タグ:上北山村 ( 136 ) タグの人気記事

2017年 06月 11日
大普賢岳
ハシゴの連続とシロヤシオと名残りのシャクナゲ、イワカガミと霧の大普賢岳(^_-)




ke-nさんのお誘いで大普賢岳に登ってきました。



去年もそうだったんですが、この時期になると左の股関節から大腿骨にかけて違和感が出ます。
筋が張ってるような感じで足が思うように上がりません。



それでも日頃の登山が功を奏したのか、今日はなんとか無事に下山できました。
去年は大普賢岳の下山中に左足が痙攣したのです・・・









山頂では東側の谷から霧が湧いて大普賢岳の稜線を越えようとしますが
西側には、ほとんど越えることはなかったです。
















やっぱ、大普賢岳はカッコイイな~
f0236776_17190105.jpg











チラッと大普賢岳の山頂だけ見えてます。
f0236776_17003141.jpg











こちらは小普賢岳
f0236776_17191512.jpg
f0236776_17194229.jpg




まだまだツボミ多しでした。



たぶん明日に続きます・・・・











by rato-yamato | 2017-06-11 18:32 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 30日
奥駈薫風
本当なら夜明け前に行ってみたかった・・・



繁忙期である5月は休日が少ない。
テント泊はおろか山に入る回数も限られる。
山はお花で色とりどりだというのに。

この日も友は夜明け前からアタックしたようです。

その3時間もあとから追いかけたが追いつくわけがない。




朝の奥駈道は寒さと強風で震えた。
登りで暖まった体が急速に冷える。
登山だけが目的なら、このまま薄着でGOなのだが・・・

写真撮影のために立ち止まると上着が必要。




















やはり大普賢岳はかっこええな~
f0236776_20031773.jpg

f0236776_20031369.jpg













弥山・八経ヶ岳が手にとるように。八経ヶ岳には雲がかかっている。
f0236776_20031079.jpg
f0236776_20030617.jpg
f0236776_20030151.jpg
f0236776_20025817.jpg
f0236776_20025578.jpg

R309の90番より奥駈道に上がりました。
登山地図に記載はありませんが踏み跡は明瞭で迷うことはありません。



YAMAP ratoの活動記録 を参照してください。

所要時間は普通の登山家の1.5倍ほどでしょうか。
立ち止まり撮影する時間、景色にみとれる時間(笑)

なかなか進めません・・・




明日に続きます。


by rato-yamato | 2017-05-30 20:27 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 14日
かくれ滝
なかなか落差の大きい立派な滝でした。

アクセスが良くないので訪れる人は少ないかな。
この日も連休最後の好天でしたが静かでした。

総勢7名が国道の路肩でお昼ごはんを食べる図を想像してみてください。
国道といっても酷道ですけどね(笑)
野鳥の声と渓流の音が食欲を増してくれますよ。












f0236776_21160656.jpg
f0236776_21160202.jpg
f0236776_21155858.jpg
f0236776_21154978.jpg
f0236776_21153321.jpg





これにて、今年のGWの記事は終了です。


こんなに遊んで動いたGWは久しぶりです。
お陰さまで疲れが抜けきらない。




by rato-yamato | 2017-05-14 16:28 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日
ヒメレンゲ? マンネングサ? 
千尋の滝

近年に遊歩道が整備されて簡単に行けるようになったとか。
それでも、ここに来るまでの道のりは簡単ではありません。

よほどの絶景が待っていれば苦になりませんけどね。







さて・・・





ヒメレンゲとマンネングサ

私には区別できません。
同じマンネングサ属なので似ていて当然といえば当然です。

名前でずいぶんと印象が違います。


マンネングサが気の毒です(笑)






f0236776_20444569.jpg
f0236776_20445515.jpg
f0236776_20444857.jpg
f0236776_20444125.jpg
f0236776_20443840.jpg
f0236776_20450082.jpg
f0236776_20445800.jpg




by rato-yamato | 2017-05-12 20:51 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 11日
又剣山 もう下山します・・・
西の大峰山脈や東の台高山脈はよく晴れています。



ところが何の因果か私たちの歩いている竜口尾根だけ雲の下。
しかも暴風で飛ばされそう。



さぁ、下山しましょ!


ねぇ、55さん(笑)
















f0236776_19003396.jpg
f0236776_19002556.jpg
f0236776_19001984.jpg
f0236776_19001642.jpg
f0236776_19001412.jpg
f0236776_19001143.jpg
f0236776_19000960.jpg
f0236776_19000597.jpg





大普賢から始まって釈迦ヶ岳まで見渡せるポイントはここだけでしょうか。
弥山や八経ヶ岳には残雪が見られます。

日陰の登山道はぐちゃぐちゃの雪があったりするのかな?





by rato-yamato | 2017-05-11 19:08 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日
暴風の又剣山
まだまだ春は遠かった。

気温は低く、風は強い。
芽吹きもこれからです。
















f0236776_13043850.jpg
f0236776_13043469.jpg
f0236776_13043267.jpg
f0236776_13042920.jpg
f0236776_13042668.jpg
f0236776_13042378.jpg
f0236776_13042091.jpg
f0236776_13041695.jpg
f0236776_13041312.jpg


by rato-yamato | 2017-05-10 13:06 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 02日
雲海
ドラマチックでした。



こんな場面でも落ち着いて撮れないと、ほんとうの意味での写真家ではないのかも。
ちなみに私はどうしていいか・・・わかりませんでした(笑)















北側にたっぷりと溜まった雲海は飽和点に達すると稜線を越え始めました。
気温は氷点下です。
雲海が通ったところには霧氷ができています。


しかし、ここから離れられませんでした。
霧氷なんか、これからいくらでも撮れる。

こんな雲海はお目にかかれないぞ・・・





霧氷を撮らなかった理由は他にもあります。
本当はそのほうが大きな要因だったのかもしれません。

え?
それじゃ、わからない?

はい、会ったときに話しましょう。
f0236776_19171739.jpg
f0236776_19171112.jpg
f0236776_19170759.jpg
f0236776_19170338.jpg
f0236776_19170050.jpg
f0236776_19165489.jpg
f0236776_19164805.jpg
f0236776_19164362.jpg






同じような写真ばかりになってしまいました。


 

さて、このような雲海のときは雲の中に虹色が見えます。
彩雲の原理と同じなんでしょうか?
私にはわかりません・・・






これは先月です。
f0236776_19173996.jpg







そして今回です。
f0236776_19174301.jpg




虹色がわかります?









by rato-yamato | 2016-12-02 20:16 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 01日
夜明け
星たちが眠りについたあとは朝日が主役です。



雲を染め、大気を温め、山々を照らし。
一日が始まります。



















f0236776_19585724.jpg
f0236776_19590151.jpg
f0236776_19590542.jpg
f0236776_19591401.jpg
f0236776_19591910.jpg





雲海が稜線を越えてきました。

気温は氷点下なので雲が通過した後には霧氷ができます。
できているはずです。

しかし、この日はあえてここから動きませんでした。
言い訳じゃないけど霧氷ならいつでも撮れる。

でも、この日の雲海はドラマチックでした。

釘付けになるだけの魅力があった。
ブログに動画が貼れないのが残念です・・・






by rato-yamato | 2016-12-01 18:52 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 30日
夜明け前
ひとつ、またひとつ・・・

星たちが消えてゆく。
眠りにつく星たちを見ていた。

オリオンが西の地平線に沈むころ。
東の地平線がオレンジに染まった。


北の空には北斗七星が横たわる。





最後まで輝いていた星の名前がわからない。




















f0236776_17042931.jpg
f0236776_17042470.jpg
f0236776_17042188.jpg
f0236776_17093460.jpg










by rato-yamato | 2016-11-30 17:12 | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 23日
五里霧中
何かに対して意地になってしまう事ってありませんか。


それが良い意味でも悪い意味でも・・・ 
今の私がそれなんです。

霧の中を進んでいるような。
出口が見えない。
行きたい方向はしっかりと理解しているつもり。

でも出口が見えない。

意地になってしまう。

















f0236776_16274724.jpg
f0236776_16274304.jpg
f0236776_16273359.jpg
f0236776_16272423.jpg
f0236776_16272098.jpg
f0236776_16271878.jpg
f0236776_16271509.jpg
f0236776_16271204.jpg
f0236776_16270978.jpg





by rato-yamato | 2016-11-23 16:31 | Trackback | Comments(0)