タグ:天理市 ( 159 ) タグの人気記事

2017年 02月 14日
山の辺 落陽
建国記念の日はあたりは一年で最も寒い日が多い。

今年も寒い週末だった。
数日前から奥深い山では雪が降り続き、中途半端な装備の登山者は寄せつけない。




それでも里には春を感じる。
そう、冬来たりなば春遠からじ・・・















f0236776_20215583.jpg
f0236776_20215357.jpg
f0236776_20214995.jpg
f0236776_20214688.jpg
f0236776_20214201.jpg






金剛葛城、二上山まで白い。
こんなことは子供の頃は当たり前にあった。
近年では珍しいかもしれない。







by rato-yamato | 2017-02-14 20:47
2017年 02月 04日
山の辺 立春
春を思わせる暖かい日。


しかし、このまま春にはならない。
また寒い日が続くでしょう。















f0236776_21233870.jpg
f0236776_21234923.jpg
f0236776_21233579.jpg
f0236776_21233108.jpg
f0236776_21232548.jpg


by rato-yamato | 2017-02-04 23:29
2017年 01月 27日
菜の花
一足はやく春のかほりが漂った。















f0236776_18560975.jpg
f0236776_18560543.jpg
f0236776_18560182.jpg

f0236776_19092535.jpg
f0236776_19091723.jpg

白く化粧した金剛葛城と山の辺の菜の花。



by rato-yamato | 2017-01-27 19:10
2016年 10月 14日
十四夜の月
自宅近くの田んぼから
大和青垣の山々 竜王山と三輪山





荒井由実の若い頃の歌に「14番目の月」というのがあります。


「次の夜から欠ける満月より 14番目の月がいちばん好き」





つまり・・・満月である十五夜は次の日から欠けます。
ならば次の日に満月を迎える十四夜の月がいちばん好き。



人生もピークを迎えるよりも一歩手前の頃がいいのか?

いや・・・確実に明日が満月だとわかっている今がいちばん好きなのか?







どう解釈します?



あなたなら・・・












f0236776_20165026.jpg







by rato-yamato | 2016-10-14 20:32 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 26日
山の辺 落陽
夕方は焼けない。
焼けるわけがない。
翌日の天気予報は雨模様。
なおさら焼けるわけがない。





じゃぁ、なんで崇神陵(行灯山古墳)で夕日を待つのか・・・

そんな愚問には答えない。













f0236776_20374144.jpg
f0236776_20373807.jpg
f0236776_20375964.jpg
f0236776_20372966.jpg




サッサと撤収して帰りましょ。
お疲れ様でした~








by rato-yamato | 2016-09-26 20:41 | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 21日
晩夏 色づき始める稲穂
夜明けが遅くなった。
出勤時に部屋の灯りをつける時期になってきた。


あれだけうるさかった蝉が鳴かなくなった。




一歩づつ秋に向かっている。


















f0236776_08345481.jpg
f0236776_08345065.jpg
f0236776_08344781.jpg





しばらく更新はお休みします。
いつもありがとうございます。

少し涼しくなったら戻ってきますね。










by rato-yamato | 2016-08-21 08:44 | Trackback
2016年 07月 28日
ヤマトタケル
この丘の上に立って奈良盆地を見下ろすといつも思います。
このブログにも何度も書いていますので、あ~またか・・・と思われそうですね。

ここに都を作ろうとした意味がよくわかります。

四方を垣根のような山々で囲まれ、災害が少ない。
こんなにいいところはありません。




実の父である景行天皇の命を受けて東征に向かったヤマトタケル。
神話か伝説であるかもしれない。

大和へ戻ること無く白鳥となって飛び立ったヤマトタケル。

「やまとはくにの まほろば たたなづく 青がき 山ごもれる 大和しうるはし」










f0236776_22390324.jpg
f0236776_22390127.jpg
f0236776_22385855.jpg
f0236776_22385562.jpg

大和の国を心から愛し、東征においては人間らしい一面を見せつつも、
やはり父である景行天皇に逆らう事が出来ないまま旅立つヤマトタケル。

最後に詠んだ歌が涙を誘う・・・








by rato-yamato | 2016-07-28 22:52 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 04日
再会 (6年ぶり)
nishiokaさんと再会できた。
2010年の東大寺おかっぱ桜でお話して6年ぶりです。

残念ながらホームページは閉じられてしまった。
時事問題を独自の視点で書かれていた。
楽しみにしていたが残念だった。

しかしながら、お元気そうなので少しだけ安心したかな。

もう少しゆっくりとお話しできればよかったな~



















f0236776_02595617.jpg
f0236776_02595912.jpg
f0236776_03041756.jpg
f0236776_03025342.jpg
f0236776_03001922.jpg



早朝の約束をすっぽかしてしまいました。
nittokuさん・shuさん

ごめんなさい・・・
また誘ってくださいね。

曇り空の日曜日でしたが午後からアチコチ廻ってみました。








by rato-yamato | 2016-04-04 03:10 | Trackback | Comments(7)
2016年 01月 27日
菜の花
菜の花といえば春の花。

そう、春の日差しの元で眩しく輝く黄色。
そして花から花へと蜜蜂が飛び回る。

でも今は冬真っ盛り。
春はまだ遠いと思っていた。












      1月20日


f0236776_20565867.jpg












       1月24日


f0236776_20574419.jpg
f0236776_20574217.jpg





        1月27日

f0236776_21023689.jpg
f0236776_21023908.jpg

山の辺の菜の花は終わろうとしています。
昨年までの菜の花畑は肥料がてんこ盛りになって休耕している。

一段下の畑に広がる黄色い世界に目を奪われた。
向こうには金剛葛城と二上山。

大和平野南部を象徴する景色だと思う。









by rato-yamato | 2016-01-27 21:31 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 12日
いちごハウスと夕焼け小焼け
どれくらい待ったでしょうか。
なにを?

他でもない・・・
ハウスに灯りが点るのをですよ。





※マスイさん この写真にツッコまないでください・・・
(^^ゞ
















f0236776_22332805.jpg
f0236776_22332563.jpg
f0236776_22332165.jpg
f0236776_22333487.jpg


by rato-yamato | 2016-01-12 22:42 | Trackback | Comments(9)