2018年 09月 30日
伯母谷覗でテント泊
フォトクラブ大峰の会長、ke-nさん、ichikawaさん、そしてrato。
4人で伯母谷覗に向かいました。

海の日、以来のテント泊です。


今回は会長様のムーンライトテント4人用に下宿することにしました(笑)
そのかわり荷物は分担します。


なんと言っても撮影も大事ですが夕食の宴会も大事かな?
まぁ、ratoは全くアルコールがダメなのでウーロン茶で盛り上がります。







洞川からの最短距離ルートが整備されるまではここから山上ヶ岳にお参りするのが一般的だったらしい。
昔は賑わったのでしょう。

さぁ、くっそ重いザックを担ぎ上げたら出発です。

f0236776_18280154.jpg
川上村上谷(こうだに)の集落から尾根に出るまで30分の急登に心臓はバクバク・・・
汗は滝のように流れる。
帽子のツバをつたって汗が流れる。







柏木道と合流すると尾根です。
ここからも延々と登りなのですが今までの急登に比べると平坦路のようです(^^)

f0236776_18290466.jpg
f0236776_18290801.jpg
この案内板が見やすくて助かりました。




f0236776_18333681.jpg

f0236776_18335422.jpg

杉や桧の植林で眺望はありません。
よく手入れされた植林です。
尾根まで作業用のモノレールが設置されていました。












こんな急登もたまには出てきますよ。
f0236776_18352396.jpg
f0236776_18360782.jpg
もう少し、頑張れ!・・・ザックの重さは到着したときの喜びに比例するか?










2時間ほど尾根を登ると水の音が聞こえてきます。
f0236776_18373172.jpg
生き返った気分です。
テント場はすぐです。







f0236776_18390336.jpg
f0236776_18390602.jpg
f0236776_18390909.jpg
今日の寝床が完成です。








ichikawaさんは軽量の2人用テント
高そうなや~
f0236776_18395126.jpg






荷物をデポして伯母谷覗へ向かいます。
目前にドーンと大普賢岳(゜_゜)

やっぱりカッコいいね~
左下に和佐又山とヒュッテが見えます。
この下の谷は冬には凍結してシェイクスピア氷柱群として賑わいますよ。

f0236776_18412828.jpg
f0236776_18441246.jpg
ビビるよ~(笑)






f0236776_18531836.jpg
f0236776_18530983.jpg



夕景は残念でした・・・

お腹がペコペコなのでテントに戻って食事の用意です。
会長とke-nさんが調達していただいたメニューは・・・
f0236776_18520201.jpg
f0236776_18520889.jpg
なかなかの美味でした(^^)/




たらふく食って飲んで満足したら明日に備えて寝ましょう。
おやすみ~って言ったら1秒後にke-nさんはイビキをかいてた(笑)


たぶん、続きます・・・




by rato-yamato | 2018-09-30 18:57 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/30078408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てつまん at 2018-10-01 06:38 x
いや~、ビックリ!
すごいところへ登ってるんやねぇ。
そらぁ、ご飯もおいしいはずや。
でも、くれぐれも気をつけてね (^ ^
Commented by rato-yamato at 2018-10-01 14:45
> てつまんさん
ありがとうございます。
私の行ける山はメジャーで安全な山ばかりです。
でも山に絶対安全はありませんので十分な装備で行ってます。

幸いにも優秀な先輩方がたくさんいらっしゃるので(^^)
Commented by ke-n at 2018-10-05 15:56 x
ratoさん、こんにちは。

ザックの重さをまだ体が覚えているうちに、
明日から旅に出てきます。

この撮影会も、水曜の弥山源流もありがとうございました。
今度はこの伯母谷覗きで霧氷が見たいものですね。
大普賢のモルゲンも綺麗でしょう。
想像の世界だけは果てしなく、行きたいところばかりが増えます。

「おやすみ」と言ったら、僕は気絶するんです(笑。
Commented by rato-yamato at 2018-10-05 18:11
> ke-nさん

水曜日はたいへんお世話になりました。
お陰様で素晴らしい山行きになりましたよ。

遠征は私にはもう少しの間はお預けです。
ke-nさん写真で行った気にさせていただきますね。

ここで冬の朝を迎えられたらどんなに素晴らしいでしょう。
そんなことを想像するだけで夜も寝られません(笑)
やはりカメラマンとして、いや山岳写真家の端くれとして次の冬には実現したいです!

気絶できるのがうらやましいです(笑)



<< 伯母谷覗でテント泊 2日目      彼岸花とホテイアオイ >>