2012年 02月 23日
やまのべの夕日
予約投稿です。

お気に入りの崇神天皇陵から。
1月の龍王ケ淵以来、畑の住人さんとお会いした。
情報交換とニコンの新機種のお話などをしながら時間を過ごす。

間もなく、ここから見ると二上山の鞍部に日没する頃か。
そんなことを思いながら夕焼けを待った。

しかしながら、少しだけ早かったようだ。
雌岳の南側に夕日は落ちた。
一点の雲も無く、ただ赤い夕陽が沈むだけだった。

畑の住人さんは場所を代えます、と移動してしまわれた。









太陽を直接画角に入れると盛大にゴーストが発生する。
どうしようもない・・・
f0236776_1993885.jpg

f0236776_1993515.jpg

f0236776_1993414.jpg

f0236776_1993280.jpg



柿の木の枝ぶりが、もう少しシンプルなら良かったけど・・・。
街灯りが輝き出すまで焼けは続いた。

by rato-yamato | 2012-02-23 07:00 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/17227720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y213 at 2012-02-23 13:25 x
こんにちは。
うっとりする美しい風景ですね。
まだ昼過ぎですが、一日が終わるという気分になりました。
もう、仕事を止めて帰ろうかな(笑)
Commented by rato-yamato at 2012-02-23 22:43
y213さん
職場閲覧できる環境が羨ましいです・・・(^^ゞ
もう、帰っちゃってください。

日本人は働き過ぎです!


<< 春と秋      紅梅 >>