タグ:登山 ( 89 ) タグの人気記事

2017年 03月 13日
台高雪模様
天気予報では気温が上がると言ってる。
雪もないだろう。
もちろん霧氷もないだろう。



なんて思っていたら・・・



まだまだ台高は冬景色だった。

気温は低いのだが陽射しは強くて目に辛い。
少し登りが続くと中間着も不要なほど。


















f0236776_20120021.jpg
f0236776_20115040.jpg
f0236776_20114536.jpg
f0236776_20114720.jpg
f0236776_20114032.jpg
f0236776_20113736.jpg
f0236776_20113449.jpg
f0236776_20112815.jpg
f0236776_20112617.jpg





また、ひとつ知らないルートを教えていただいた。
下山の沢下りは楽しかったな~

ハンシ山~伊勢辻山~赤ゾレ山あたりの雪模様です。


新緑の頃、紅葉の頃、初冬の霧氷も絵になるところだろう。
行きたいところが日に日に増える。
体が2つ、いや3つぐらい欲しいな~(笑)

ke-nさん
narakumaさん
55さん

楽しい山歩きでした。
いつものことながら感謝しています。
ありがとうございました。







by rato-yamato | 2017-03-13 20:25 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 06日
母公堂より稲村小屋へ 
ゴロゴロ水から先は凍結路でした。
夏タイヤの車はUターンを余儀なくされる。

この時期の天川村へ夏タイヤで来るのは間違いだと気づいたかな?

昨年から登山の真似ごとを始めたのですが・・・
大峰山系には何度も登りました。


弥山・八経ヶ岳と大普賢岳、そして釈迦ヶ岳は3回登りました。
さらには双門コースや天女の舞・・・

しかし、いわゆる大峰の核心部は未知でした。








登山口の母公堂です。
駐車スペースは多くない。

稲村小屋まで約5kmの登山です。
f0236776_18491013.jpg








マンモスに見えます?
f0236776_20212396.jpg












途中には少し危険なトラバースが何ヶ所かあります。
今回の5名のうち4名は初の稲村ヶ岳ですのでゆっくりスローペースで登ります。
3時間ほどで稲村小屋に到着です。
残念ながら期待していた霧氷はありませんでした。
f0236776_18484817.jpg











雪面を見ると霧氷の残骸が無数に積もっています。
今日の朝なのか昨日の霧氷なのかはわかりません。
f0236776_18490208.jpg












小屋付近で少しのあいだ撮影を楽しみました。
f0236776_18485834.jpg
f0236776_18484173.jpg
f0236776_18483952.jpg
f0236776_18483750.jpg
f0236776_18483293.jpg
f0236776_18482955.jpg













大日山から稲村ヶ岳への道を行くichikawaさん。
f0236776_18482683.jpg








大日山直下で登山道は雪に閉ざされてしまいました。
下を巻くようにトレースはありましたが私たちのレベルではここまでです。

敗退するのも大事な決断です。
あと10分の登山が命取りになる場合もある。


来シーズンは雪の大峰を制覇してやろうと思った瞬間でした。












f0236776_20394712.jpg

今日の5名のカメラマンは一人として同じ機種がいませんでした。
これは珍しいことかも?


皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました。




今回は私自身の記録として・・・








by rato-yamato | 2017-03-06 20:54 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 27日
シェークスピア氷柱群へ   到着です!

寒波は去り、雨も降りました。


氷柱の状態は完璧ではないのは分かっていた。
ある程度は残っているはず・・・
期待を込めて登り続けた。



そして、氷柱群が目に飛び込んできた。







シェイクスピア氷柱群全景。右からマクベス35m、リア王40m、ハムレット35m。
だと思う・・・
違っていたらご指摘を。

f0236776_20231865.jpg
f0236776_20231222.jpg
f0236776_20230083.jpg
f0236776_20225720.jpg
f0236776_20225316.jpg
f0236776_20224940.jpg
f0236776_20224414.jpg





ときおり氷の塊が落ちてくる。
不気味な音と共に崩れる。

太陽は容赦なく氷柱を照らし続ける。



同じ川上村にある御船の滝に比べると誰でも気軽に行ける氷瀑ではありません。
しかし、頑張って登っただけの景色に出会えるのは確かです。


※途中には幾度かの渡渉や急斜面があります。必ずそれなりの装備と知識を持って行くようにしてください。



by rato-yamato | 2017-02-27 20:52 | Trackback | Comments(12)
2017年 02月 26日
シェークスピア氷柱群へ いざ出陣!
里では梅のかほりが広がり、菜の花が咲いているというのに・・・

大普賢岳の山頂直下では氷の世界が広がっている。
夏に登った大普賢岳ですが雨とガスで展望はありませんでした。




今日は先週に続いて抜けるような青空!
よほど皆さんの日頃の行いがいいのでしょう。

足取りも軽く、目指すはシェークスピア!








f0236776_18121233.jpg











ときおり見える大普賢岳は霧氷がきれいに付いている。
今日は大普賢岳でも良かったか?
いやいや、シェークスピアでしょ!
f0236776_18123924.jpg
f0236776_18124555.jpg
f0236776_18125091.jpg













このスケール感は、ここにいるものにしか味わえません。
f0236776_18130758.jpg






narakumaさん
ke-nさん
COOPERさん
55さん
そしてCOOPERさんのご友人のYさん

楽しい山行きでした。
ありがとうございました。

明日に続くかな?







by rato-yamato | 2017-02-26 18:21 | Trackback | Comments(4)
2017年 02月 22日
天女の舞へ・・・番外編 仲間たち
普通の?登山家と私たちカメラマンを兼ねた登山家の大きな違いは荷物です。



それでなくても嵩張る荷物が多い雪山登山にカメラ機材がプラスされます。
そして夜明けや星空撮影には三脚が必須です。
さぁ、これだけで何キロあるでしょう。

高倍率ズーム1本で済ませられたらどんなに楽だろうと思う。
さらに軽いミラーレス機やコンデジなら、もっと楽でしょう。


でも、そこは写真家としてのコダワリ・・・意地かな?
いつも重い機材を持って登ります。

しかしながら私の場合は日帰り登山です。
しかも簡単な山しか行きません。
テントやシュラフが必要な登山となると・・・

体が隠れるほどの大きなザック!

テン泊の登山家がスーパーマンに見えます。


















いつも冷静でカッコいいke-nさん
f0236776_21364177.jpg











55さんのキャラは私たちの登山には必要不可欠です。
f0236776_21362806.jpg
f0236776_21361558.jpg
f0236776_21360330.jpg











f0236776_21355245.jpg









天女の舞で昼食を済ませるの図。
ゴミは出さない。
忘れ物のないようにね。
f0236776_21353021.jpg
f0236776_21395036.jpg



ke-nさん撮影のrato.
初スノーシューに四苦八苦(笑)


皆さん、ありがとう!


by rato-yamato | 2017-02-22 07:55 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 20日
天女の舞へ・・・その4 クライマックス!
お昼ごはんを食べるのも忘れて霧氷に見とれていた。




気がつくと腹の虫が鳴った。
天女の舞でお昼ごはん。

こんな贅沢はない。

仲間がいたからこそ登れた。













f0236776_19154586.jpg
f0236776_19153540.jpg
f0236776_19151730.jpg
f0236776_19143545.jpg
f0236776_19142418.jpg
f0236776_19141907.jpg
f0236776_19141281.jpg
f0236776_19140153.jpg






最後に稲村ヶ岳を見てから下山した。


ありがとうございました。
ke-nさん
narakumaさん
55さん

そして事情で登れなかったyao-kさんに、この記事を捧げます。


本当にきれいでした。








by rato-yamato | 2017-02-20 20:18 | Trackback | Comments(8)
2017年 02月 20日
天女の舞へ・・・その3 舞い上がる
舞い上がったのは私です。

空の青さと霧氷の白さ。
ときおり流れる雲。

これ以上の何を望みましょう。







上ばかり見上げていた(笑)











f0236776_19094456.jpg
f0236776_19093027.jpg
f0236776_19091410.jpg
f0236776_19090771.jpg
f0236776_19085659.jpg
f0236776_19082956.jpg
f0236776_19082029.jpg
f0236776_19081663.jpg
f0236776_19080975.jpg










by rato-yamato | 2017-02-20 20:03 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 20日
天女の舞へ・・・その2 霧氷あらわる!
余裕だと思っていたルートは想像以上に苦戦した。



なんと言っても初めて履くスノーシューのコツがつかめない(笑)
基本的に後ろに下がるようには出来ていないらしい。

何度もひっくり返りました。




それでも目標の稜線に近づくと木々に霧氷があらわれ始めた。
俄然とやる気が出ます。

写真を撮る間も惜しんで一歩・・・一歩と登る。










f0236776_18323327.jpg
f0236776_18323146.jpg
f0236776_18322959.jpg
f0236776_18321414.jpg
f0236776_18320627.jpg
f0236776_18320167.jpg




この日の空は、それはそれはきれいでした。
大気圏を飛び出したら、こんな色の空になるんじゃないかと思うほど。

それでもPLフィルターはしっかりと効かせます。




力強い陽光に照らされると儚い霧氷は次々に木から離れてしまいます。
こうなるとこの場から動けません。

登山家から写真家に変身します(笑)




by rato-yamato | 2017-02-20 18:46 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 19日
天女の舞へ Prologue
念願の天女の舞へ連れて行っていただきました。



R309の熊渡から金引尾根コース。
登山地図で見るよりもハードでした(笑)

登山道は先日来の高めの気温と雨で溶けた雪が凍って、その上に新雪が積もった感じ。
アイゼンの食いつきは十分です。

途中から太ももまで埋まるような雪になる。
ここでスノーシューを装着。
しかし、急登の連続で私のスノーシューでは満足に登れず・・・アイゼンに戻す。


分岐でルートの選定ミス(*_*)
小一時間のロスタイムです。









ほとんど撮って出し。
とりあえずJPGファイルに変換しました。



f0236776_19584304.jpg
f0236776_19581531.jpg
f0236776_19580560.jpg




たぶん、明日に続く・・・







by rato-yamato | 2017-02-19 20:01 | Trackback | Comments(6)
2017年 02月 09日
ガスと霧氷の高見山 2
明るくなるが一向に太陽の出る気配はない。
もちろん青空なんてカケラもない。

ただ氷点下の山頂で空が抜けるのを待つ・・・


こうなったら我慢比べ。


















f0236776_20275099.jpg
f0236776_20273615.jpg
f0236776_20273248.jpg
f0236776_20272350.jpg
f0236776_20272009.jpg

f0236776_20271529.jpg





我慢比べに負けて下山します。
これが冬山です。
今度は負けませんよ・・・








by rato-yamato | 2017-02-09 20:37