2012年 01月 29日
薄化粧の宇陀路
寒い日曜日でした。
小雪が舞い、季節風が吹き、つい背中は丸くなる。

室生のとある信号待ちで見覚えのある車を見かけた。
リンク先の「とらさん」だった。
少しだけお話しして別れた。

明日香へ戻ると、これまた見覚えのあるスーパーカブと遭遇した。
ヘルメット越しでもひと目で、そうとわかる「伝説の人」 和尚さんだった。
うだうだと長話を日没まで延々と。

何も撮るものがない時は井戸端会議状態。
これもまた楽し。







f0236776_18443233.jpg






てつまんさんの専売特許を盗んでみました(^^)v
f0236776_18442910.jpg








写遊さんを後ろから盗み撮り。
f0236776_18442749.jpg

f0236776_18442454.jpg

f0236776_18442247.jpg

f0236776_18441951.jpg

f0236776_1844151.jpg












山焼きの写真はよく見るけど、実際に現場ではどのように撮っているのか?
現場の様子を知りたい方は・・・いないか~。

でも、こんな感じです。




こんな隊列が3箇所ほど出来ます。
f0236776_18554043.jpg






その様子を激写するgoriさんを後ろから激写する私・・・。
f0236776_1855371.jpg


f0236776_18553541.jpg





花火が上がる前に西の空に三日月が輝きだした。
f0236776_1855303.jpg



とっても寒い宵でした。

by rato-yamato | 2012-01-29 18:47 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/17132556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ichimatsu555 at 2012-01-30 22:41
日曜日、宇陀市の辺りは雪降っていたんですね。
のどかな風景は雪が似合いますわ〜(^^)
ちなみにこのレベルやとスタッドレス必要なんでしょうか?
不要だったとしてもビビってよう行きませんが(^^;;

山焼きの撮影現場の様子は知りたかったです。
もっと人で埋まってると勝手に想像していました(^^;;
Commented by rato-yamato at 2012-01-31 21:41
ichimatsu555さん
山間部は日陰に雪が残っています。
出来る限りスタッドレスはあったほうがいいですよ。
万能ではありませんけどね。

平城京は広いので、それほど窮屈にはならないです。
でも、定番のアングルから場所は埋まっていきます。
Commented by ハッセルぶらっと at 2012-02-01 09:59 x
こんにちは!
すごい砲列ですね。
人物を入れないためか、20mほどの間隔が面白いです。
僕もこの場に居たら 数枚は砲列を撮ってましたね^^
三日月 寒さが伝わります。

※ 赤目四十八滝は そろそろ凍る頃でしょうか。
Commented by rato-yamato at 2012-02-01 21:30
ハッセルぶらっとさん
いつも、このような列が出来ます。
だいたい出来る場所も決まっています。

戦国時代の鉄砲隊みたいで面白いですね。

赤目はこの寒波で凍っているはずですね。
日曜日に行った仲間によるとイマイチ凍り方が物足りなかったようです。


<< 薄化粧の宇陀路 その2      若草山 山焼き 2012年 >>