2018年 07月 19日
海の日 釈迦ヶ岳テント泊 (2)
分厚い積乱雲に阻まれた夕日に落胆している暇もなく、すぐに真っ暗になると星が輝く。


この日は新月が夕日に少し遅れて西に沈む。
星の撮影にはもってこいです。

たぶん日出ヶ岳あたりはカメラマンの行列なんだろうな~
ここは二人っきりです。

あ、もしかしたら行者さんの霊魂かな?
ホタルのような光が足元に光りましたよ。
何度も見直したのですが間違いなく光りました。

ratoに会いに来てくれたのかな~

















一番星は金星かな?
新月には地球照も出ています。

f0236776_19260615.jpg
f0236776_19261061.jpg











そして宇宙の壮大なドラマが待っています。
夏の天の川はいいですね~

f0236776_19261353.jpg
f0236776_19261648.jpg









撮影に没頭して時間を忘れてしまいました。
ヘッドライトを点灯させると霧が流れているのが見えます。

雲の切れ間から星が輝くのを持ち、撮影しては待ち・・・
いくら時間があっても足りません。

テントに帰って上を見上げたら満天の星でした。

おやすみなさい・・・
f0236776_19262089.jpg












翌朝です。
3時半起床で山頂へ向かいます。
15分ほどの急登です。
f0236776_19263672.jpg
f0236776_19263947.jpg
f0236776_19264208.jpg
f0236776_19264633.jpg
f0236776_19264948.jpg
f0236776_19265985.jpg
f0236776_19271488.jpg











自分の立っている釈迦ヶ岳の影が西に伸びます。
f0236776_19271754.jpg
f0236776_19272070.jpg
雲海が朝日に染まるような感動はありませんでした。
でも、この時間にここにいるものしか味わえないめくるめく景色はいいものです。

これぞテント泊の醍醐味ですよね。












(以下 スマホです)
f0236776_19273280.jpg
f0236776_19273640.jpg
f0236776_19273970.jpg



この日も相棒はOSPREY Atmos AG 65リットルです。

テント泊はそんなに頻繁にできませんけど。
今のところは頼りになるやつです。


by rato-yamato | 2018-07-19 19:51 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/29942639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たかこ姫 at 2018-07-20 06:10 x
〜お釈迦さまより〜

私は大正から約100年近くここに立ち、
四季折々の風景、そして登山者を見つめてきました。
厳しい真っ白な雪原の後の萌黄色♪
(顔に積み重なる雪を我慢した甲斐がありました)
昼間、虫が顔の周りをうるさく飛び回り始めると、
このように月と星が織りなす宇宙の神秘☆

さらに季節は移り、一面燃えるような錦秋♪
喜んだのも束の間!
駆け足でやって来た、顔に突き刺さる初冬の厳しい突風。

身長188㎝・体重120kgの私が*強力・岡田氏*によってここに建立され「命」を頂いてからは、ずっと訪れる方々を*全身全霊*で見守ってきました。

今夜もratoさんが、友人とまた来てくれました♪
いつものように、上手に撮って下さいましね。
そして私の姿を見て、
お一人でも多くホッ♡とできる方々に届けて下さると、私も幸せ・・・・

そんな思いで、今日もこの山から見詰めております。   合掌 (^人^)
Commented by rato-yamato at 2018-07-20 18:40
> たかこ姫さん
お釈迦様の代筆ありがとうございます。^^;

ここに来ると何だか懐かしい感じがします。
初めて来たのは登山を本格的に初めた、ほんの2年前ですが
もう何年も前から来ていたような錯覚に陥りますね。
それ以来は冬の霧氷や秋の紅葉、初夏のシロヤシオ・・・更には真夏の天の川まで。
ほんとにお世話になっています。

もしかしたら今も山頂から見つめられているのかもしれませんね。
Commented by umi_bari at 2018-07-23 20:51
雄大な景色、良いですね、天体写真も素晴らしい
ですね、お見事バグースです。
赤道儀をお使いなんですか。
Commented by rato-yamato at 2018-07-24 21:17
> umi_bariさん
赤道儀は使いません。
なぜなら周囲の風景が動いてしまうからです。
あくまでも風景写真として撮っていますよ。


<< 舟ノ川 地獄谷へ      海の日 釈迦ヶ岳テント泊 (1) >>