タグ:十津川村 ( 32 ) タグの人気記事

2017年 11月 27日
仲間たち in syakagatake


















f0236776_21185658.jpg
f0236776_21185293.jpg
f0236776_21184843.jpg
f0236776_21184432.jpg
f0236776_21183979.jpg
f0236776_21183407.jpg
f0236776_21183002.jpg
f0236776_21182558.jpg
f0236776_21182143.jpg
f0236776_21190217.jpg


by rato-yamato | 2017-11-27 21:27 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 21日
冬山を下りたら・・・そこは秋だった
ほんの2時間ほど前は爆風と雪と氷の山頂にいたなんて信じられない。


いや、たしかに気温は低いです。
車載の温度計は0℃付近を差しています。
そして爆風の山頂よりも体感的には寒く感じたりします。


でも紅葉真っ盛り!








f0236776_18540336.jpg
f0236776_18541032.jpg
f0236776_18542146.jpg
f0236776_18542948.jpg
f0236776_18543861.jpg
f0236776_18550955.jpg
f0236776_18551944.jpg
f0236776_18552310.jpg


最後は下市町唐戸光台寺
楓と木蓮の紅葉が見事でした。

季節外れの寒波が続いています。
大峰台高は雪景色になりました。

でも仕事なので出られません・・・




by rato-yamato | 2017-11-21 19:04 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 20日
雪と氷の釈迦ヶ岳
天気予報なんか当てにしない・・・

なんて思っていましたが、予報通りの天候でした。(笑)
登山口から霧氷です。
風は当然のように爆風。
さらに雪が降り続いています。

引き返すことも視野に入れて登ります。


釈迦ヶ岳初登頂の友人にお釈迦さまを見てもらうために眺望なしは覚悟で登ります。















下の紅葉が残っていたら・・・
青空だったら・・・

最高でした(笑)

f0236776_18111933.jpg
f0236776_18112985.jpg
f0236776_18114279.jpg
f0236776_18114733.jpg
f0236776_18124481.jpg
f0236776_18125552.jpg
f0236776_18130171.jpg
f0236776_18130960.jpg
f0236776_18131874.jpg
f0236776_18134000.jpg
f0236776_18135605.jpg
f0236776_18140326.jpg






千丈平でお昼ごはんです。
登山道の脇なので登山者の注目を浴びながらの食事もいいものです(^^)

お腹がいっぱいになったら一目散に下山です。


登山口に戻って車載の温度計を見たらお昼を過ぎても氷点下・・・
寒いはずや~


by rato-yamato | 2017-11-20 00:10 | Trackback | Comments(4)
2017年 08月 17日
釈迦ヶ岳 番外編
道中の様子などをアップしてみます。














日曜日の午後は夏雲でした。


f0236776_19010553.jpg










ちょっぴり秋の気配が・・・
f0236776_19010241.jpg


















トリカブトが咲き始めると夏は終わりです。
f0236776_19005441.jpg












相変わらず、ここの鹿は人を怖がらない。
テント場でも寄ってくる。
f0236776_19005157.jpg













何の木でしょう?
f0236776_19004868.jpg
f0236776_19004513.jpg















水蒸気たっぷりの午後です。
f0236776_19004251.jpg
f0236776_19003615.jpg
f0236776_19003334.jpg












釈迦ヶ岳登山道のシンボル? 大日岳

f0236776_19002312.jpg









そしてお釈迦さまをアップで。
f0236776_19001709.jpg













夜の七面山
f0236776_19001139.jpg














東から月が出ました。
星の撮影は終了かな・・・
f0236776_19000017.jpg












西側は大阪平野。
雲の下には何百万人が暮らしている。
朝まで灯りは絶えない。
f0236776_18595733.jpg






これで釈迦ヶ岳テント泊の記事はおしまいです。
前回のリベンジが少しはできたかな?


また休みが取れたらどこかへテントを担いで登ろう。






by rato-yamato | 2017-08-17 00:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 16日
釈迦ヶ岳 ガスは晴れていく
高い位置の雲(ガス)は朝日に照らされて消えていきます。
でも遠くの谷の雲海はいつまでも残っている。


七面山方面の谷から仏生ヶ岳、孔雀岳を越えていたガスは徐々に薄れてきた。
朝日はますます力強く釈迦ヶ岳を照らします。

広がる雲は秋の気配でした。





着ていたシェルを脱ぐ頃には西側に釈迦ヶ岳の影が伸びていた。 











f0236776_19010508.jpg
f0236776_19005994.jpg
f0236776_19005649.jpg
f0236776_19005122.jpg
f0236776_19004895.jpg
f0236776_19003102.jpg
f0236776_19002712.jpg
f0236776_19002499.jpg
f0236776_19002196.jpg





初日の夕景は残念でしたが・・・
星も見られたし、朝の風景も見られたし。

まずまずのテント泊だったかな?
ただ、見たままの絶景を写真にして皆様に届けられないのが悔しい。

写真って難しいです。




by rato-yamato | 2017-08-16 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日
釈迦ヶ岳 日出づる処
8月14日夜明け


今日も大峰上空は風が強い。
稜線に当たった風は雲となって越えていく。

次から次へと・・・
とどまるところを知らない。
やがて朝日が雲を染め始める。


一日の始まり。











f0236776_20083287.jpg
f0236776_20082371.jpg
f0236776_20082089.jpg
f0236776_20081708.jpg
f0236776_20081442.jpg
f0236776_20081025.jpg
f0236776_20080700.jpg
f0236776_20080278.jpg
f0236776_20075886.jpg


by rato-yamato | 2017-08-15 00:05 | Trackback | Comments(4)
2017年 08月 14日
大峰や 釈迦によこたう 天の川
13日、14日とテント泊でした。


どこにするか迷ったのですが・・・
前回の釈迦ヶ岳テント泊で夜更けからの暴風雨に会い
早朝からの強制下山を余儀なくされた悔しさからリベンジに向かいました。


水場があるのも理由のひとつです。

ただテント場から釈迦ヶ岳山頂まで、けっこうな急登です。
食後すぐの登りはゲロ吐きそうになります。

夕景、星空、朝焼け・・・と数時間に3回も往復したら、ちょっとしんどいです(笑)













夕景は残念でした。
濃い霧で視界ゼロ。
辛うじて東側が薄く色づきましたがそれで終わり。
f0236776_13380006.jpg













やがて霧は流れて満点の星空に・・・
流星が1個だけ写りました。
f0236776_13375716.jpg
f0236776_13375472.jpg
f0236776_13375286.jpg
f0236776_13374948.jpg
f0236776_13374583.jpg
f0236776_13374171.jpg







2時間ぐらい山頂で遊んでいました。
さぁ、朝日にそなえてテントに戻ります。

4時間は寝られる。


続きます。


by rato-yamato | 2017-08-14 13:49 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 19日
スマホ写真でごめんなさい・・・
今回の山行きでは往路はカメラはザックの中でした。


なぜ?


う~ん、上手くいえませんけど。
目的の撮影が達成できますように・・・というオマジナイみたいな(笑)

途中の景色は封印してでも目的を達成したかった。
ですからスマホでしか撮らなかった。




最近のスマホはよく写るしな~
なんて思っていましたが・・・所詮はスマホ。

やはり思うようには撮れません。







ハナムグリがバイケイソウに取り付いてます。
毒は平気なのかな?
f0236776_21074221.jpg
f0236776_21080691.jpg













蝶々の名前がわからない・・・
f0236776_21073574.jpg












バイケイソウの花が満開。
f0236776_21073105.jpg
















釈迦ヶ岳登山でこのあたりの風景がいいですよね。
f0236776_21072259.jpg
f0236776_21071840.jpg
↑の人は無関係です。

















ド~ンと釈迦ヶ岳と大日岳。
f0236776_21070782.jpg















立ち枯れが絵になるな~
f0236776_21070491.jpg
f0236776_21065931.jpg
f0236776_21065318.jpg










どんどん高度を上げていきます。
といっても釈迦ヶ岳は急登がありません。









鹿と赤とんぼ
f0236776_21064657.jpg
f0236776_21063251.jpg
f0236776_21062968.jpg
f0236776_21061885.jpg









千丈平に到着です。
まずは水の確認です。
f0236776_21060935.jpg
今日も潤沢に出ています。











食事用の水を確保(^_-)
f0236776_21060630.jpg
f0236776_21060327.jpg
冷たいからすぐに結露します。














さっそくテントの設営です。
DUNLOPのテントは吊り下げ式なので強風下でも簡単に張れますよ。
f0236776_21055961.jpg









ザックも下ろしましょう。
くっそ重いわ~
f0236776_21054948.jpg





さぁ、ここから夕暮れまで時間を持て余します(笑)
昼寝するしかないですね~(^_^;)










by rato-yamato | 2017-07-19 21:26 | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 18日
釈迦ヶ岳夕景 光と影
光が当たるものには必ず影ができる。



陰と陽・・・

光が当たらなければ物体は見えない。







夕日が織りなすドラマが始まった。










後ろを返れば釈迦ヶ岳の影
どこまで伸びるか見ていたかったが・・・それは無理。
f0236776_18313489.jpg












シロヤシオはすでに赤く色付いているように見える。
f0236776_18310502.jpg
f0236776_18305579.jpg
f0236776_18303908.jpg












この日は水蒸気がたっぷり。
夕日に照らされてどんどん見通しが悪くなる。
f0236776_18294165.jpg








積乱雲が崩れて空高くたなびいた。
f0236776_18293026.jpg









そして夕日は地平線の雲の中に隠れてしまった。
f0236776_18292892.jpg







待つこと数分
東側からピンクに染まりだす。
f0236776_18290813.jpg
f0236776_18283167.jpg
f0236776_18282831.jpg

f0236776_18282568.jpg




十数分の短いドラマが終わる頃には辺りは真っ暗・・・
途中から寒くて持ってきたシェルを着込んでいた。
ヘッデンを点灯させてテントまで下る。

テントに戻ると木々の間には星が輝いていた。
少し仮眠してから星の撮影だ・・・と思っていたが。

目覚めるとテントの周囲は深い霧。
おまけに暴風。

朝方には雨がテントを叩く。

星と朝景の撮影は次回に持ち越しです。
そうそう上手くは行かないものです。





少しだけ道具のことも書いてみます(^_^;)


テント泊用の大型ザックはOSPREY atmos AG65 (65リットル)
撮影機材を含むと何kgになるでしょう。
計ったところで軽くなるわけでもないから正確にはわかりません(笑)
f0236776_18512945.jpg




テントはDUNLOP VS20(2人用です)

1人なら2人用を2人なら3人用をとか言いますけど?
どうなんでしょうね(^_-)
f0236776_18515143.jpg
そこにキヤノン EOS(フルサイズ)一台と交換レンズ
ベルボンの三脚とフィルター類やバッテリーの予備・・・

普通の登山者より数キロは重いか?



まぁ、こんな感じで登山してます。


by rato-yamato | 2017-07-18 19:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 17日
釈迦ヶ岳夕景 (1)
昨年の7月にフォトクラブ大峰の「narakuma」さんに、そそのかされて弥山・八経ヶ岳に登ったのがキッカケでした。

それまでは冬の霧氷を撮りたいためだけに山に登っていた。
登山は写真の手段でしかありませんでした。
ですから本格的な登山の装備は皆無でした。


なのに1年で単独のテント泊をするとは夢にも思わなかった。




これもひとえにフォトクラブ大峰の皆様方の教育的指導の賜物だと実感しております(笑)



今回の目的は山頂からの夕景・星(天の川)・朝景です。
テントを設営して仮眠した。
じつは時間配分を間違えて到着が早すぎたので寝ることにした(笑)

虫がいっぱいなのでテントを開けて寝られない。



夕日が傾きかけたころに撮影機材だけを持って山頂に登ります。






f0236776_14093731.jpg
f0236776_14093482.jpg
f0236776_14093288.jpg
f0236776_14092974.jpg
f0236776_14092725.jpg
f0236776_14092349.jpg
f0236776_14092039.jpg
f0236776_14091738.jpg




徐々に太陽は傾き、色温度が変わっていきます。
山々の向こうには積乱雲が見えます。

平地ではお盆頃に見られる赤とんぼが乱舞している。
一ヶ月前にあれだけうるさかったエゾハルゼミの鳴き声がしない。

笹原には秋の虫の大合唱。


続きます・・・





by rato-yamato | 2017-07-17 17:31 | Trackback | Comments(10)