2014年 02月 10日
粉雪と霧氷の神野山
日曜日は冷たい朝でした。

前日の雪は昼間にシャーベットになり、夜の間に新設が積もったようです。
スタッドレスタイヤは新雪を掴むと下の凍った雪がバリバリと音をたてて坂を登る。

細かく乾いた雪が降って空は灰色・・・
神野山の茶畑は静まりかえる。
当然のことだが誰もいない。
誰とも会わない。

久しぶりにひとりっきり。
これもまた楽し。















      神野寺にて
f0236776_21465422.jpg

f0236776_2146584.jpg

f0236776_21465072.jpg

f0236776_2146553.jpg

f0236776_21464637.jpg

f0236776_21464362.jpg

f0236776_21464013.jpg

f0236776_21463851.jpg

f0236776_21463529.jpg





あろうことか手袋が片一方しかない。
リモコンレリーズもサードパーティ製の接触の悪いのしかない。

慌てて車を乗り換えると、ろくな事がない。

そんなことは前日の夜にやっておけよ~と言われそうですが。
前夜は仕事から疲れて帰ってきたので、何にもせずに爆睡でした。

by rato-yamato | 2014-02-10 21:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/21405172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 凍てつく茶畑      残り柿を探して・・・ >>