2015年 03月 01日
平成27年(2015年)修二会     お松明は祈る
私たち一般人は修二会の本行のすべてを見ることはできません。
しかし、近年では記録映画などでその特徴的な行を知ることができる。


何といっても五体投地と達陀の行法が印象深い。



特に達陀の行法は特異な被り物で国宝の堂内で大きな松明を振り回す。
「火天」が火の粉を散らし「水天」が水を撒いて消すという。
そして床に叩きつけるように倒し、堂内は火の粉で覆われる。
何とも不思議な行法です。
















f0236776_22584430.jpg

f0236776_22583972.jpg

f0236776_22583556.jpg

f0236776_22583085.jpg





一年ぶりの松明はやっぱり素晴らしい。
場所取りに疲れたratoは、どこでもいいから見られるとこから撮ろうと思った。

by rato-yamato | 2015-03-01 23:03 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/23732365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mmpphoto at 2015-03-01 23:56
今晩は。
いよいよ始まりましたね~
やはり松明を見ると気分が高まります!
今回は階段下からやったんですね。
規制が厳しくなっているようですが、明日覗いて見ます。
又ここでお会い出来るのを楽しみにしてます!
Commented by sink_jpn at 2015-03-02 07:00
おはようございます
素晴らしいです、一度は撮ってみたいシーンです
Commented by susatan at 2015-03-02 08:58
おはようございます♪
今までに いろいろなシーンを撮り たくさんの松明を撮り
いろんなことを考えて ふっと肩の力が抜けたとき
こんな素敵な松明を撮影できるのでしょうね。

作品を拝見して そう思いました^ ^
とっても素敵です らとさん!!
Commented by toshi at 2015-03-02 12:19 x
お疲れ様でした。

なかなか知り尽くさないと撮れないいシーンです。

私の松明のシーンはブレブレで使い物になりません。
であれば、次回は積極的にブラせば・・・
これはカメラのせいではなく腕やと確信しました。
Commented by ボン村上 at 2015-03-02 12:34 x
下で撮ってたんですね。
私は上で(^_^;)
もうしんどかった、、、
Commented by miyakokoto at 2015-03-02 19:07
今年も居ながらにして魅せて頂き有難うございます。
ご利益有るかしら・・・
皆さん一生懸命にお参りして居ますから行かないとネ
でも人が多くて寒くて夜は矢張りお年寄りは無理ですネ
色々の事をここで知ることが出来嬉しく思って居ます。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:02
masaさん
はい、気分は急上昇です。
直前までどうしようかな~って思っていましたが
あの雰囲気を目の当たりにするとダメですね。
本能的にシャッターを切ってしまいます。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:03
sink_jpnさん
ありがとうございます。
ぜひ、挑戦なさってください。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:05
再び、すさたんさん
なんと言いましょうか・・・
肩の力は抜けてもカメラとレンズの重さに腕がプルプル震えました。

何とか状況に合わせて写真にすることだけを考えておりましたです、はい。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:07
toshiさん
逆にブレを楽しむのもいいですね。
私はどちらかというと元来はブレブレ写真が好きでした。
ただ、この日は飛ばさないようにだけ考えていました。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:08
ボン村上さん
あれ?
下に降りる前に堂内を一通り巡回したんですけどね~
気がつかなかったです。
残念でしたね。
Commented by rato-yamato at 2015-03-02 21:11
miyakokotoさん
ratoが代わりに松明の火の粉を被りますから・・・
今年の無病息災を祈っていてくださいね。
(^_^;)
Commented by ボン村上 at 2015-03-02 21:56 x
こちらこそ失礼致しました。
雨が激しかったので、結局舞台に逃げ込んでしまいました(^^;)
行ったのは16時を回っていたので、良い場所は残っていませんでした。
やはり場所取りはつらいですね(^^;)
Commented by rato-yamato at 2015-03-03 05:08
ボン村上さん
作品、拝見しました!
いい場所が残っていないと言われますが・・
いい写真じゃありませんか!
すごいですわ〜
Commented by shinrajuku at 2015-03-03 09:37
う~ん、やられたぁって感じです^^
三脚使用が駐車場に限られてからは、
舞台下からのきれいなお松明写真を見ることが少なくなってましたから、
今年高感度を使えるようになったので狙っていたのですが
先を越されてしまいました~(笑)

しかしながらさすがのratoさんです。
こんなきれいな舞台下からのお松明写真久々に見ました。
心底こんなお松明を撮ってみたいと思いました。
修二会に対する接し方が変わられたratoさんの
気持ちが表現されたすばらしい作品だと思います。
Commented by rato-yamato at 2015-03-03 21:56
森羅塾さん
高感度が使えるようになると今まで撮れなかったものが撮れるようになりますね。
これは私の腕ではなく機材のおかげです。

え~っとね、腕がプルプル震えてきてね。
筋肉痛です・・・
5Dと70-200をダンベル代わりに筋トレしますわ~。
Commented by runa_yuzu_love at 2015-03-04 09:34
こんにちは〜
さすが!1000年以上脈々と受け継がれてきた伝統行事!
なんとも言えぬ迫力さに圧倒されますね
これを間近で見れたらな~
来年は自分の目で、、みたいものです

↑龍が舞うごとくで素晴らしいです。
Commented by rato-yamato at 2015-03-04 21:08
るなりんさん
そうですね。
連綿と受け継がれてきた伝統をヒシヒシと感じます。
間近でこの目で見るほうが何倍も感動なさると思います。

炎は人間の・・・動物のDNAを揺さぶりますね。


<< 東大寺修二会     神仏習合      平成27年(2015年)修二会... >>