タグ:奈良市 ( 518 ) タグの人気記事

2016年 10月 09日
大池10選
早くこの景色を見たい。

ここの朝の緊張感がなつかしい。
あと何年なのか・・・












f0236776_23402004.jpg
f0236776_23393155.jpg
f0236776_23391092.jpg
f0236776_23390223.jpg
f0236776_23385688.jpg
f0236776_23385076.jpg
f0236776_23383009.jpg
f0236776_23382593.jpg
f0236776_23382080.jpg
f0236776_23375053.jpg








何度も何度も通ったけど
納得のいく写真は未だにありません。

いつもお世話になっている西山さんの 奈良大和の四季 このトップページのような大池に出逢えたら・・・



私は満足です。


by rato-yamato | 2016-10-09 00:06 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 16日
夏の夜の夢
少しだけ高台にある東大寺二月堂。
夜風が心地よい。

ここに涼みに来て誰とも会わなかったらラッキーな気分になれる。
お参りの人のために24時間オープンな二月堂です。

この日はそんな日でした。







f0236776_21560265.jpg




先日の日曜日の夢のような景色から現実に戻ったのですが・・・


何度も何度も訪れた大台ケ原です。
昨今ではいろんな規制がかけられています。

しかし、いつも思うのです。

もし、本当に自然保護を謳うのならドライブウェイを即刻に閉鎖すべきです。
そして徒歩で半日かけて行くことができる人だけが入山すればいいのです。




でも、それをしないのは誰かが得をするからでしょう。







by rato-yamato | 2016-07-16 21:25 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 24日
スズラン咲く
ある人のブログでスズランの別名を教えていただきました。
日本語って何と優雅で知的で奥ゆかしいのでしょう。

世界に誇れる日本の文化を大事にしたい。
日本の心・・・




最近、心が痛む事故や事件が多い。
先人たちの築き上げた『日本』という信頼や信用を失墜させたくない。














f0236776_21551020.jpg
f0236776_21550827.jpg
f0236776_21550572.jpg



by rato-yamato | 2016-05-24 22:06 | Trackback | Comments(1)
2016年 03月 13日
修二会@1265  修二会の知名度は?
12日深夜のお水取りが終わりました。
たぶん無事に何事もなく終わったのでしょう。

私は疲労困憊で爆睡中・・・


ゆっくり起床して皆さんのFacebookを見ようかな~っとPCの電源を入れました。






で、ふと思ったのです。
私たち大和路カメラマンを夢中にさせる「修二会」の知名度はいかほどか・・・



去年だったかな~
職場の食堂で事務員さんに聞きました。

私: 「お水取りって知ってる?」

Aさん: 「あ~、なんか聞いたことあるわ~京都やんな~?」
Bさん: 「そうそう、清水寺やんな~?」

私: 「・・・・・」






今年もリベンジしようと別の人に聞きました。

私: 「な~、お水取りって知ってる?」

Cさん: 「なに?押し入れの湿気取りか?」

私: 「・・・・・・」






まぁ、こんなもんですわ~





え?
おまえの会社の程度が低すぎや?

そうかもしれませんね・・・







そういう私も松明ばかりを追いかけていました。
4何前にある人に出会うまでは。

その人のせいで修二会の奥の深さを知りました。
知れば知るほど奥が深くて・・・
でも仕事があるので見ることすらできない行事が多々ある。

定年退職後の楽しみとしてとっておきましょうね。
それまで元気で写真を趣味にしていられますように。















f0236776_07144122.jpg
f0236776_07200845.jpg
f0236776_07204052.jpg
f0236776_07205537.jpg
f0236776_07215087.jpg
f0236776_07221499.jpg
f0236776_07222901.jpg
f0236776_07231951.jpg
f0236776_07234075.jpg
f0236776_07250866.jpg
f0236776_07252075.jpg





by rato-yamato | 2016-03-13 07:37 | Trackback | Comments(13)
2016年 03月 11日
修二会@1265 March 11 2:46 p.m.
あまり書きたくなかったけど・・・
あえて書くことにします。


神の領域・・・いや、神でさえも制御できない原子力・放射能というバケモノを
人間がコントロールできるはずがない。

福島原発の爆発直後
全町避難になった浪江町にはたくさんの赤い旗が地面に立てられていた。
その旗の下には御遺体が眠っている。
警察も自衛隊も完全撤退。

家族を探して葬ることすらできなくなった。




コンパスでぐるっと円を描いて・・・
ここから向こうは避難地域です。

こんな馬鹿げた区割りはないでしょう。
その頃、米軍は詳細な放射線の飛散データを持っていたのに文科省は公表しない。
福島県民がパニックになるから・・・
いい加減なコンパスの円で区切っていた。

いかに日本の政府は能なしで嘘つきか。



その嘘つきはやがて全世界に公表される。


2020東京五輪誘致
そこで首相は福島原発はアンダーコントロールだと明言した。

メルトダウンした炉心をあなたはその目で見たのか?
誰も見ていない、見られない。
それのどこがアンダーコントロールなのか?



もっともっと言いたいことは山ほどあるけど・・・
これ以上、書いたら涙が出てきそうなのでやめます。

もう、これ以上 原子力に頼らないでください。
暴走したら誰にも止められません。











f0236776_21090768.jpg
f0236776_21090076.jpg
f0236776_21085851.jpg
f0236776_21085618.jpg
f0236776_21085448.jpg








pray for japan











by rato-yamato | 2016-03-11 21:37 | Trackback | Comments(3)
2016年 03月 10日
修二会@1265  Rainyday
さぁ、修二会の時期らしい寒い雨の水曜日です。
やはり、こうでなくっちゃね・・・

暖かい修二会なんて修二会じゃない。
言い切ります。




















f0236776_21274264.jpg
f0236776_21274590.jpg
f0236776_21274751.jpg
f0236776_21275035.jpg
f0236776_21275193.jpg



また、ひとつカメラマンの嫌な一面を見てしまった。
いや、これはカメラマンというより人間としての最低ラインすら守れない奴やね。

だから何が言いたいのか?って言われそうですが・・・



何とも後味のよろしくない二月堂でした。











by rato-yamato | 2016-03-10 05:25 | Trackback | Comments(9)
2016年 03月 08日
修二会@1265 10本目の松明
10本目の松明、すなわちこの日の最後の松明。
ラストを飾るに相応しい松明でした。

練行衆を上堂させた松明は本来なら役目を終えてしまう。


しかし修二会の準主役である松明はここからが見せ所でしょう。
私は練行衆のお名前も童子さんたちのお名前も存じ上げません。
それほど深く修二会に関わっているわけではありません。

皆さんと同じく当初は格好いいからという興味本位でした。



そして多くの場合はそのほうが単純に修二会を楽しめるでしょう。





















f0236776_22240208.jpg
f0236776_22394528.jpg
f0236776_21054563.jpg


f0236776_21053643.jpg




今年は梅もサンシュユも早く咲いた。
寒暖が強くて体調管理が大変でしたね。
そして花粉が飛び始めます。
さらには大陸からの浮遊物も・・・

私は喉が弱いので黄砂の日はすぐにわかります。
てきめんに喉が痛くなる。



あ~、春は嫌いや・・・




余談ですが・・・
松明の写真はISO6400です。
6400ですよ~6400!

気持ち悪くないですか?
デジタルしか知らない人たちにとっては当たり前なんでしょうね。
あと2段分上げられます。
12800から25600ですけど・・・

もう、わけわからん。

これらの松明の写真はRAWからキヤノン純正のDPPでJPEGに変換しています。
NR(ノイズ・リダクション)はかけていません。
ブログサイズに縮小すればまったく問題ありません。

ちなみにEOS6Dです。
並行して使っている5DⅢよりも1段分程度の余裕があると個人的には思っています。








by rato-yamato | 2016-03-08 21:18 | Trackback | Comments(4)
2016年 03月 07日
修二会@1265
3月1日からの本行が始まって1週間が経とうとしています。
今年は1265回目・・・
今年は思うことがあり修二会から離れようと思っていた。

今まで10年間のあいだ見損なった3月の2週間の春を探そうと・・・





修二会といえば「松明」です。
何を差し置いても「松明」です。

午後7時になると気もそぞろになっていた昔を思い出した。



そして仲間に助けられて二月堂へと向かった。
過度な場所取りはしない。
見られるところから見ようと思った。
















この日、最初の松明が登廊を上がって舞台へと方向転換した。
その時、二月堂が赤く染まった。
一気に気持ちが高揚した。
f0236776_04351106.jpg
f0236776_04351451.jpg
f0236776_04203724.jpg
f0236776_04351787.jpg

匂い、人混み、警備員、そして・・・
松明の竹が並んでいるのを見ると「あ~、帰ってきたな~」



6日の夜にお会いした皆さま、ありがとうございました。
今度はいつ行けるかわかりませんが、そのときはどうぞよろしく。










by rato-yamato | 2016-03-07 04:42 | Trackback | Comments(5)
2016年 02月 24日
二月堂に結界が張られた日
風は冷たいのですが、お日様が顔を出すと春のように暖かい。
間もなく始まる行法に一喜一憂するカメラマン。

1265回のうちの何回の修二会に立ち会えただろう。
















f0236776_07243614.jpg
f0236776_07243978.jpg
f0236776_07244381.jpg
f0236776_07245066.jpg
f0236776_07281061.jpg
f0236776_07300971.jpg
f0236776_07250602.jpg
f0236776_07251372.jpg






by rato-yamato | 2016-02-24 07:45 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 22日
何故に 早足になる 練行衆
なぜ祈る・・・
誰のために祈るのか・・・




そんなこともわからない世の中になってしまわないように。
籠もりの僧は俗世間と決別する。

たった2週間と言うなかれ。
私たち一般人に2週間で何ができるというのか。

まもなく11人の練行衆は俗世間と決別する。



















f0236776_22052290.jpg
f0236776_22052506.jpg
f0236776_22051138.jpg
f0236776_22022986.jpg
f0236776_22021870.jpg




正面に回り込んで撮った写真はすべてボツにしました。
レンズを向けるのはあまりにもおこがましい・・・

自分は何をやってるんだ?
そんな気持ちになった日でした。








by rato-yamato | 2016-02-22 22:21 | Trackback | Comments(5)