タグ:登山 ( 160 ) タグの人気記事

2017年 09月 25日
奥駈道夜明け (イマイチ盛り上がりに欠けた)

ガスガスで夕景も星もあきらめて床に着いたのは何時だったでしょうか。

小屋での就寝は快適そのもの。
ただひとつの点を除けば・・・

narakumaさんの子守唄が耳から離れない。
スマホで録音したのを目覚ましの音に使用しよう。

音源はnarakumaさんだが著作権はratoにあるはず(笑)












f0236776_19274422.jpg
f0236776_19273455.jpg
f0236776_19272162.jpg
f0236776_19271129.jpg
f0236776_19270817.jpg
f0236776_19270530.jpg
小屋の後ろには行者還岳。




一通りの撮影を終えて小屋に戻る頃には快晴になった。
この日からしばらく晴れが続くらしい。

会社をサボって、もう一泊しようかと真剣に考えた^^;


下山の前に行者還岳の頂上を踏んでから帰ろう。


by rato-yamato | 2017-09-25 19:41 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日
奥駈道は霧の中 (行者還避難小屋泊)
1年のうちでも数少ない連休を大峰奥駈道行者還小屋で過ごしました。



小屋泊なので夕景と星空、そして朝の雲海が目当てです。
天気予報ではいい感じに撮影できそうですね。

しかし、まぁ。

奥駈道はガスガスです。


夕景はもちろん、星空もあきらめました・・・


こんな夜は寝るに限ります













f0236776_18364368.jpg
f0236776_18363941.jpg
f0236776_18363600.jpg
f0236776_18363384.jpg
f0236776_18362976.jpg
f0236776_18361331.jpg
f0236776_18361053.jpg
f0236776_18360011.jpg
f0236776_18354532.jpg
f0236776_18354246.jpg


by rato-yamato | 2017-09-24 18:52 | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 19日
台風のあと (2)
8時すぎまで粘りましたが・・・
下山することにします。

また来るからな~
待っとけよ。















イナバウアー・・・
f0236776_18483989.jpg
f0236776_18483715.jpg
f0236776_18482370.jpg
f0236776_18481443.jpg
f0236776_18481241.jpg
f0236776_18480116.jpg
f0236776_18481800.jpg
f0236776_18482195.jpg





晴れたのは、この一瞬だけ(笑)








by rato-yamato | 2017-09-19 18:55 | Trackback | Comments(1)
2017年 09月 18日
台風のあと (1)
本当なら台風一過で素晴らしい景色が広がるはずでした。


夜明け前には満天の星空。
そして下界を埋め尽くす雲海。
遠くには富士が浮かび。
朝日は輝き雲海を照らす。


なにひとつも実現しませんでした(笑)


現実は厳しかったということですね。
















f0236776_15493181.jpg
f0236776_15492861.jpg
f0236776_15492465.jpg
f0236776_15490612.jpg
f0236776_15490189.jpg
f0236776_15484825.jpg


by rato-yamato | 2017-09-18 16:45 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 13日
山の日
昨年から「山の日」という国民の祝日が制定された。


言わせてもらえれば1年で1番の猛暑の頃に「山の日」ってなんでやねん?
これを制定したお役人さんは山へ登ったことがないのでしょうか?

プレミアムフライデーもそうです。
月末の金曜日を午後3時で終われなんて・・・





まぁ、それはさておいて。





昨年の「山の日」から今年の「山の日」までを振り返ってみましょう。


ratoの登山一年生の始まった記念すべき年です(笑)







2016年夏

f0236776_18100315.jpg
f0236776_18100875.jpg
f0236776_18100634.jpg











2016年秋

f0236776_18111266.jpg
f0236776_18112471.jpg
f0236776_18111587.jpg
f0236776_18110823.jpg
f0236776_18120780.jpg











2016年初冬~2017年冬
f0236776_18133626.jpg
f0236776_20264483.jpg
f0236776_18133229.jpg
f0236776_18132226.jpg
f0236776_18132663.jpg
f0236776_18131984.jpg
f0236776_18131533.jpg
f0236776_18131214.jpg
f0236776_18131083.jpg

















2017年春~初夏
f0236776_18141300.jpg
f0236776_18141697.jpg
f0236776_18142126.jpg
f0236776_18143561.jpg
f0236776_18143828.jpg
f0236776_18144080.jpg
f0236776_18144378.jpg




さぁ、登山2年生が始まっています。
諸先輩のように自分で登山計画を立ててルートを切り開いていきたい。

少しハードルは高いけど・・・

時間も予算も少ないratoにとって、素晴らしい手本が身近にあるのは大変、ありがたいことです。
追いつけ追い越せで。




by rato-yamato | 2017-09-13 20:32 | Trackback | Comments(6)
2017年 09月 11日
トリカブトとホソバノヤマハハコの三峰山へ (下山編)
トリカブトとホソバノヤマハハコの三峰山へ (前編)からご覧ください。



この時期の登山は虫に注意です。


虫の嫌いなかたは虫除け対策をしっかりと。
私は虫は友だちだと明言してきましたが・・・

この日限りでハエとは絶交しました(笑)
せっかく作った棒ラーメン(野菜たっぷりウインナー入り)のスープの中に飛び込んだのです。

ハエで出汁は取れませんよね・・・















f0236776_18433018.jpg
f0236776_18432689.jpg
f0236776_18431690.jpg
f0236776_18431191.jpg
f0236776_18430827.jpg
f0236776_18430537.jpg
f0236776_18425491.jpg
f0236776_18425128.jpg
f0236776_19015532.jpg
f0236776_19014952.jpg



帰路につく頃には霧は晴れて下界が見渡せました。
ヤマハハコもお日様に輝いていた。

体調は最悪だったけど、久しぶりの登山は楽しかった。


仲間に感謝です。

yao-kさん
ke-nさん
narakumaさん
Express55さん

ありがとうございました。
また誘ってください。







by rato-yamato | 2017-09-11 20:40 | Trackback | Comments(6)
2017年 09月 11日
トリカブトとホソバノヤマハハコの三峰山へ (前編)
シロヤシオやドウダンツツジが色づき始めました。
山の上では確実に季節は進んでいます。


笠の蕎麦で夜明けを迎えたあと道の駅宇陀で待ち合わせ。
総勢5名で三峰山へ。




涼しかった朝でしたが・・・

私は登りでヘロヘロになりました。
こんなことは初めてです。

昨年に最初に登った大普賢岳よりも数倍のキツさです。
登山中は終始、皆さんの姿は見えないまま目的地に到着です。


これから秋の撮影シーズンだというのになんということでしょう。
















f0236776_18435801.jpg
f0236776_18441183.jpg
f0236776_18435412.jpg
f0236776_18435022.jpg
f0236776_18433018.jpg
f0236776_18433443.jpg
f0236776_18445664.jpg
f0236776_18442451.jpg
f0236776_18442146.jpg




トリカブトとホソバノヤマハハコの三峰山へ (下山編) へ続く・・・





by rato-yamato | 2017-09-11 20:40 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 17日
釈迦ヶ岳 番外編
道中の様子などをアップしてみます。














日曜日の午後は夏雲でした。


f0236776_19010553.jpg










ちょっぴり秋の気配が・・・
f0236776_19010241.jpg


















トリカブトが咲き始めると夏は終わりです。
f0236776_19005441.jpg












相変わらず、ここの鹿は人を怖がらない。
テント場でも寄ってくる。
f0236776_19005157.jpg













何の木でしょう?
f0236776_19004868.jpg
f0236776_19004513.jpg















水蒸気たっぷりの午後です。
f0236776_19004251.jpg
f0236776_19003615.jpg
f0236776_19003334.jpg












釈迦ヶ岳登山道のシンボル? 大日岳

f0236776_19002312.jpg









そしてお釈迦さまをアップで。
f0236776_19001709.jpg













夜の七面山
f0236776_19001139.jpg














東から月が出ました。
星の撮影は終了かな・・・
f0236776_19000017.jpg












西側は大阪平野。
雲の下には何百万人が暮らしている。
朝まで灯りは絶えない。
f0236776_18595733.jpg






これで釈迦ヶ岳テント泊の記事はおしまいです。
前回のリベンジが少しはできたかな?


また休みが取れたらどこかへテントを担いで登ろう。






by rato-yamato | 2017-08-17 00:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 16日
釈迦ヶ岳 ガスは晴れていく
高い位置の雲(ガス)は朝日に照らされて消えていきます。
でも遠くの谷の雲海はいつまでも残っている。


七面山方面の谷から仏生ヶ岳、孔雀岳を越えていたガスは徐々に薄れてきた。
朝日はますます力強く釈迦ヶ岳を照らします。

広がる雲は秋の気配でした。





着ていたシェルを脱ぐ頃には西側に釈迦ヶ岳の影が伸びていた。 











f0236776_19010508.jpg
f0236776_19005994.jpg
f0236776_19005649.jpg
f0236776_19005122.jpg
f0236776_19004895.jpg
f0236776_19003102.jpg
f0236776_19002712.jpg
f0236776_19002499.jpg
f0236776_19002196.jpg





初日の夕景は残念でしたが・・・
星も見られたし、朝の風景も見られたし。

まずまずのテント泊だったかな?
ただ、見たままの絶景を写真にして皆様に届けられないのが悔しい。

写真って難しいです。




by rato-yamato | 2017-08-16 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日
釈迦ヶ岳 日出づる処
8月14日夜明け


今日も大峰上空は風が強い。
稜線に当たった風は雲となって越えていく。

次から次へと・・・
とどまるところを知らない。
やがて朝日が雲を染め始める。


一日の始まり。











f0236776_20083287.jpg
f0236776_20082371.jpg
f0236776_20082089.jpg
f0236776_20081708.jpg
f0236776_20081442.jpg
f0236776_20081025.jpg
f0236776_20080700.jpg
f0236776_20080278.jpg
f0236776_20075886.jpg


by rato-yamato | 2017-08-15 00:05 | Trackback | Comments(4)