2017年 12月 24日
四季大和路 2017 今年もありがとう!




下半期の山行き(プチ登山は除く)



7月2日・・・・・・・・弥山・八経ヶ岳
7月9日・・・・・・・・西大台
7月16日、17日・・・・釈迦ヶ岳(人生初のソロ・テント泊でした)
7月30日・・・・・・・山上ヶ岳
8月13日、14日・・・・釈迦ヶ岳(自身の誕生日のお祝いにテント泊・笑)
9月10日・・・・・・・三峰山(すこぶる体調悪し)
9月23日、24日・・・・行者還岳(行者小屋泊)
10月1日・・・・・・・大普賢岳(周回路)
10月8日、9日・・・・弥山・八経ヶ岳(テント泊)
11月3日・・・・・・・赤ゾレ山・伊勢辻山
11月19日・・・・・・釈迦ヶ岳
12月6日・・・・・・・明神平
12月10日・・・・・・弥山(理源さんまで)
12月17日・・・・・・中ノ滝・琵琶の滝
12月20日・・・・・・釈迦ヶ岳
















あまり作品らしい写真は撮れなかったな~
里の撮影からも遠ざかったし。

f0236776_20304106.jpg







今年の大嫌いな夏は思ったより短くあっけなかったように感じた。
喉元過ぎれば・・・暑さ忘れる?



-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ちょっと早いけど2017年の更新は終了です。
このブログも2616回目で一時終了です。



年が明けると以前のブログから10年になります。
そろそろ、このブログも役目を終えたかな~

そんな気持ちになっています。

大和路を撮るカメラマンはたくさんいらっしゃいます。
大和路の写真ブログも掃いて捨てるほどあります。

ratoの大和路と銘打っているのに山岳写真ブログになってしまいました。
大和路の情報を更新できずに申し訳なく思っています。
(アクセスは半減しました 笑)
それでもratoは山に登ります。

里ではカメラマンの醜態をたくさん見てきました。
露骨な場所取りや罵声の浴びせ合い。

ホタルの撮影ではホタルを見るために来た人に対してジャマモノ扱いし、足元を照らす懐中電灯を消せと怒鳴る。
飛鳥川飛び石でのことです。
心当たりのあるカメラマン・・・いらっしゃいませんか?
(家内の体験談です)

有名撮影地に行って人が多くて撮れないとボヤく、もうここへは来ないだろうとブログに堂々と書く。
あんたも、そのうちの一人であることを忘れてるよ(笑)

いつも自分のサイトで正義ぶってるカメラマン。
他人の敷地のふきのとうを根こそぎ盗んで帰った。
本性が見えたね〜

車椅子で桜を愛でている。
そんな人に『どけろ!』と平気で言うカメラマン。


ほんとにカメラマンはゴミです。



どうぞカメラマンはもっと謙虚になってください。
カメラや三脚は持っていても何の許可証にもなりません。
ましてや公共の場所が自分の所有地になるわけがありません。


最後にいつもいつも暖かいコメントやたくさんのイイネをありがとうございました。

また戻ってくるかもしれません。
そのときはどうぞよろしくお願いします。



by rato-yamato | 2017-12-24 06:06 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/28954196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asuka-ji at 2017-12-26 11:25
いやいやその通りです。
誰の場所でもない、写真を撮る場所でも無い、
皆がその風景を愛でる場所です。
カメラマンというより、人として恥ずかしくない
生き様でいたいですよね。
Commented by rato-yamato at 2017-12-26 20:37
> asuka-jiさん
人として恥ずかしくない・・・はい、その通りだと思っています。
でも現実は違うんですよね。
いつもジレンマに陥ってしまいます。
だから山に登るのかもしれません。


<< お知らせ&ご挨拶      お釈迦様と霧氷と青い空 (3) >>