2011年 02月 20日
まほろば
まほろばとは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」であるらしい。

古代より「倭(やまと)は 国のまほろば」と呼ばれてきた。

桜井市大神神社(おおみわじんじゃ)付近から大和平野を見下ろしてみた。

古代人になった気分で。




f0236776_10372364.jpg
f0236776_10373523.jpg




奈良にお住まいの方々にはお馴染みの風景ですが、他府県の方のために解説を少しだけ。





f0236776_10385973.jpg



1、二上山      右の雄岳(517m)と左の雌岳(474m) 
2、葛城山      大和葛城山とも、標高959.2m
3、金剛山      金剛山地の主峰  標高1,125m。正確な山頂は葛木岳
4、耳成山      (みみなしやま) 標高140m  
5、畝傍山      (うねびやま)  標高199m
6、香具山      (かぐやま)    標高152m 天の香具山(あまのかぐやま)とも。

4,5,6で大和三山と呼ばれ、万葉集にも登場します。

7、大神神社の大鳥居

大和三山と古代の太陽信仰・太陽崇拝の眉唾話はこちら

私は大和三山ひとつ、耳成山の麓の町で3歳から24歳まで育ちました。

当時の耳成地方は田園風景が広がる中を小川が流れ、小魚がキラキラ光り、

田んぼにはドジョウやタガメ、ゲンゴロウが泳いでいた。

今となっては遠い昔のとこのようである。

by rato-yamato | 2011-02-20 11:43 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://yamatoji.exblog.jp/tb/15538720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yumechigai at 2011-02-20 15:37
こんにちわ。

まさに「素晴らしい場所」ですね。
感嘆してしまう夕景です。
いにしえの大和人の気分になりました。

それに、解説ありがとうございます。
Commented by jp3pzd at 2011-02-20 20:47 x
大鳥居と大和三山のシルエット、幻想的ですね。現在はコンクリートの大鳥居ですが、同じ場所に昔から鳥居はあったのでしょうか。
Commented by rato-yamato at 2011-02-20 21:08
yumechigaiさん
春から秋にかけてなら、もっと素晴らしい夕焼けが見られるはずです。
この日もしばらく焼けるのを待ちましたが・・・寒かったです。
Commented by rato-yamato at 2011-02-20 21:10
jp3pzdさん
ハーフNDで地面が黒ツブレしないように空のトーンを落としています。
大鳥居は最近出来たものです。
といっても、もう30年くらいでしょうか。
正確には覚えていません^^;
Commented by ろごきっと at 2011-02-20 21:40 x
素晴らしい風景に酔いしれます。1枚目と2枚目,どちらかを選べ
と言われたら,2枚目をとるかな?! 両方ともいいので迷います。
Commented by rato-yamato at 2011-02-21 20:41
ろごきっとさん
もう少ししてから梅や桜が咲く頃も絵になるところです。
また訪れてみようと思っております。


<< レッドエンハンサー      雨水 >>