 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 02日
少し早めの西吉野 3月19日
3月19日の備忘録

山に復帰したいが、もう少しの辛抱かな。








f0236776_08544037.jpg
f0236776_08543718.jpg
f0236776_08543221.jpg
f0236776_08544549.jpg
f0236776_08545842.jpg















モノクロにしてみた
f0236776_08544920.jpg




大峰台高への復帰はいつになるだろう。
このブログのタイトルは「ratoの山歩き」だったはず・・・




by rato-yamato | 2019-04-02 08:58 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 16日
高野辻へ 2月24日
2月24日の備忘録

骨折して以来、大峰に会えてないので久しぶりにご挨拶してきました。

と言っても登るわけにはいかない。
今年は雪が極端に少ないとは言え、それは無理。

できるだけ多くの大峰に会えるのはどこだろう?



高野辻に行くことにした。


どうせ行くなら夜明けを見てみよう。
雪や凍結が心配だがダメな場合は引き返せばいい。







雪どころか凍結もなく春のような道でした。
この時点で今日の目論見は崩れ去りました。





まずは夜明け前の稲村ヶ岳にご挨拶。
f0236776_20584749.jpg







仏生ヶ岳から明星ヶ岳へと続く大峰奥駈道を見る。
今年はホントに雪が少ない。
f0236776_20584307.jpg
f0236776_20583915.jpg
f0236776_20540029.jpg
f0236776_20535603.jpg






夜明けはきれいでした。
でも意図した写真とは程遠いです。
しかしながら久しぶりに大峰に会えて嬉しかった。

もうすぐ登れるようになるから待ってておくれ。
でも雪はなくなっているでしょうね・・・


by rato-yamato | 2019-03-16 21:13 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 01日
アメドマリ滝はリベンジしましょう(゜_゜)
山の秋が深まったこの時期に沢登りとは・・・

お誘いを受けた時に思いました。




rato・・・「水に浸かりますか?」
ke-nさん・・・「濡れずに行くのは無理です」
rato・・・「冷たそうや」
ke-nさん・・・「それぐらいは我慢」
rato・・・「泳ぎませんよね?」
ke-nさん・・・「この時期は泳げません」



ということで行ってきました(笑)











駐車地から舟ノ川を遡行です。
f0236776_21104719.jpg
f0236776_21105525.jpg














まだ足は浸かっていません(笑)
エメラルドグリーン( ゚д゚ )
f0236776_21110082.jpg
f0236776_21110310.jpg


















足が浸かっても思ったより冷たくありませんでした。
瞬間は「ひえ~っ!」て思ったけど、なぜかポカポカしてきますよ。
f0236776_21110662.jpg
f0236776_21111034.jpg
f0236776_21111821.jpg
ルート確認は慎重にね。










この淵の名前は忘れました。
両岸は切り立っていますので越えることができません。
f0236776_21112296.jpg









防水コンデジで撮影
f0236776_21112531.jpg
f0236776_21112956.jpg
透明度は半端ないです。











右岸でも左岸でも巻けるようです。
道なき道、踏み跡不明瞭。
下りは慎重にね。
沢靴では踏ん張りがきかない・・・
f0236776_21113240.jpg
















アメドマリ滝です。
f0236776_21115384.jpg
f0236776_21115751.jpg
もっと滝壺まで近づいて撮れば良かったかな?
紅葉はきれいでした。
コントラストが強すぎましたけど・・・





f0236776_21435106.jpg
f0236776_21443747.jpg





モグモグしてる?
rato君です(笑)

f0236776_21140726.jpg








さぁ、時間切れです。
戻りましょう。

f0236776_21122417.jpg
f0236776_21122749.jpg
途中で見つけました。
DATSUNトラック1200かな?
コラムシフトが時代を感じさせます。
どこから来た?
いつからここにいる?












陽が傾いてきましたよ。
f0236776_21123200.jpg
f0236776_21124023.jpg
f0236776_21124596.jpg



無事に駐車地に戻りました。


ke-nさん、narakumaさん、ichikawaさん
お世話になりました。
楽しかったです(^^)



by rato-yamato | 2018-11-01 21:54 | Trackback | Comments(3)
2018年 10月 31日
迷い滝で撮り方を迷う・・・
お天気が良すぎるのも困ったもんです。



フォトクラブ大峰の3人とゲスト1人は迷い滝へと向かう。


大塔の道の駅に5時集合の予定でしたが私の都合で5時半にしてもらった。
その30分が作品が出来るか否かの境い目だったかもしれない。

朝は冷え込んで高野辻からは雲海が見られた。
そして朝日が出る頃にはアチコチから放射霧?が出ていた。









駐車地から舟ノ川を渡渉して廃林道を進みます。
f0236776_20292378.jpg










途中にはいやらしい崩落地が4箇所?ほどあります。
前に行ったときはもっと困難だったように思うのですが今回は難なく行くことができた。
スキルが上がったのではなく、踏み跡が出来たからだろう。
f0236776_20300423.jpg










林道を進むと山肌に朝日が当たり始める。
f0236776_20294555.jpg










1時間ほどで迷い滝に着きます。
f0236776_20294266.jpg
f0236776_20294960.jpg










大きなスケールで撮りたいのですが・・・
滝には朝日が当たらないので全体を撮るのが難しい。

オマケに風は冷たく日向が恋しくなる(笑)
f0236776_20295255.jpg
f0236776_20295596.jpg












流れに陽が当たるのを待つけど・・・
f0236776_20295854.jpg
f0236776_20300131.jpg











時間切れで帰ります(^^)
こんな感じで滝の部分だけ日陰・・・
f0236776_20453196.jpg








駐車地に戻ってお昼ご飯です。
f0236776_20300896.jpg






一息ついたら沢装備に換装して舟ノ川を遡行します。







by rato-yamato | 2018-10-31 20:49 | Trackback | Comments(1)
2018年 07月 23日
舟ノ川 地獄谷へ
梅雨明け以来 厳しい暑さが続いています。

今日は関東で日本最高気温を更新したそうな。
このところの気候変動は厳しいものがある。

しかしratoは敢えて温室効果ガスによる温暖化とは書かない。
たしかに都市部のヒートアイランド現象で気温は上昇している。
それが温室効果ガスによるものかどうか?
そもそもCO2に温室効果があるのか?
だれが証明したのか?
それが本当ならもっと早く手を打たないと・・・

空気中のCO2濃度は極めて少なく(0.04%)
そのうちのたった5%が人間の活動によるものだという。




閑話休題

暑くて暑くて山に登る気がしません。
それなら沢歩きをしましょうと5人が集まった。

言っておきますが私は沢も山も超初心者です。






f0236776_19151573.jpg
f0236776_19152313.jpg
f0236776_19151982.jpg
f0236776_19152644.jpg
f0236776_19153071.jpg
f0236776_19153749.jpg
f0236776_19154067.jpg
f0236776_19154324.jpg
f0236776_19154697.jpg
f0236776_19155081.jpg
f0236776_19155500.jpg
f0236776_19162453.jpg
f0236776_19162729.jpg


前回の沢歩きに比べるとずいぶんと沢を歩いた・・・かな。

何度か足を滑らせて水の流れに落っこちた(笑)
落っこちるなら最初から水の中を進んだほうが楽な場合もあることを教えてもらった。

そんなん、先に教えてよ~(笑)

ke-nさん、narakumaさん、nakakuboさん、ichikawaさん
お世話になりました。




by rato-yamato | 2018-07-23 20:15 | Trackback | Comments(5)