タグ:登山 ( 76 ) タグの人気記事

2017年 01月 08日
登山と写真・・・ジレンマ
長文ですので読み飛ばしてくださいね(笑)



登山は1グラムでも軽いほうが有利です。


それは自分の体重にもいえる。
もちろん荷物も軽いほうがいいに決まっている。
登山家は高価な軽い機材を選ぶのが普通でしょうか。

嵩張るし重くていいのならワークマンUNIQLOで揃えれば安くすみます。




しかし命に関わるものをケチってはいけません。






私の場合は登山は写真撮影の手段です。
少なくとも最初はそうでした。


悲しいかな写真も登山も恐ろしく金食い虫である。
自分が知らないだけで、どんな世界でもそうなんだろうけど・・・





最初に書きましたが1グラムでも軽いほうがいいんです。
重力に逆らって登るんですから。

そこで問題になるのが撮影機材です。


普段の撮影では基本的に2台体制です。
シャッターチャンスを逃さないためです。
しかし山行きには無理です。

できれば良く写るコンデジでもいいかな?と思ったり。
高倍率ズーム一本ですませば楽だと考えたり。

でも、そこはカメラマンとしての意地があって重くて大きい一眼レフと交換レンズを持ち出します。



どこへ登るにしても必須なのが・・・
16-35F2.8LⅡ
24-105F4L

そこに行き先や余裕の有る無しで
70-200F2.8Lが加わります。

ボディは CANON 5Dmark3もしくは6D
ベルボンの三脚、レリーズやフィルター類、予備のバッテリー・・・etc

さぁ、これだけで何Kgあるでしょう。







そこに、普通の登山の道具がプラスされます。
これは訓練か修行のようです。

でも、そこでしか出逢えない景色と遭遇した喜びは何物にも代えられません。





話しは変わりますが・・・

よくカメラ選びのアドバイスを求められます。
その人が何を撮るのか?
その人の最終目的(フォトコン、写真展・・・)は何なのかにも依りますが
長く続けたいのならメーカーは好みでいいけど「35mmフルサイズ一択です」といいます。

私の偏見かもしれませんけど。


2004年の春にフィルム機材一式を空き巣に持っていかれました。
幸いにも犯人が逮捕されて賠償金を受け取りました。

しかし賠償金で同じ機材を再購入することはできません。
評価額が低すぎて話にならない。



そこで思い切ってデジタルに変更したわけです。
当時はもちろんAPS‐Cサイズのカメラしかありません。

デジタルのことは何も知らずにCANON EOS10D を買いました。
なんじゃこりゃ!ハーフサイズやん・・・

勉強不足の自分が恥ずかしかったです。





で、2007年に初代5Dを買うまではデジタルなんて使い物にならないと思ってた。
色は悪いし・・・
そもそもフルサイズ用のレンズしか発売してないんですもん。



初代5Dはいいカメラでした。
1200万画素で十分です。
高感度なんて使えません。
ISO800が限界です。
でも風景写真には何の不都合もなかったです。




昨今の高画素、高感度志向にはいささかの疑問があります。
高感度耐性を重視するあまりに基本感度での画質がおろさかになっていないか?
五千万画素なんて・・・いったい何に使うんですかね~

皆んなが皆んな全紙に伸ばして写真展をするわけではないでしょう。

大は小を兼ねますか?





いや、私は2000万画素で十分です。















さて、最後に。




新しい相棒が加わりました。


OSPREY(オスプレー) ケストレル38 旧モデルです。





f0236776_09430911.jpg
f0236776_09430548.jpg








ハイドレーションシステムはザックの外から入れ替えできます。
ただ夏場は背中に密着すると体温でお湯になるかも(笑)
f0236776_09430158.jpg









これは特許ものです。
刀をしまうようにストックを脇差に差せます。
f0236776_09425883.jpg














欠点もあります。
雨蓋がこれ以上開かない。
f0236776_09425486.jpg










今までのNORTH FACE はここまで全開します。
f0236776_09424723.jpg









長文・乱文 失礼しました。
m(__)m













by rato-yamato | 2017-01-08 10:02 | Trackback | Comments(6)
2017年 01月 06日
エビの尻尾
海に住む海老のことではありません。

冬山にできる現象です。
水の融点(凝固点)は摂氏0度です。
しかし、ゆっくりと冷えていくと凝固点に達しても凍らないそうです。

それが強風に乗って木々や岩に当たったショックで氷となるのだそうです。
ですからエビの尻尾は風上に向かって伸びます。











f0236776_20473618.jpg
f0236776_20473941.jpg
f0236776_20473336.jpg
f0236776_20473000.jpg
f0236776_20472863.jpg
f0236776_20472526.jpg
f0236776_20474334.jpg


最後の写真ですけど・・・

あれ?
撮った覚えのない画像がメディアの中から見つかりました・・・
こんな写真は撮ってないぞ。

はは~ん、さてはあのときに・・・

犯人さん、出てきなさい(笑)





                            

by rato-yamato | 2017-01-06 21:09 | Trackback | Comments(4)
2017年 01月 03日
高見山 元旦の朝 (オレンジ色の夜明け)
朝日が上がると急に雲が湧きます。


あちらから、こちらから・・・
私たちの立っている山頂を取り囲むようにガスに覆われました。
日の出直後の色温度が低い太陽はガスをオレンジに染めます。


皆んなの顔も・・・着ている服も・・・カメラのレンズもオレンジ一色です。


午前7時ちょうどに稜線から顔を出した朝日は約15分間に渡り周囲をオレンジに染めた。
やがていつもの色温度に変わると初日の出を見ていた大半は下山した。




















f0236776_18284579.jpg
f0236776_18284191.jpg
f0236776_18282970.jpg
f0236776_18282597.jpg
f0236776_18273188.jpg
f0236776_18272787.jpg
f0236776_18272421.jpg
f0236776_18285582.jpg





年越しそば、美味しかったです!
ごちそうさまでした。

格別な元旦の朝になりました。
aviさん、ご主人様・・・この場を借りてお礼申し上げますm(__)m






by rato-yamato | 2017-01-03 00:00 | Trackback | Comments(8)
2017年 01月 02日
高見山 元旦の朝
aviさんご夫婦に感謝の初日の出です。




これから冬山本番です、またratoと登りましょう。
登山一年生のratoですけど・・・
どうぞよろしくお願いします。






日の出の少し前に登頂できました。
地平線が赤く染まるのを見ながら山頂を目指した。
すでに山頂の神社前は初日の出を見る人で埋まっている。




夜明け前の青い時間からオレンジに変わる時間帯が好きです。



さぁ、新しい年の始まりです。
ここで初日の出が見られたことを忘れずに仕事に私生活に・・・
目一杯、頑張れそうです。

















f0236776_03480354.jpg
f0236776_03480004.jpg
f0236776_03475862.jpg
f0236776_03474592.jpg
f0236776_03473591.jpg












by rato-yamato | 2017-01-02 04:03 | Trackback | Comments(8)
2017年 01月 01日
影高見山
高見山で初日の出を拝んできました。
ここ数日は素晴らしい霧氷があったようです。
仲間のレポートを見ていました。




実は初日の出をどこで見るか考えていたのです。
どうせなら高い山で霧氷なんかと一緒に撮れたらいいな~と。

だれか同行してくれるカメラマンはいるか?
そこへaviさんから問い合わせです。
もちろん二つ返事でOKです。












元旦の日の出は特別・・・
一年の計は元旦にあり!

そう、2017年が始まりました。






朝日と逆方向には高見山の影です。
この山の形がよくわかります。





f0236776_21354905.jpg
f0236776_21361020.jpg





明日に続きます・・・





by rato-yamato | 2017-01-01 21:43 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日
冬の花咲く
Merry Christmas!

日本人って面白いですね・・・
クリスマスで大騒ぎして、お寺の除夜の鐘を鳴らして、神社に初詣(笑)

いや、いい意味で面白いです。







さて、雪深い厳冬期の冬山登山は私には無理。

低山で霧氷遊びをするのが精一杯かな。
何度も登っては空振りして・・・
意気消沈して下山する。

でも翌週にはまた登りたくなる。



正直に言って毎日、動ける人たちがどんなに羨ましかったか。












f0236776_13412388.jpg
f0236776_13411769.jpg
f0236776_13404850.jpg
f0236776_13403769.jpg
f0236776_13403446.jpg
f0236776_13403495.jpg
f0236776_13401766.jpg
f0236776_13400235.jpg
f0236776_13172525.jpg
f0236776_13171092.jpg
f0236776_13164052.jpg
f0236776_19562970.jpg









さて、明日も仕事やし・・・おやすみなさい。
では、楽しいクリスマスを。







by rato-yamato | 2016-12-24 22:06 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 22日
明神平を歩いてきました その(5)
やっと最終回です m(__)m


日曜日の明神平の風景が脳裏に焼き付いています。
今年の撮り納め、登り納めが予想もしなかった絶景に恵まれたのは

「終わり良ければ全て良し」かも。




秋から続いたいろいろな問題を帳消しにしてくれそうでした。













f0236776_19534002.jpg
f0236776_19534635.jpg
f0236776_19534951.jpg
f0236776_19540054.jpg
f0236776_19540799.jpg
f0236776_19541350.jpg
f0236776_19542099.jpg
f0236776_19542863.jpg
f0236776_19543192.jpg
f0236776_19544386.jpg






下山する頃には1300m付近の霧氷の大半は落ちてしまった。

一面の銀世界になる前の霧氷ほどきれいなものはありません。
山が雪で覆われてしまったら、単なる雪山になってしまう。

初冬の今だからこそ出会える風景だと思う。



今年、最後の撮影日記になります。
撮影には出られませんが何かしら更新ができたらいいな~と思っています。





by rato-yamato | 2016-12-22 20:04 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 21日
明神平を歩いてきました その(4)
いっぱい撮ったので・・・
まだまだ続きます。

もう、みなさんは見飽きたことでしょう。












お昼前になって少しだけ雲が出てきました。
白い霧氷と青い空、そして一筋の雲。

これ以上、何を望むか。

だれだ?
最初に普通の写真しか撮れなかった・・・なんて書いたのは。







f0236776_18531391.jpg
f0236776_18530543.jpg
f0236776_18530113.jpg
f0236776_18525799.jpg
f0236776_18525430.jpg
f0236776_18525049.jpg
f0236776_18524813.jpg
f0236776_18524447.jpg
f0236776_18524159.jpg




今年の2月に写真仲間が同じ明神平の素晴らしい写真を撮った。

そのとき、私は彼へのコメントで「今後、一切の明神平への立入禁止」と書いた。
もう、ここは卒業やな、おめでとう!という意味で書いた。
しかし、それは間違いだったと気づいた。(今頃・・・)

写真に終わりはない。

もっと、もっといい写真が撮りたい。
今度はこんな写真を撮ってみたい。

そんな欲求が沸々と湧いてくる。


ごめんな、Jr.さん
前言撤回します(笑)


また一緒に登りましょう。










by rato-yamato | 2016-12-21 19:09 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 20日
明神平を歩いてきました その(3)
厳冬期でない、この時期は太陽に照らされると霧氷は木から離れてしまいます。
風に吹かれると桜が散るように・・・

まるで花吹雪のように。




氷のオブジェをしばし ご覧ください。












f0236776_18522588.jpg
f0236776_18521383.jpg
f0236776_18520791.jpg
f0236776_18515931.jpg
f0236776_18515643.jpg
f0236776_18515397.jpg
f0236776_18515096.jpg
f0236776_18514773.jpg
f0236776_18514378.jpg




雪目の私はサングラスをしないと涙が出てくる。
ゲレンデではいつもゴーグルやサングラスをしていた。

いや、今日は雪目のせいじゃない。

儚い霧氷のせいかもしれない。









by rato-yamato | 2016-12-20 19:01 | Trackback | Comments(10)
2016年 12月 19日
明神平を歩いてきました その(2)
年内の最後の休みとなる日曜日でした。
前々から、この日は登るぞと決めていた。

どこへ登るのか?
だれと登るのか?
そもそも霧氷はあるのか?


いや、そんなことはどうでもいい。
どうでもいいと言えば語弊があるけど・・・
登ることに意義がある。



幸いな事に、いつもいつもお世話に なりっぱなしのshuさんが同行していただけることになった。



























f0236776_20085217.jpg
f0236776_20084991.jpg
f0236776_20084549.jpg
f0236776_20084089.jpg
f0236776_20083006.jpg
f0236776_20082495.jpg
f0236776_20082151.jpg
f0236776_20081846.jpg








空が高くて青い。
風は冷たいが日差しが心地よい。
山頂に到着すると早くも霧氷は木から離れようとしていた。








by rato-yamato | 2016-12-19 20:13 | Trackback | Comments(6)