人気ブログランキング |
タグ:つぶやき ( 10 ) タグの人気記事

2017年 01月 08日
登山と写真・・・ジレンマ
長文ですので読み飛ばしてくださいね(笑)



登山は1グラムでも軽いほうが有利です。


それは自分の体重にもいえる。
もちろん荷物も軽いほうがいいに決まっている。
登山家は高価な軽い機材を選ぶのが普通でしょうか。

嵩張るし重くていいのならワークマンUNIQLOで揃えれば安くすみます。




しかし命に関わるものをケチってはいけません。






私の場合は登山は写真撮影の手段です。
少なくとも最初はそうでした。


悲しいかな写真も登山も恐ろしく金食い虫である。
自分が知らないだけで、どんな世界でもそうなんだろうけど・・・





最初に書きましたが1グラムでも軽いほうがいいんです。
重力に逆らって登るんですから。

そこで問題になるのが撮影機材です。


普段の撮影では基本的に2台体制です。
シャッターチャンスを逃さないためです。
しかし山行きには無理です。

できれば良く写るコンデジでもいいかな?と思ったり。
高倍率ズーム一本ですませば楽だと考えたり。

でも、そこはカメラマンとしての意地があって重くて大きい一眼レフと交換レンズを持ち出します。



どこへ登るにしても必須なのが・・・
16-35F2.8LⅡ
24-105F4L

そこに行き先や余裕の有る無しで
70-200F2.8Lが加わります。

ボディは CANON 5Dmark3もしくは6D
ベルボンの三脚、レリーズやフィルター類、予備のバッテリー・・・etc

さぁ、これだけで何Kgあるでしょう。







そこに、普通の登山の道具がプラスされます。
これは訓練か修行のようです。

でも、そこでしか出逢えない景色と遭遇した喜びは何物にも代えられません。





話しは変わりますが・・・

よくカメラ選びのアドバイスを求められます。
その人が何を撮るのか?
その人の最終目的(フォトコン、写真展・・・)は何なのかにも依りますが
長く続けたいのならメーカーは好みでいいけど「35mmフルサイズ一択です」といいます。

私の偏見かもしれませんけど。


2004年の春にフィルム機材一式を空き巣に持っていかれました。
幸いにも犯人が逮捕されて賠償金を受け取りました。

しかし賠償金で同じ機材を再購入することはできません。
評価額が低すぎて話にならない。



そこで思い切ってデジタルに変更したわけです。
当時はもちろんAPS‐Cサイズのカメラしかありません。

デジタルのことは何も知らずにCANON EOS10D を買いました。
なんじゃこりゃ!ハーフサイズやん・・・

勉強不足の自分が恥ずかしかったです。





で、2007年に初代5Dを買うまではデジタルなんて使い物にならないと思ってた。
色は悪いし・・・
そもそもフルサイズ用のレンズしか発売してないんですもん。



初代5Dはいいカメラでした。
1200万画素で十分です。
高感度なんて使えません。
ISO800が限界です。
でも風景写真には何の不都合もなかったです。




昨今の高画素、高感度志向にはいささかの疑問があります。
高感度耐性を重視するあまりに基本感度での画質がおろさかになっていないか?
五千万画素なんて・・・いったい何に使うんですかね~

皆んなが皆んな全紙に伸ばして写真展をするわけではないでしょう。

大は小を兼ねますか?





いや、私は2000万画素で十分です。















さて、最後に。




新しい相棒が加わりました。


OSPREY(オスプレー) ケストレル38 旧モデルです。





f0236776_09430911.jpg
f0236776_09430548.jpg








ハイドレーションシステムはザックの外から入れ替えできます。
ただ夏場は背中に密着すると体温でお湯になるかも(笑)
f0236776_09430158.jpg









これは特許ものです。
刀をしまうようにストックを脇差に差せます。
f0236776_09425883.jpg














欠点もあります。
雨蓋がこれ以上開かない。
f0236776_09425486.jpg










今までのNORTH FACE はここまで全開します。
f0236776_09424723.jpg









長文・乱文 失礼しました。
m(__)m













by rato-yamato | 2017-01-08 10:02 | Trackback | Comments(6)
2015年 08月 06日
70年
70年前の今日

広島を悲劇が襲いました。
アメリカは当然のように原爆投下を正当化します。
その敵国であるアメリカが戦後の復興に大きく寄与するのは皮肉でしょうか。

そして今は同盟を結んでいます。
その恐ろしい核の傘に日本が入っていることも、また皮肉でしょうか。

核は本当に抑止力となりますか?
では、なぜアメリカは戦争をやめないのでしょう。

核が抑止力となるのは核に対してだけではないですか。






私の父は16歳で終戦を迎えました。
父の兄は戦死しました。
ボロ雑巾のようにコテンパンにやられた敗戦です。


1945年の3月から終戦の前日まで幾度となく大阪の街を焼夷弾が襲いました。
父の住む家も一瞬で焼けてしまい父の祖母も焼夷弾で焼死しました。


誰も助けてくれません。
救急車なんて来てくれません。
消防車も、もちろん来ません。

父は自力で祖母の処理をしました。

焼け野原となった大阪をあとにして知人を頼り大和に移り住みます。
大阪の土地もすべて放棄しました。


大和は戦火から免れます。

アメリカは歴史的建造物に敬意を払って空襲から除外したという。
それは大きな嘘です。

事実、国宝名古屋城は焼失しました。




そして広島に落とされた原爆も当初の第一目標は京都市だった。
東京はすでに焼け野原となり目標から除外。
空襲の被害が少なく人口密度の高い京都市が狙われるのは当然だった。

もし、京都に落ちていたらどうなったでしょう。

多くの文化財を失った怒りと悲しみは広島のそれよりも大きいに違いありません。






戦争を美化したり、面白おかしく作り上げた映画やドラマは好きになれません。

以前に会社の慰安旅行で沖縄に行きましたが基地問題や「ひめゆりの塔」には見向きもせず
米軍の払い下げ品の買い物に夢中になる若い社員がいました。

それは仕方のない事なのでしょう。

そんなことを思いながら・・・
ちょっと悲しかったのを思い出しました。





すみません。
今日は写真がありません。

今の・・・
今日のratoの気持ちを書いてみました。


最後まで読んでくださってありがとうございます。




by rato-yamato | 2015-08-06 22:34 | Trackback | Comments(3)
2015年 04月 19日
GORE-TEXを洗ってみました
今年の春は異様に雨が多かった。
カメラマンは雨が好きです。
基本的に。
まぁ、きらいなカメラマンもいらっしゃるでしょう。

顔を合わせたら口々に「ガス、ガス、ガス」って騒いでます。
近所でガス漏れ事故でもあったのか?って思いますよね。



で、本題です。

昨年の冬から今年の春にかけて雪の高見山、雨の西吉野と大活躍してくれた
mont-bellのGORE-TEXとColumbiaのOMNI-TECのジャケットを洗ってみた。

ついでに全く撥水せずに役に立たなくなったFirefoxのレインカバーも。






       使ったのはこれ。
f0236776_17035781.jpg
NIKWAX(ニクワックス)の洗剤と撥水剤



本来は洗濯機で洗うらしいが・・・
そんなことをしたら我が家の奥様に大目玉を喰らいますので手洗いです。
そのほうが材料もケチることができるし。


やりかたはWebを検索したら、いっぱい出てきます。





f0236776_17035432.jpg
素手でやると手も撥水コートされます。
水玉がコロコロ、10代に戻ったようです(^_^;)








f0236776_17035052.jpg
あとは陰干しして乾いたら完了です。
さて、効果のほどは?








by rato-yamato | 2015-04-19 17:26 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 24日
風景カメラマンと修二会
長文になりますので興味が無い方はスルーしてください。






お水取り、修二会、おたいまつ・・・

いろんな呼び名で奈良の人々に親しみ馴染んでいる行事です。
正式名は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言います。





大和路の風景を撮っていた、カメラマンがひょんなことから修二会に出会いました。
もちろん奈良で生まれ育ったので修二会のことは子供の頃から知っています。
でも、それはテレビのローカルニュースで見る松明の事だけでした。


修二会に出会い、本当の意味を知ると、すぐに虜になりました。
そして、何とか写真に収めようとします。

先人たちの修二会の写真を見て興奮しました。
今では撮れなくなった写真ばかりと言っても過言ではありません。





カメラマンは時間を作っては二月堂に通いました。
もう10年近く前になります。

いや、たったの10年です。
まもなく始まる今年の修二会は1264回目です。

1264回ですよ!



さぁ、松明の炎に夢中になります。
何を差し置いても修二会は松明です。

炎は人間の原始を呼び起こします。





そして・・・

何年か経過したあるとき、ふと思うのです。



松明の始まる何時間も前から場所取りをしている自分は他人から見たらどうなんだろう。
写真を撮らない人から見ると、どんなふうに見えているのだろう。

観光客や参拝者から見ればカメラマンほどジャマな物はないでしょう。
さらには一部のマナーの悪い奴らの影響で益々、肩身が狭くなってくる。




もう、松明を撮るのはやめよう・・・
そう思うようになってきた。




2年前の3月17日のこの記事でも書きました。
最前列を確保していたカメラマンの後ろに小柄なご婦人が来られました。
そのカメラマンは3本めの松明からご婦人に最前列を譲りました。

家に帰ってから自分自身に問いかけました。
譲る必要なんか無かったのでは?
いや、あの場面では譲らなくては後ろのご婦人は何にも見えないぞ・・・。

言葉からして遠いところから来たに違いない。
ここは譲って正解だろう・・・。

自分は元気なら、あと十数回は見られるじゃないか。



そう言い聞かせて自分を納得させた。





そんなこんなで・・・今年は松明のために場所取りするのはやめよう。
そう、思うようになっていた。




そのことを、とある人に打ち明けた。



そんなことを言ってないで好きなものは撮ったらいいでしょ。
夜の7時になって家でテレビを見ていたらきっと後悔するよ。



そんな意味のことを言われた。




それもひとつの考え方やな~





まぁ、どうなるかわからないけど・・・
今年も修二会が始まります。


何回かは東大寺に行くつもりです。





とりとめのない話でごめんなさい。


もちろん文中のカメラマンはratoのことです。
















f0236776_22183579.jpg

f0236776_221736100.jpg

f0236776_22172992.jpg

f0236776_22221652.jpg


f0236776_22204835.jpg


f0236776_22162926.jpg


f0236776_22142514.jpg

f0236776_22142163.jpg

f0236776_22141050.jpg

f0236776_2214586.jpg

f0236776_22131247.jpg

f0236776_2213087.jpg

f0236776_22113127.jpg

f0236776_2211243.jpg





新しいものを否定せずに取り入れながら千二百年以上もの間に形を変えてきた修二会です。

それは日本そのものであると言える。
究極の自己犠牲でもある。

美しく正しい日本人のルーツがここにあるのではないでしょうか。

by rato-yamato | 2015-02-24 22:50 | Trackback | Comments(8)
2014年 10月 02日
天災か人災か・・・
書かないでおこうと思いましたが・・・
自分の考えをここに記しておきます。


長文ですので興味ない方は飛ばしてください。





御嶽山が噴火しました。
しかも観光シーズンまっただ中のお昼に。



地球上に住む限りは自然と付き合わなければなりません。
そして大自然の脅威には人間は為す術もありません。

いくら科学が発達しても太古の昔から変わっていないことです。
すべて、私たち人間は自然の中で生かされているのです。

たとえレベル2(火口周辺規制)に上げたところで山に登る人はゼロにはならない。
火口周辺規制がなされたら被害は無かったのでしょうか。
今よりは死者の数は減ったのは確かです。

ですから被災者の方々にはお見舞い申し上げますが、これは受け入れるしか無いのだと思うのです。

自然とはそういうものです。

原発事故はあきらかな人災ですが自然災害は・・・
生きている限り誰にでも起こる可能性があります。

だからと言って予報予知は無駄ではありません。
極力、被害を食い止めるのは大事なことです。

しかしながら、何度も言いますが大自然の脅威には人間は為す術もありません。



南海地震が明日に発生するかもしれません。
何の備えがあると言うのでしょう。

ただ、ただ・・・

街が壊れていくのを見るしか無いのです。


人間は大自然の脅威には勝てません。

だから人間は放射能(原子力)の分野には踏み込んではダメだったのです。
人間が操作できるものでは無かったのです。






あくまでも個人の意見であり、考えですので反論や異論はあって当然だと思います。

by rato-yamato | 2014-10-02 04:02 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 21日
仲間
趣味を同じにしていると知らず知らずに仲間の輪が広がります。





諸先輩方からは【写真は1人で寡黙に撮れ!】と言われています。
いい写真を撮りたいのなら人の多いところではなく1人で撮れ。

そうかもしれない。


しかし、写真展に出品するで無し・・・
フォトコンテストで入賞をねらうで無し・・・
もちろんド素人ですからお金儲けをするで無し・・・


だったら皆んなで楽しくやるのもいいんじゃない?


ときには寡黙に撮りたい時もある。
その時はその時。



困ったときには助けてくれる。
楽しいことは分かち合う。

そんな仲間は宝物です。
今まで出会った仲間は何ものにも代え難い宝物です。













f0236776_23305234.jpg

f0236776_23304998.jpg

f0236776_23304623.jpg

f0236776_23304395.jpg

f0236776_23304040.jpg


by rato-yamato | 2014-09-21 04:04 | Trackback
2014年 09月 18日
想うこと・・・
母が2回目の手術をしました。



昭和8年生まれなので今年で81歳です。
痴呆症や認知症にはならずに今まで元気に暮らしてきました。

ratoは両親からたくさんの愛情を受けて育ちました。
自分ではそう思っています。
父はとても厳しいひとでした。

家は決して裕福ではありません。
どちらかといえば貧しかった。
長屋のような借家でしたから、今の子供のようなプライバシーなんてありません。

納屋に閉じ込められてお仕置きを受けたことも何度かありました。
お隣りのオバさんの助けで納屋から出してもらったこともあります。



もう、ええかげんに出してやんなはれ~


昭和の時代の近所付き合いは親戚よりも濃いものでした。
今となっては遠い昔です。




いろんなことを思い出します。


















長谷寺
f0236776_2303769.jpg

f0236776_22523791.jpg












薬師寺東塔
f0236776_22515693.jpg

















井寺池
今までで一番の焼けでした。
f0236776_2246888.jpg





















大仏殿ライトアップ
今はこの位置からのライトはありません。
f0236776_22442127.jpg






















無くなってしまった?
名張川の彼岸花群生
f0236776_22414653.jpg


























ハスが咲いていた頃の円成寺
f0236776_22403885.jpg








昔の写真を整理していました。

今年は彼岸花が早いですね。
次の休みまで持ってくれるかな~

by rato-yamato | 2014-09-18 23:10 | Trackback
2014年 02月 23日
マスコミは怖い!
2回目の投稿・・・つぶやかせてください。


先日の森喜朗(東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)の発言が波紋を呼んでいます。
私もニュースで一報を聞いた時に、「またか~」と思いましたね。

神の国発言、選挙で無党派層は寝ていろ発言・・・

あぁ、日本の政治家はこの程度なんだな~と落胆していました。
しかし、あるサイトで発言の全文を読みました。
報道とは逆に彼女をフォローする内容であるようにも見受けられます。
まぁ、全文を読んでも配慮を欠いた発言であることに違いはないのですが・・・

今回の報道は、すごくねじ曲げられて伝えられていると感じた。
そこに記者の意図的な切り取りを感じずにはいられません。

そして、その意図的に切り取った報道を私たちは見聞きして、信じて、判断せざるを得ないわけです。
新聞や週刊誌の記事を信じないわけではありませんが、鵜呑みにしないほうがいいという事です。





森喜朗氏に関しては、それ以前の問題であるように思えますけどね。
あんな人が元総理であることが情けない。

ほんまに・・・







それと高梨沙羅ちゃん。
あえて『ちゃん』と言います。

17歳です。
高校生です。


競技のあとのインタビューで。
「たくさんの方々に応援していただけたのに、ベストを尽くせず、結果を残すことができなかったので、今は申し訳ない気持ちでいっぱい」

こんなに追い詰めてしまったマスコミ。
彼女の真面目な性格が影響していないとは言えないが・・・
あまりにも彼女が可哀想です。

17歳にこんな発言をさせるなんて。







たくさんの感動をもらった今回のオリンピックだっただけに
この2つの件だけが心に引っかかっています。










          2006年行者還林道
f0236776_19202344.jpg












          2006年大台ケ原大蛇グラ
f0236776_19201295.jpg
















          2006年談山神社
f0236776_19203348.jpg






やっとHDDの整理が終りました。
なつかしくて恥ずかしい・・・以前の写真を見返していました。

by rato-yamato | 2014-02-23 19:25 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 19日
気になること・・・ (2)
今回は『つぶやき』ですので興味ない方はスルーしてください。






インターネットは匿名性が高い場所です。
誰でも自由気ままに書き込める場所が多くあります。

それをいいことにして他人を誹謗中傷する事例も多くあるでしょう。
一番嫌いです。

私は日頃から他人の欠点や弱点を揶揄することが嫌いです。
面白がってやることではありません。

また、他人の意見を頭から否定することも良しとしません。
優柔不断なのかもしれませんね。

職場などの団体生活などでは少なからず上下関係ができます。
それは人間としての上下ではなく立場としての上下です。
一個人としての価値は同じはずです。

社長と平社員・・・いや、首相であっても同じです。




誰に言いたいかは想像にお任せします。
皆さんの知るところではありませんが・・・
私が毎日、顔を合わせるある人に言いたい。

自分が偉いのではない。
自分をレールに乗せてくれた人に感謝しろ。

謙虚になれ。













f0236776_6395972.jpg

f0236776_6395611.jpg

f0236776_6395485.jpg

f0236776_639502.jpg

f0236776_6394721.jpg

f0236776_6394486.jpg


by rato-yamato | 2014-02-19 05:45 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 08日
気になること・・・
撮影に出ていないので写真がありません。






ちょっと気になることを書いてみます。



1) NHKのこと

私のまわりでも受信料を払っていない人がいます。
自慢気に、声高に言います。
『そんなもん払えるか~』

いちおう放送法によって受信機を設置した場合は契約して受信料を支払うことが明記されています。
しかし罰則がありません。
だから無視し続けて契約さえしなかったら払わずに済みます。
契約したのに払わなかったら裁判で負けます。

デジタルになってデータ放送やら双方向送受信できるシステムがあるのだから
NHKは未払いの受信機を特定してスクランブルをかけたらいいと思うのだが・・・

無理なのだろう。


また、NHKを国営放送という人がいますが違います。
政府からも企業からも影響を受けない公共放送なのです。

だから、堂々と政治の批判や企業の批判をすればいいのです。








2) 写真のこと

デジタルカメラを使っていると自分の好みや、そのシーンに合うような仕上がりを求めて加工します。
それはホワイトバランスだったりコントラストだったり彩度だったりします。

極端な話ですが・・・
JPEGの撮って出しの写真でも各カメラメーカーの味付けがなされていて
それを加工だという人もいます。
例えば、鮮やか設定とか夕焼けモード?とか・・・

フイルム時代の紙焼きの『覆い焼き』や『焼きこみ』などはフォトショップでもそのまま使われています。
デジタルは加工できてフィルムはできないと思っている人が多いですが、それも正解ではありません。

オーディオの世界と似ています。

まったくの原音再生がいい音かといえば違うかもしれない。
各メーカーの味付けがなされて好みがあって、すきな音ができていく。
その好みも人それぞれ。

音源である一枚の円盤(昔はレコード、今はCD)から好みの音を引き出す。
ある人にはいい音でもある人には雑音かもしれない。

写真も同じ。
好みの問題。

フォトコンってなんだ?
いい写真ってなんだ?
プロの写真家は先生なのか?
そんなに偉いのか?









3) スマートフォンのこと


何でもできる、は何もできないのと同じ。



スマートフォンの機能の進化がとどまるところを知らない。
先月のことです。
8年間の酷使に耐えたFOMA携帯が調子が悪くて、壊れる前に機種変更した。
世間の波に負けてスマートフォンデビューです。   

通話やメールはもちろんですが機能はテンコ盛り。
多機能すぎて使いこなせない。
必要な機能を呼び出すのに手間が掛かり過ぎる。

結局は、そんな機能は使わないままになる。

例えばカメラ機能
いくら頑張ってもカメラ専用機には敵わない。
動画機能だってビデオカメラには敵わない。
ナビだってナビ専用機には到底、敵わない。


私の場合で言えば・・・

Bluetoothでカーオーディオと連携できる
ハンズフリー通話
スマホ内部の音楽データをカーオーディオで再生

更にWi-Fiでデジタルカメラを操作できる。



もう一度言います。

何でもできる、は何にもできないのと同じ。



うん?
単に私が使いこなせないだけか?
みんなは使いこなしているのか?









f0236776_21503625.jpg

f0236776_21503431.jpg

f0236776_21503274.jpg

f0236776_21502914.jpg


by rato-yamato | 2014-02-08 21:52 | Trackback | Comments(2)