<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年 11月 13日
忍辱山(にんにくせん)円成寺は晩秋です。
たぶん、奈良市で一番の早い紅葉です。
以前の仕事では毎週、決まって前の道路を通っていました。

もう25年ぐらい前になります。



その頃は境内の池には蓮の花が一面に咲いていた。
ところが10年ほど前でしょうか?
蓮は一気になくなってしまいました。

理由は知りません・・・





f0236776_21520466.jpg
f0236776_21520742.jpg
f0236776_21520010.jpg
f0236776_21515652.jpg
f0236776_21575835.jpg
f0236776_21515206.jpg


by rato-yamato | 2018-11-13 21:59 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 11日
壺阪寺 お里沢市の夫婦愛
明治に作られた浄瑠璃(壺坂霊験記)で有名になった話です。

「妻は夫をいたわりつ、夫は妻に慕いつつ~」で知っている人も多いかな?
さて、実話なのかどうなのか?は別にして現代では見られなくなった夫婦愛を描いています。


桜や楓の紅葉がきれいなお寺さんですね。







f0236776_20301604.jpg
f0236776_20301396.jpg
f0236776_20301080.jpg
ヤマブキが紅葉してきました。












f0236776_20300787.jpg
f0236776_20300445.jpg
f0236776_20300188.jpg
f0236776_20295960.jpg




この日はオリンパス TG-5という防水カメラで撮りました。
フルサイズ一眼レフのような描写はもちろん望めませんがメモ代わりには重宝しています。

それに登山や沢登りにはタフネスさゆえにもってこいのカメラかな?


by rato-yamato | 2018-11-11 20:46 | Trackback | Comments(7)
2018年 11月 09日
弥山川の秋は美しく
登山口の熊渡(くまわたし)から釜滝まで約一時間の散歩コースです。
川沿いなので急登はありませんが水の多いときは渡渉で苦労するかな?










釜滝はこんな滝です。
この上流に関電の取水口があり発電所に送られますので水量は少ないです。
f0236776_22065440.jpg
f0236776_22065123.jpg
f0236776_22064776.jpg
やっぱり撮ってしまう「落ち葉のグルグル」










さぁ、帰路のどこで朝日に出会うでしょうか?
f0236776_22064427.jpg
f0236776_22064029.jpg

コケがきれいですね。











ここには林業が盛んだった頃に飯場があったんでしょうね。
一升瓶の残骸がゴロゴロしてた(笑)

どんだけ酒呑みやねん。
f0236776_22063789.jpg
f0236776_22063480.jpg
朝日が稜線を越えてやってきました。










もう、先にも後にも動けません(笑)
f0236776_22062787.jpg
f0236776_22062455.jpg
f0236776_22060104.jpg
f0236776_22061057.jpg
往路では気づかなかった赤や黄が輝きます。






弥山川の秋は感動的でした。
この日、ここにいられたことを感謝して駐車地に戻りました。

午後からの所用に間に合うように帰路につきます。

ke-nさん、今日もありがとうございました。m(__)m




by rato-yamato | 2018-11-09 22:21 | Trackback | Comments(1)
2018年 11月 08日
弥山川の秋は美しく
カメラマンや紅葉狩りの観光客で賑わうR309から一歩だけ山に入ると・・・

そこは貸し切りの世界が広がる。
ほんの少し歩くだけなのに静かな自分だけの世界に出会える。






f0236776_21313354.jpg
f0236776_21313653.jpg
f0236776_21312964.jpg
f0236776_21312563.jpg
f0236776_21312221.jpg
f0236776_21311930.jpg
f0236776_21311531.jpg
f0236776_21311220.jpg
f0236776_21310887.jpg
f0236776_21310082.jpg
f0236776_21305672.jpg




このところ天川村詣でが続いている。
四季を通じて素晴らしいところです。

可能なら余生はこんな静かな場所で過ごしたい。
しかし、年老いて過疎の村に住むのは不便も多い。


弥山川の紅葉は素晴らしかった。

もう少し上流まで歩きましょう。


by rato-yamato | 2018-11-08 21:53 | Trackback | Comments(3)
2018年 11月 07日
天川村 小坪谷からナメゴ谷へ
大峰へのアプローチは複数あります。

小坪谷から天川辻に出るルートは未踏です。
紅葉が散って霧氷の季節になったら行ってみたい。

その入口の紅葉が見事でした。






f0236776_22260279.jpg
f0236776_22254461.jpg
f0236776_22253417.jpg
f0236776_22252768.jpg














そして一躍、全国区になってしまったナメゴ谷へ。
有名になるのはいいことです。

全国の皆さんに奈良のいいところを知ってもらえたらうれしい。
でも、それによって弊害もあるかもしれません。

よくボヤいている人がいますよね。

自分も有名地に行ってるのに人が多いとボヤく人。
自分以外はジャマモノなんですかね~
多い人のうちのひとりが自分だと気づかないんですね・・・

可愛そうな人です。





f0236776_22242559.jpg
f0236776_22242242.jpg
f0236776_22241513.jpg





今日は、またまた天川村に行きました。
弥山川を少しだけ歩いてきましたよ。

紅葉はすごくきれいで撮影していると前にも後ろにも進みません(笑)

また見に来てくださいね(^^)




by rato-yamato | 2018-11-07 16:16 | Trackback | Comments(1)
2018年 11月 05日
天川村 神童子谷の秋
まさか山の秋が深まった11月に冷たい沢の水に浸かるとは思いもよらなかった。

撮影会の下見でke-nさんと早朝の天川村に入りました。
御手洗渓谷は暗いうちに通過です。

もっと冷え込んだら紅葉と霧氷のコラボ・・・なんて考えていました。
でもこの日は少しだけ冷え込みが足りません。




とりあえず布引谷まで川迫川を上がってみたけど思わしい景色には出会えません。
いや、紅葉はすごくきれいでしたよ。


そこでke-nさんが神童子谷で落ち葉のグルグルを撮りましょうと提案。
OKですよ、行きましょう。





一路、神童子へ向かうも先般の台風で土砂崩れがあり、入渓ポイント手前で車を停めた。




そこで少しだけ紅葉撮影開始です。
f0236776_19261330.jpg
f0236776_19261051.jpg
f0236776_19260759.jpg








さぁ、水に浸からずに撮影ポイントまで行けるかな?
f0236776_19260453.jpg
f0236776_19260119.jpg













「へっついさん」に到着です。
びっくりしました。

夏の遡行では腰を越えるところまで水に浸かって通過したのに歩いて渡れます。
f0236776_19255813.jpg
f0236776_19255561.jpg
f0236776_19255298.jpg












これは8月です。
f0236776_19351551.jpg
f0236776_19321759.jpg











難なく「へっついさん」を通過した2人は赤鍋滝へ・・・
f0236776_19375526.jpg
f0236776_19374140.jpg
f0236776_19372806.jpg
f0236776_19254995.jpg
朝日が差し込むと濡れた岩肌がオレンジに染まります。
















ここで引き返すことにしましょう。
だって沢に入る想定をしていなかったので重い三脚を手持ちで歩いていましたし登山靴は浸水してグチョグチョやし(笑) 

後編に続きます・・・







by rato-yamato | 2018-11-05 20:36 | Trackback | Comments(3)
2018年 11月 01日
アメドマリ滝はリベンジしましょう(゜_゜)
山の秋が深まったこの時期に沢登りとは・・・

お誘いを受けた時に思いました。




rato・・・「水に浸かりますか?」
ke-nさん・・・「濡れずに行くのは無理です」
rato・・・「冷たそうや」
ke-nさん・・・「それぐらいは我慢」
rato・・・「泳ぎませんよね?」
ke-nさん・・・「この時期は泳げません」



ということで行ってきました(笑)











駐車地から舟ノ川を遡行です。
f0236776_21104719.jpg
f0236776_21105525.jpg














まだ足は浸かっていません(笑)
エメラルドグリーン( ゚д゚ )
f0236776_21110082.jpg
f0236776_21110310.jpg


















足が浸かっても思ったより冷たくありませんでした。
瞬間は「ひえ~っ!」て思ったけど、なぜかポカポカしてきますよ。
f0236776_21110662.jpg
f0236776_21111034.jpg
f0236776_21111821.jpg
ルート確認は慎重にね。










この淵の名前は忘れました。
両岸は切り立っていますので越えることができません。
f0236776_21112296.jpg









防水コンデジで撮影
f0236776_21112531.jpg
f0236776_21112956.jpg
透明度は半端ないです。











右岸でも左岸でも巻けるようです。
道なき道、踏み跡不明瞭。
下りは慎重にね。
沢靴では踏ん張りがきかない・・・
f0236776_21113240.jpg
















アメドマリ滝です。
f0236776_21115384.jpg
f0236776_21115751.jpg
もっと滝壺まで近づいて撮れば良かったかな?
紅葉はきれいでした。
コントラストが強すぎましたけど・・・





f0236776_21435106.jpg
f0236776_21443747.jpg





モグモグしてる?
rato君です(笑)

f0236776_21140726.jpg








さぁ、時間切れです。
戻りましょう。

f0236776_21122417.jpg
f0236776_21122749.jpg
途中で見つけました。
DATSUNトラック1200かな?
コラムシフトが時代を感じさせます。
どこから来た?
いつからここにいる?












陽が傾いてきましたよ。
f0236776_21123200.jpg
f0236776_21124023.jpg
f0236776_21124596.jpg



無事に駐車地に戻りました。


ke-nさん、narakumaさん、ichikawaさん
お世話になりました。
楽しかったです(^^)



by rato-yamato | 2018-11-01 21:54 | Trackback | Comments(3)