タグ:その他 ( 131 ) タグの人気記事

2011年 01月 15日
写真は死んでいくのか
先日の「朝日新聞グローブ55号」の表題です。

これを見たときから私は「何か言いたいな~」と思っていた。

私より先にいつもお世話になっているnalove-kemさんがブログでとりあげたのでコメントはしたものの

やはり、こちらでも書いておきたかったので・・・。



この記事をグローブに書いた人はデジタルになって、真実を写すはずの「写真」は

茫漠(ぼうばく)たる「画像」の海に沈んでいるようだ・・・と綴っている。

写真は輝きを取り戻せるのか。とも書いている。



そうだろうか。

「茫漠」ってなんだ?

辞書によると、1  広々としてとりとめのないさま。「―たる砂漠地帯」
         2  はっきりしないさま。「―とした話」

よくわからない・・・言ってることが。

デジタルだろうが、なんだろうが写真は写真。

たぶん画像処理で現実離れして真実ではないと言いたいのだろうか?



しかしながらフィルムの時代だって、風景写真家が好んで使っていたフィルムのひとつにフジクローム「Velvia50」がある。

これなんか高発色、高コントラストの象徴だ。

決して現実では無い世界を描き出す。

デジタルになってからも現像ソフトには「ベルビア調」とか「ベルビア風」とかの設定があるくらいだ。




デジタルだから・・・PCで後処理をするから・・・そんなことは関係ない。

フィルムにはフィルムの豊かな諧調表現が、デジタルにはデジタルにしか出来ない高感度があって

それぞれが住み分けていけば良いんではないか。




最後に写真は今も昔も輝いています。

取り戻さなくても輝いています。

決して写真は死にません!






f0236776_2251143.jpg

f0236776_22505687.jpg

f0236776_22505363.jpg

f0236776_22504719.jpg




わけのわからない話題にお付き合いいただいてすみませんm(__)m

明日はこの冬一番の寒波がやってきます。

奈良の最高気温は2℃の予報です。

センター試験の受験生諸君!頑張れ!

by rato-yamato | 2011-01-15 22:55 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 03日
過去画像で巡る大和路
ネタ切れです・・・

在庫から少々。




2008年冬
雪が積もると喜び勇んで出かけます。
f0236776_20155822.jpg






2008年冬
冬至近辺になると二月堂から興福寺の塔と夕日が撮れます。
f0236776_20155441.jpg




2008年秋
今年は行けなかった曽爾高原。
f0236776_20155139.jpg






2008年秋
室生寺の鎧坂は手すりが出来てしまって写真的には面白くなくなった。
こんなふうに書くと、いつもカメラマンは利己主義だと叱られる。
f0236776_20154721.jpg






2004年秋
おなじみの二月堂裏参道。
EOS10Dで撮影。初期のDIGICの色味と1.8インチの液晶が懐かしい。
f0236776_20154331.jpg






この2枚は今年の秋。
f0236776_20153945.jpg

f0236776_20153326.jpg



今朝は暖かい朝だった。

お昼頃に関西を寒冷前線が通過して一気に風向きが変わった。

西風が強くて飛ばされそうだった。

by rato-yamato | 2010-12-03 20:32 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 18日
あれこれ・・・
あっちこっちの写真を載せますね。

リアルタイムではありませんのでご容赦ください。



f0236776_23183466.jpg





EF24-105ズームはボケ味が今ひとつ良くないかな。
でも開放から中心部は切れ味抜群。
ネットの評判はあまり良くないけど私的には充分だと思うのだが・・・。
f0236776_23183091.jpg

f0236776_23182822.jpg




久しぶりに虹に出会った。
本当に久しぶりに見たような気がする。
f0236776_23182554.jpg

f0236776_23182394.jpg

f0236776_23181822.jpg



明朝の大和路は冷え込むようです。

by rato-yamato | 2010-11-18 23:25 | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 25日
ボケ味

ピントが合っていないところにも表現(味)を求める日本人の美意識。

しかし、主たる被写体にはピントが合っていること。

どこにもピントが合っていないのは、たんなる「ピンボケ」

でも、ピンボケもうまく使うと面白い写真になったりする。

イルミネーションや花火など・・・。



大きくぼかすには、

     1、明るいレンズ。
     2、望遠レンズ。
     3、被写体に近寄る。

全ての条件が揃うのは望遠マクロレンズかな。


f0236776_21531862.jpg

f0236776_21531359.jpg

f0236776_2153656.jpg

f0236776_2153171.jpg

f0236776_21525440.jpg

f0236776_21524837.jpg

f0236776_21524227.jpg



私は元来パンフォーカスを好んでいた。

風景の場合は絞り込んで画面全体にピントがくるように。

でもこのレンズを持つと、ついつい開放で撮りたくなる。

1.2mまで寄れるのもうれしい。

最後の写真は2線ボケが出てますね~。

by rato-yamato | 2010-09-25 22:10 | Trackback | Comments(4)
2010年 09月 05日
四季大和路
公休日なのに一歩も外出せず。

今日の大和路は夕方に激しい雷雨があった。

おかげ様で今夕は涼しい。

エアコンなしで就寝できそうだ。




PCの画像を整理していて、急にスライドショーを作りたくなったので、やってみた。

BGMはお気に入りの「NAC 大和路」





Windows純正のフォトストーリーは縦横比が4:3だ。

しかし、一眼レフの多くは3:2だ。

なんか、しっくりこない・・・。

by rato-yamato | 2010-09-05 22:38 | Trackback | Comments(8)
2010年 08月 12日
ボケのお話し・・・
漫才のボケとツッコミじゃなくて・・・

痴呆症でもなく・・・

木瓜(ぼけ)の花のことでもなくて・・・

写真におけるピントの合っていないところ。

どこにもピントが合っていない写真を「ピンぼけ」って言いますよね。

主被写体にピントを合わせて背景や前景のぼやけたところを「ボケ」といいます。

写真において、ボケをもっとも好むのは日本人であるらしい。

英語では、そのまま「Bokeh」という単語が用いられるようです。

比較的新しい言葉で2000年頃から使われだしたそうだ。

欧米では、それまでは「ボケ」という概念がなかったのでしょうか。

対照的に画面すべてにピントが合った写真を「パンフォーカス【pan focus】」という。




まぁ、難しいことは抜きにして、写真は撮って、プリントして、見て、楽しんで・・・

パソコンに入れっぱなしじゃ、もったいないですよ~

f0236776_2224036.jpg


f0236776_2223456.jpg



この望遠ズームレンズはマクロレンズのようにボケが柔らかくていい感じです。

by rato-yamato | 2010-08-12 22:07 | 雑談(つぶやき) | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 24日
大和路と仏塔
奈良・大和路にはいくつの仏塔があるのでしょう。

多宝塔・三重塔・五重塔・・・だれか数えた方がいらっしゃったら教えてください。

大和路を撮るとき塔の存在は大きい。

日本最古の法隆寺の五重塔。

薬師寺の東塔と西塔。

一番のお気に入りの室生寺の塔。

阪神淡路大震災の時の話ですが、兵庫県内には三重塔が10数塔あったがほとんど無傷だった。

逆に形だけ模造したコンクリート製の三重塔だけが壊れたらしい。

皮肉なものだ。


f0236776_229696.jpg

f0236776_2285948.jpg

f0236776_2285457.jpg

f0236776_2284942.jpg

f0236776_2284599.jpg

f0236776_2284027.jpg

f0236776_2283665.jpg

f0236776_2283232.jpg

f0236776_2220194.jpg




これらの塔はどこなのか?

当ててみて下さい(^_^)

答えはこちらから

by rato-yamato | 2010-07-24 22:13 | 雑談(つぶやき) | Trackback | Comments(8)
2010年 07月 14日
梅雨末期
各地で集中豪雨の被害が出ているようです。

西日本の雨のピークは今日だそうですが、たっぷり雨を含んだ地盤は油断大敵です。

被害にあわれた方々、非難されている方々のお見舞い申し上げます。



大和路も終日、強い雨が降っています。

この雨ではせっかくの公休日なのですが何処へも出かけられず・・・

自宅の庭の様子などお届けいたします。

興味ない方はスルーしてくだい・・・。

こちらからどうぞ(^_^)

by rato-yamato | 2010-07-14 18:06 | 夏の大和路 | Trackback | Comments(4)
2010年 06月 15日
大和路(NAC)
YouTubeで見つけたなつかしい曲。

高校生の頃に聞いていた。

あの頃の思い出が一気によみがえる。

思い出したくないことも思い出す。







水もぬるむ頃の大和路は
小雨で揺れている水景色
花の咲き乱れる庭先に
緑の風が薫ります

照りつける日差しの大和路は
木陰で賑う蝉の声
古びた軒先につるされた
すだれや打ち水がうれしくて

赤く染まる頃の大和路は
鳥達がさえずる峠道
落ち葉にうずもれた石段を
のぼる足音が残ります

木枯らし吹く頃の大和路は
垣根につもってる綿帽子
白い吐息も寒そうに
すれちがう人の下駄の音

あ~ 雲の流れに消されたはずなのに
あ~ あなたのことも
忘れてしまったのに


f0236776_21572976.jpg
f0236776_21575812.jpg
f0236776_21582238.jpg


by rato-yamato | 2010-06-15 21:59 | 雑談(つぶやき) | Trackback | Comments(4)
2010年 06月 14日
奈良・大和路を写す
1978年発行の「シリーズ日本カメラ No37」を古本屋で買った。

表紙に惚れた。

f0236776_21284255.jpg



井上博道氏の撮った室生寺だ。

私の知るかぎり室生寺の石楠花は、こんな感じで咲いたことがない・・・と思う。

本の内容はその当時の大和路の撮影ポイントを細かく解説してある。

広告も非常に興味深いものばかり。

巻頭のカラー写真が20ページほど続いたあとに入江 泰吉(いりえ たいきち)氏と杉本健吉氏の対談があった。

『奈良・大和路を語る』

杉本:入江さん、あんたには綺麗な大和路を撮ってもらいたい。
    描写こそ写真(カメラ)でやるが、あんたは絵描きだよ。

入江:僕、やはり絵が好きだ。絵心はないけどね。

杉本:いや、おおいにある。

入江:僕の写真が絵画的だ言われるのには、ちょっと抵抗がある。
    写真と絵とは違うものだ。



こんなやり取りで、延々と対談が続く。

カメラという機械をとおして撮るのだが撮る人間の心眼が大事だと・・・。

入江氏の写真なんてまったく興味がないという人も多いと思う。

現代から見ると当時の写真はコントラストも低いし解像度も良くないかもしれない。

しかし、入江氏は敢えて絵画的になるのを嫌って色を殺す方法で撮ったのだとも聞く。

大和路しか撮らない入江氏にしか見えないものがある。

しかし私は違う方法で大和路を撮りたい。

私にしか撮れないものがあるかもしれない。

それは、おごりかもしれない。

このブログのリンク先の魅せられて大和路のsadao4432 さんは入江氏とブラジル・サンパウロで入江泰吉氏との二人展を開かれました。

ある出会いがきっかけで、さまざまな教えを受けたそうです。

私は昨年の秋に法起寺でsadao4432さんと偶然に出会いました。

私の写真の欠点をいろいろとご指摘いただきました。

しかし、私は私のスタイルを変える事が出来ずに今に至っています。

私はこれで良いのだと思っています。




長々と書きましたが・・・何が言いたいのか良くわからなくなってきました。

写真が好きで一生の趣味に出来たらいいな~という事です。




これからも大和路を私の目線で撮り続けます。

拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします。




f0236776_2275713.jpg


f0236776_2293561.jpg


by rato-yamato | 2010-06-14 22:12 | 雑談(つぶやき) | Trackback | Comments(2)