タグ:登山 ( 118 ) タグの人気記事

2017年 05月 06日
大塔の夜
4日と5日はフォトクラブ大峰の撮影会でテント泊でした。
部外者のratoも快く参加の許可をいただいたのですが・・・



となりのテントから聞こえてくる子守唄がすこぶる気持ちよかったので・・・
熟睡することなく深夜から明け方になろうとしています。




こういうことは山小屋に宿泊すると避けては通れないことなんでしょうね。









深夜12時に目が覚めたときは薄雲が広がっていて星の撮影は無理と判断。
そのまま寝袋にもぐり込んだ。

それから約1時間・・・

テントの外がざわざわして再び目が覚める。

皆さん、撮影中でした。













f0236776_21492824.jpg
f0236776_21492402.jpg
f0236776_21492124.jpg
f0236776_21490407.jpg



やはり山は冷えます。
最低気温は5℃くらいでしょうか。
ダウンジャケットが必要です。





by rato-yamato | 2017-05-06 22:01 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 05日
大峰の秘境へ・・・
エキスパートに助けを借りて大峰の秘境と呼ばれるところまで行ってみました。




そこは神々や仙人たちが舞っているという。
そんなところへド素人が土足で入り込んでもいいのだろうか。
恐れ多いが、そこに立ってみたいと思った。
















ここまで登ってこられたことに感謝。
頑張った自分の足にありがとう。

同行していただいた皆さんに感謝。



f0236776_19582864.jpg
f0236776_19582476.jpg



仕事がいそがしい時期ですので、いつものように一気に投稿できないかもしれません。
少しずつですが更新していきます。

m(_ _)m


by rato-yamato | 2017-05-05 20:03 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日
4月の雪 大所山(たいしょやま)へ
山頂付近の豊富なブナ林とシャクナゲの下見をするべく、初めての大所山へ連れて行っていただきました。




メンバーはリーダーのke-nさん
フォトクラブ大峰予備軍のexpress55さん
ratoの3人です。

距離的には大したことないし・・・
地図で見た感じは急登ですが簡単そうだし・・・



ナメてましたね~



大所山恐るべし?


新雪が積もっていたこともあり、少々手こずった。
山頂までは順調でしたよ。

帰路の周回コースが見当たらない。
わからない。
雪に埋もれて見えない。
目印のテープもない。

1時間以上ウロウロしましたが、リーダーの判断で山頂に戻り往路を下山した。


懸命な判断だったと思う。
















f0236776_20513839.jpg
f0236776_20510873.jpg
f0236776_20510576.jpg
f0236776_20510162.jpg
f0236776_20505545.jpg
f0236776_20505269.jpg
f0236776_20504842.jpg
f0236776_20504252.jpg
f0236776_20504002.jpg
f0236776_20505825.jpg














登り始めは山頂付近の積雪にワクワクして登った。
こんな急登が延々と続く・・・
積雪期はピッケルとハーネス・エイト環は持参しましょう。
f0236776_06315854.jpg
f0236776_06315568.jpg
何かを撮っているrato(提供ke-nさん)









5月の連休にテン泊すべく準備をしようかと思案中です。
1年に何回できるか考えると非常にもったいない気がする。
でも何年も使えるものだし、持っていても損はない?

問題は購入資金の捻出だけか(笑)

テント・シュラフ・大型ザック・・・その他もろもろ。
見積もりとるのが怖い。


by rato-yamato | 2017-04-05 06:40 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 02日
4月の雪
霧氷を撮るために登ったわけではありません。
そりゃ~、霧氷はあったほうが嬉しいに決まっています。

でも、この時期は夜明けと共に気温がグングン上昇します。
山頂に到着する頃には落ちてなくなるに決まっています。





なんて自分で慰めながら登っていました。












f0236776_18454917.jpg




ke-nさん
Express55さん

楽しすぎました(笑)



by rato-yamato | 2017-04-02 18:51 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 22日
木曽駒ヶ岳 その4
さぁ、山を下りよう。

いつまでも、この景色に浸っていたいけど・・・
今日は帰らなければならない。
いつの日かアルプスのどこかで朝を迎えているか?

そんな日を夢見て下山します。










f0236776_19035627.jpg
f0236776_19034347.jpg
f0236776_19034058.jpg
f0236776_19032880.jpg
f0236776_19031463.jpg
f0236776_19025509.jpg
f0236776_18235123.jpg
Photo by COOPERさん Special thanks!
f0236776_19024600.jpg


同じような写真ばかりに最後までお付き合い、ありがとうございました。









by rato-yamato | 2017-03-22 18:33 | Trackback | Comments(6)
2017年 03月 21日
木曽駒ヶ岳 その3
2つのピークを越えて駒ヶ岳の山頂に向かいます。


稜線に出るとさすがに風が強い。
雪面はアイスバーンと化し、アイゼンもピッケルも刺さらない。

大峰や台高でフォトクラブ大峰の皆さんに、シバキあげられた私にとって
この程度の急登はなんでもないはずだった。

敵は気圧の低さにあった。
寝不足と相まって頭痛がしてきた。



それは帰路のバスに揺られて車に戻ると決定的になる。
いつも持ち歩いている頭痛薬を飲むとしばらくして治まった。













f0236776_19110481.jpg
f0236776_19105646.jpg
f0236776_19105331.jpg
f0236776_19104732.jpg
f0236776_19104342.jpg
f0236776_19104278.jpg
f0236776_19103618.jpg
f0236776_19103247.jpg
f0236776_19100505.jpg






終始、アメフラシさんの呪縛は効力を発揮せず・・・(笑)
これでいよいよ汚名返上なるか?

いや・・・まだまだ、わかりませんよね ke-nさん(笑)


by rato-yamato | 2017-03-21 18:44 | Trackback | Comments(6)
2017年 03月 20日
木曽駒ヶ岳 その2
若い頃
毎週のように車を走らせて信州に通った。


白馬や野沢温泉に志賀高原から乗鞍まで・・・
いい雪と、いい斜面を求めて走りまくった。



そして帰路に車窓から南アルプスや中央アルプスを眺めては、ため息ついた。
奈良にはない3000m級の山々が連なっているのを見ていた。




それから何年経ったでしょう。


自分が木曽駒ヶ岳の山頂に立つなんて考えてもいませんでした。














f0236776_06493614.jpg
f0236776_06493287.jpg
f0236776_06491693.jpg
f0236776_06485995.jpg
f0236776_06494962.jpg
f0236776_06494373.jpg
f0236776_06494242.jpg





さすがに3000m級の山々はスケール感が半端ないです。
しかし、私がここに来るのは時期尚早だったかもしれません。

木曽駒ヶ岳の声が聞こえたような気がします。
「もう少し地元の大峰や台高を極めてから来なさい」と・・・。

その通りかもしれないと思った。


しかし、素晴らしい経験ができました。
今でも夢の中にいるようです。



明日に続きます・・・






by rato-yamato | 2017-03-20 06:58 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 19日
木曽駒ヶ岳
とりあえず、今日の一枚・・・




おやすみなさい Zzzz



f0236776_23154308.jpg




narakumaさん
COOPERさん
Express55さん
Y本さんとその友人さん

ありがとう、めっちゃ楽しい登山でした。

私は気圧の変化に参ってしまい持病の頭痛が出てしまったけど・・・
帰路につく頃には何とか回復しました。

また誘ってください。


by rato-yamato | 2017-03-19 23:20 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 14日
山は楽し 仲間がいれば尚楽し












12日の朝焼け。
きっと里で撮影しているカメラマンは大騒ぎだろうな~と思っていましたが・・・
あとで聞いてみたら、それほどでもなかったらしい。
f0236776_21291737.jpg













なぜか携帯電話を持たずに登っている55さん(笑)
落っことしたんじゃなくて良かったね~
まじで心配したわ~
f0236776_21290504.jpg











今日は隊長のke-nさんのペースが速い。
夜の宴会が気になってるのか?
f0236776_21285733.jpg
f0236776_21284743.jpg








下山の沢筋へ降りる道を模索中のエキスパート2人。
ke-nさんとnarakumaさん。
この2人が一緒だとどこへでも行ける気がする。
f0236776_21291068.jpg
f0236776_21284184.jpg














55さん!
そっちに道はないから戻っておいで・・・
f0236776_21284562.jpg








あやしい・・・
f0236776_21283652.jpg
f0236776_21282972.jpg









ようやく雪がなくなりそうな標高まで降りてきました。
もうすぐ林道に出るはず。
f0236776_21281171.jpg






あ、今回は集合写真を撮らなかったな~
大峰台高は、まだまだ雪がいっぱいです。

5月の連休明けには消えてしまうかな。
また、来シーズンの雪山を待ちましょう。

それまでしばしのお別れ・・・



by rato-yamato | 2017-03-14 21:51 | Trackback | Comments(4)
2017年 03月 13日
台高雪模様
天気予報では気温が上がると言ってる。
雪もないだろう。
もちろん霧氷もないだろう。



なんて思っていたら・・・



まだまだ台高は冬景色だった。

気温は低いのだが陽射しは強くて目に辛い。
少し登りが続くと中間着も不要なほど。


















f0236776_20120021.jpg
f0236776_20115040.jpg
f0236776_20114536.jpg
f0236776_20114720.jpg
f0236776_20114032.jpg
f0236776_20113736.jpg
f0236776_20113449.jpg
f0236776_20112815.jpg
f0236776_20112617.jpg





また、ひとつ知らないルートを教えていただいた。
下山の沢下りは楽しかったな~

ハンシ山~伊勢辻山~赤ゾレ山あたりの雪模様です。


新緑の頃、紅葉の頃、初冬の霧氷も絵になるところだろう。
行きたいところが日に日に増える。
体が2つ、いや3つぐらい欲しいな~(笑)

ke-nさん
narakumaさん
55さん

楽しい山歩きでした。
いつものことながら感謝しています。
ありがとうございました。







by rato-yamato | 2017-03-13 20:25 | Trackback | Comments(2)