タグ:ペットのお話 ( 45 ) タグの人気記事

2017年 04月 10日
どうも、DAM(だむ)で~す
rato家の13匹目の末っ子です。



昨年の12月にrato家にやってきました。
というか天理ダムで彷徨っているところを保護されました。
だからDAMって名付けられました。

なんて無責任な名付け方や~

来たときは栄養失調で餓死寸前やったらしい・・・
覚えてないねんけど。


無事に避妊手術も終えて少し大きくなりましたよ。




相変わらず先住の先輩たちからは煙たがられてるみたい。
遊びたいだけやのにな~

外の世界も気になるけど・・・
いまはおうちの中が一番安心かな。















f0236776_19562536.jpg
f0236776_19563272.jpg
f0236776_19561182.jpg
f0236776_19560475.jpg
f0236776_19555544.jpg
f0236776_19555250.jpg
f0236776_19554859.jpg
f0236776_19554580.jpg
f0236776_19554149.jpg
f0236776_19565897.jpg


呆れて見ている『まるこ』です。


今日は風が強くて肌寒い日でした。
明日の雨で平地の桜は終わりかな~

やれやれ、桜が散ったらホッとするのはratoだけかな?







by rato-yamato | 2017-04-10 20:12 | Trackback | Comments(4)
2017年 01月 09日
猫との暮らし
最初の猫が我が家にやってきてから四半世紀が過ぎました。



その間は出会っては別れを繰り返し、保護した猫は数知れない。
我が家で天寿を全うした猫。
いつの間にか帰ってこなくなった猫。
事故で亡くなった猫。
我が家以外にもらわれていった猫。


ほんとに数知れない。






早朝の撮影から帰宅すると窓際のぬくもりを求めて何匹かの猫たちが日向ぼっこ。




f0236776_09314848.jpg





一番左は「ゴン太」女の子ですよ(笑)

彼女がやってきたときの記事は➔こちら
後日談は➔こちら



真ん中は「マルちゃん」または「マルコ」

彼女がやってきたときの記事は➔こちら





右端は「くりぼう」

超重量級です。
彼がやってきたときの記事は➔こちら





さぁ、明日からこいつらの飯代を稼ぎに行きます・・・(笑)







by rato-yamato | 2017-01-09 09:40 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 16日
DAMです・・・
カラオケではありません。



先月のこと。
長男が近くの天理ダムで保護したからダム(DAM)です。
我が家の命名はいつもこんな感じ(笑)



13匹目の末っ子です。



性格は悪魔のようですね。
怖いもの知らずで先輩の猫たちにチョッカイ出しまくり(笑)


もしかしたら嫌われ者になるかも。






獣医で検査をしましたが病気は持っていないようです。





よく遊び・・・
よく寝て・・・
ウンコして・・・
オナラして・・・(クサイよ~)

大きくなりました。









f0236776_22355757.jpg
f0236776_22355373.jpg







そのうち、家族を全部、紹介しますね(笑)
13匹の集合写真はたぶん不可能かと思うけど。
















by rato-yamato | 2016-12-16 22:39 | Trackback | Comments(6)
2016年 09月 02日
Forever the memories
犬と猫のいる暮らしが始まって二十数年が経ちました。


今は猫が12匹です。
犬はいません。

ペットロスです。
こんなことは初めてです。

帰宅するといつも犬が迎えてくれます。
迎えてくれました。




20年ほど家族旅行には行っていません。
家を留守にすることはできませんでした。
でも、そのことを辛いと思ったことはありません。
(まぁ、私だけはスキーに行ってましたけど・・・)





















f0236776_21002999.jpg
f0236776_21002777.jpg
f0236776_21002420.jpg
f0236776_21002246.jpg
f0236776_21002072.jpg
f0236776_21143823.jpg
f0236776_21203206.jpg
f0236776_21242308.jpg




いつまでも忘れない。


捨てられた犬や猫に何の罪もありません。
我が家で天寿を全うすることが幸せなのか・・・それはわからない。
しかし、少なくとも野良犬・野良猫で生涯を終えるよりは良かったと信じたい。


いままで、我が家で暮らした全ての生き物にありがとう。
あなたにありがとう。






ちょっと写真を撮りたいという意欲がありません。
困ったことです。
稲穂がきれいな時なんですけど・・・

いつも見に来ていただきありがとうございます。



by rato-yamato | 2016-09-02 21:31 | Trackback
2016年 07月 13日
夏の庭で (去年の猫たち)
少し前までは、それぞれが庭で涼しい場所を選んでくつろいでいた猫たち。

今は諸事情で家に閉じ込めなければならなくなった。
もう庭を走り回る猫たちを見ることはなくなった。

この今の暮らしが猫たちにとってベストだとは思わない。










f0236776_15403524.jpg
f0236776_15403367.jpg
f0236776_15403128.jpg
f0236776_15402863.jpg
f0236776_15402558.jpg





3匹の犬は順に天寿を全うする。
犬がいなくなって初めて犬という存在に気づいた。
家内は猫は子供たちだが犬は友だちだと言う。

猫は13匹から12匹になった。
1匹は保護した時から猫エイズ「猫後天性免疫不全症候群」に感染していたようで介護の甲斐なく・・・



そんなこんなで我が家の蒸し暑く猫の毛にまみれた暮らしは当分のあいだ続くでしょう。














by rato-yamato | 2016-07-13 20:29 | Trackback | Comments(10)
2015年 11月 23日
それは一通の回覧板から始まった
つぶやきです。
興味ない方はスルー願います。




今・・・我が家には13匹の猫と1匹の犬がいます。
外出を自由にしていた我が家の責任です。
少なからず、ご近所に迷惑をかけていたようです。

鳴き声、糞尿、吐き戻し・・・

さらには餌だけ食べに来るノラ猫たち。
餌をやる以上は飼っているのと同じ。
ご近所にかけたご迷惑は我が家の責任です。





自治会長からの回覧板には、こう書かれていた。

「飼猫は敷地内で飼え」
「首輪をつけろ」
「ノラ猫に餌をやるな」

はい、すべて我が家に対する苦情です。





このままでは餌を食べにだけやってくる猫たちは市に通告され殺処分されるかもしれない。
捕獲用のオリを借りて保護作戦が始まります。
3匹の猫を保護しました。

1匹のオスはケンカで首に大怪我をしていました。
獣医で13針縫いました。

あと2匹はまったく人を寄せつけません。
時間がかかりそうです。


もう1匹だけ保護できません。
でも、その子は怖がりなので他所様の家で迷惑をかけたりはしていないと思われます。


我が家の人間のスペースがなくなりました。
寝る所だけは・・・なんとかあります。
























f0236776_07302765.jpg
f0236776_07300565.jpg
f0236776_07293833.jpg
f0236776_07292233.jpg
f0236776_07291960.jpg
f0236776_07291679.jpg
f0236776_07291378.jpg
f0236776_07291086.jpg
f0236776_07290749.jpg
f0236776_07290075.jpg
f0236776_07285739.jpg
f0236776_07285355.jpg
f0236776_07285050.jpg





最後のケガをして保護した猫は回復しました。
傷口が広がって化膿してしまったのですが獣医と家内の努力で今は元気です。

そんなこんなで家族旅行とは無縁です。
大好きだったスキーも5年以上行けていません・・・
まぁ、それは別に構わないんですけどね。

最近は屋内で飼うことに慣れてきました。
ただ・・・すべての猫同士が仲良しでは無いことが手間のかかる要因です。
最初から一緒に住んでいたわけではありませんから確執が拭えません。

最終手段は引っ越しです。

ご近所に気兼ねなく猫たち犬たちを飼える場所、環境を探しています。
自分が仕事をリタイヤすれば選択肢はもっと広がりますが・・・
今は条件が厳しすぎます。




最後にお願いです。

捨て猫、迷い猫、ノラ猫に慈悲を・・・
すべて人間の責任です。




by rato-yamato | 2015-11-23 06:05 | Trackback
2015年 04月 22日
今日のネコ
日差しがたっぷりと庭に差し込みました。



春から初夏へと移り変わる時です。
皆さんは春を満喫されましたか?

いやいや、これから満喫するんだ!という方もおられるでしょうか。

ratoの春は短かったです。
















f0236776_16101129.jpg
f0236776_16374959.jpg
f0236776_16100787.jpg
f0236776_16100543.jpg
f0236776_16100287.jpg
f0236776_16095868.jpg
f0236776_16095559.jpg
f0236776_16094928.jpg
f0236776_16094729.jpg
f0236776_16094566.jpg
f0236776_16094321.jpg









by rato-yamato | 2015-04-22 16:11 | Trackback | Comments(4)
2014年 12月 22日
半年が過ぎました・・・
6月のある日

ひょんな事で子猫を保護してから早いもので半年が過ぎました。
我が家の11匹目の猫となって子猫から成猫になりました。

水曜日に予約してある動物病院で避妊手術をします。




避妊については賛否あるでしょう。
この子の場合は私が貰い受けなければ殺処分されています。
この子の生命は無駄になってしまうのです。

これ以上生命を無駄にしないために我が家が保護したすべての猫には
オスは去勢手術をメスは避妊手術をします。

それから、ちょっとだけ言わせてください。



本当に生き物が好きで犬や猫を飼ってみたいと思うなら
お金を払ってペットショップから買うのではなく愛護施設やシェルターなどから譲り受けてください。

一年に20万匹の猫が殺処分されています。

本当に生き物が好きなら・・・



どうぞお願いします。









12月21日(日曜日)撮影
f0236776_22535928.jpg

f0236776_22533737.jpg

f0236776_22533031.jpg

f0236776_22532763.jpg









ちなみに・・・
保護した日(6月3日)
f0236776_22581595.jpg


f0236776_22575577.jpg







三日後

f0236776_2259226.jpg










今年の更新はこれで最後かな~
もう一回ぐらいはできるかな~

by rato-yamato | 2014-12-22 23:03 | Trackback(1) | Comments(6)
2014年 09月 12日
おてんば娘はもうすぐ年頃?
紅葉が始まる頃には避妊手術をしようと思います。



部屋に閉じ込めて飼うのなら避妊や去勢は不要でしょう。
そのほうが猫たちにとっても自然なのは理解しています。
発情のストレスが無くなり運動量が減ると、どうしても肥満傾向になります。

まぁ、それは飼い主がコントロールしていかなくてはならないことでしょう。





付け加えれば・・・猫は肥満傾向にあるほうが可愛いと思いませんか?









f0236776_21513417.jpg

f0236776_2151020.jpg

f0236776_21505415.jpg

f0236776_21504920.jpg











我が家にやってきた日
f0236776_2155298.jpg




ずいぶんと顔が変わってきました。
目とマズルの間のストップ(くぼみ)が少ないので可愛さが半減した?

う~ん

ちょっと、べっぴんさんからランクが落ちたかな?

by rato-yamato | 2014-09-12 22:11 | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 20日
さだめ
つぶやきです。
長文ですので、興味ない方はスルーしてください。
撮影していません。
写真はありません。

m(__)m





運命と書いて【さだめ】と読ませる場合があります。
しかし、【さだめ】は本来は【定め】です。





皆さんの周囲に起こる出来事は偶然と必然のどちらだと思いますか?
自分がこの世に生まれてきたのは偶然ですか?
学校で職場で家庭で・・・
いつも誰かと顔を合わせてしゃべっています。

これは偶然ですか?




ratoはすべて必然であると感じています。
極論を言えば、世の中はすべて必然です。

物事は起こるべくして起こるのです。






6月3日に一匹の子猫を保護したことはこの日の記事で書きました。

あれから、あちこちに里親募集をしましたが、今も我が家の一員です。
問題のあった既存の猫たちとは徐々に打ち解けつつあります。



先週のことです。
子猫を保護したお得意さんの店長から後日談を聞きました。

◯◯さん、実はね~ 子猫がもう一匹いたんですよ。
微かに鳴き声がするような気がしていたんですが・・・
聞こえなくなったので気のせいかと思っていたんですが
しばらくして異臭がするので再び壁を取り外したんです。

そしたらね、死んでたんです・・・。






唖然としました。
なぜ、その時に気づかなかったのか。
なぜ、助けてあげられなかったのか。


運命ですね。

助けられて、何不自由なく育っていく子猫・・・
鳴くこともできなくなって死んでいく子猫・・・

考えさせられました。

人間の都合だけで助けたり捨てたり。

捨てるのは愚行です。
最低な行為です。

助けて育てるのはどうでしょう?




答えは出ませんでした。








   これは保護した直後の緊張した顔
f0236776_113379.jpg

f0236776_1133641.jpg

f0236776_1133395.jpg

f0236776_1133050.jpg

f0236776_11325735.jpg

f0236776_1132549.jpg


    最後は7月16日




もう中猫ですね。
今は外の世界が気になって仕方がない。

少しずつ探検しています。

by rato-yamato | 2014-07-20 11:36 | Trackback | Comments(4)