タグ:その他 ( 137 ) タグの人気記事

2011年 03月 27日
F1と日本
モータースポーツに興味のない方はスルーしてください^^;





F1(Formula One World Championship)が今週からオーストラリアで開幕です。

当初の予定だったバーレーンGPが反政府運動の混乱で中止になり今週にずれ込んだ。

今年は各地で反政府の民主化運動で犠牲者がでている。

そして大きな自然災害。

こんな時こそ明るいニュースが欲しいものです。

遠く離れたオーストラリアで世界を転戦する唯一の日本人F1パイロット、小林可夢偉(こばやしかむい)の活躍に期待する。

私のF-1歴は1970年代後半から。

ジェームス・ハント(James Hunt)・ニキ・ラウダ(Niki Lauda)・マリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)

そしてブラジルの英雄エマーソン・フィッティパルディ(Emerson Fittipaldi)たちが活躍した時代。

70年代に2回ほど富士SWでF1 in Japanが開催された。

その頃の富士SWは今とはレイアウトが大きく異なりブレーキを使うのは1コーナーとヘアピンだけかもしれないような高速サーキット。

76年の第1回では国産マシンKE007が予選で大活躍した。

京都の小島エンジニアリングが製作したマシンは高速の富士に合わせた設計で

金曜の予選でいきなり予選4番手のタイムを叩き出す。

ドライバーは長谷見昌弘。

しかし更なるタイムアップをねらい最終コーナーで大クラッシュ。

ほとんど全損事故だったがチームは、たった2日でモノコックから作り直して日曜の決勝に間に合わせた。

雨の決勝となったが急場しのぎでは真っ直ぐ走ることもままならず11位でフィニッシュ。

星野一義が、ごぼう抜きで一時3番手を走ったが交換するレインタイヤが無くなってリタイヤ。

興味深い日本で最初のF1レースだった。

一時期、休止していたHondaが80年代に復帰してからは各メディアが大きく取り上げたので記憶に新しいところ。

94年に事故死したアイルトン・セナ(Ayrton Senna)は誰もが知る名前だろう。

日本のF1人気はHondaと共にあると言っても過言ではない。

そして今週のメルボルンでは各チームが日本への応援メッセージを車体やヘルメットに書いた。

心温まるメッセージも寄せてくれた。

前述の小林可夢偉は少しでも良いレースで日本に明るいニュースをと予選では9番手にくい込んでみせた。

今日の決勝が楽しみだ。





f0236776_10321369.jpg

f0236776_10325026.jpg

f0236776_10333648.jpg

f0236776_10335481.jpg




とりとめのない話題で・・・どうもスミマセンm(__)m

by rato-yamato | 2011-03-27 11:29 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 20日
日本人であることの誇り
震災の報道を見るたびに悲しくて泣きそうになった。

しかし、このVTRを見て、また泣いてしまった。







援助大国日本・・・

これまで世界中の国々に援助をし続けた日本が今、世界中から援助を受けている。

ありがたい事です。

そして日本人であることの誇りを再認識した。

被災地のみなさん、遠く離れた大和路から応援しています。

by rato-yamato | 2011-03-20 06:57 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 11日
天変地異
大きな地震がありました。

一人の人間として、今は何も出来ない・・・私には。

ただ被害が最小限にとどまるように祈るだけ。

官民一体になって、この危機を乗り越えなければ・・・。

by rato-yamato | 2011-03-11 19:56 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 18日
在庫からいろいろ・・・
投稿できなかった写真をひろってみました。






浮見堂に雪が積もりました
f0236776_1931189.jpg
f0236776_2027257.jpg
f0236776_2028825.jpg








東大寺戒壇院にも、深々と雪が降っている。
f0236776_19315927.jpg






日差しは日に日に強くなるけど雑木林の春は、まだまだ。
f0236776_1932129.jpg
f0236776_19322121.jpg
f0236776_1932349.jpg







夕暮れ時 一羽の鳥がねぐらへ急ぐ。
f0236776_19332684.jpg
f0236776_19333369.jpg




午後から季節風が強くて寒い夕方となった。

明日の朝は冷え込みそうです。

しかし日中は太陽が出ていると暖かいですね。

by rato-yamato | 2011-02-18 20:35 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 17日
16回目の1月17日午前5時46分
1995年のその日、その時間、私は自宅の2階で寝ていた。

震源からは遠い奈良の地でも激しい揺れに驚いて飛び起きた。

仕事で滋賀県まで行かなければならない日だった。

まさか神戸があんなことになっているとは知る由も無く。

6,434名の尊い命が消えた。



奇しくも、ちょうど1年前の1994年1月17にロスアンゼルス地震(ノー スリッジ地震)が起こった。

ハイウェイが崩壊した映像がTVに映し出され、偉い学者たちは、

「日本の高速道路は安全です、あのようには決してならない」と豪語した。



しかし現実は違った。

鉄道、道路はもとよりライフラインが寸断された。

今、当時の被害が大きかった場所を車で走ることがあるが、見た目では復興は終わったかのように見える。

物理的な復興は済んだかもしれないが、まだまだ済んでいないことも多い。

多くの人たちのボランティアも忘れてはならない。




f0236776_20353654.jpg



今日もあの日と同じように寒い日だった。

by rato-yamato | 2011-01-17 20:36 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 16日
寒い一日でした・・・
予報では早朝に積雪するとなっていましたが・・・

今日の大和路は風がつよいものの時折、太陽が顔をのぞかせ日差しがあったりで

積雪することはありませんでした。

しかしながら終日、氷点下かと思わせる寒い日となりました。

庭のバケツの氷はお昼になっても溶けることはなく、厚さは1cm以上はあったかもしれません。

と、いうことで今日はカメラを触らないOFFの日となった。

一日中、自宅でゴロゴロと・・・

たまには、こういう休日も、ありですね!





過去画像から・・・
f0236776_20383874.jpg

f0236776_20383425.jpg

f0236776_20383023.jpg


こうも寒いと春が待ち遠しいですね

by rato-yamato | 2011-01-16 20:50 | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 15日
写真は死んでいくのか
先日の「朝日新聞グローブ55号」の表題です。

これを見たときから私は「何か言いたいな~」と思っていた。

私より先にいつもお世話になっているnalove-kemさんがブログでとりあげたのでコメントはしたものの

やはり、こちらでも書いておきたかったので・・・。



この記事をグローブに書いた人はデジタルになって、真実を写すはずの「写真」は

茫漠(ぼうばく)たる「画像」の海に沈んでいるようだ・・・と綴っている。

写真は輝きを取り戻せるのか。とも書いている。



そうだろうか。

「茫漠」ってなんだ?

辞書によると、1  広々としてとりとめのないさま。「―たる砂漠地帯」
         2  はっきりしないさま。「―とした話」

よくわからない・・・言ってることが。

デジタルだろうが、なんだろうが写真は写真。

たぶん画像処理で現実離れして真実ではないと言いたいのだろうか?



しかしながらフィルムの時代だって、風景写真家が好んで使っていたフィルムのひとつにフジクローム「Velvia50」がある。

これなんか高発色、高コントラストの象徴だ。

決して現実では無い世界を描き出す。

デジタルになってからも現像ソフトには「ベルビア調」とか「ベルビア風」とかの設定があるくらいだ。




デジタルだから・・・PCで後処理をするから・・・そんなことは関係ない。

フィルムにはフィルムの豊かな諧調表現が、デジタルにはデジタルにしか出来ない高感度があって

それぞれが住み分けていけば良いんではないか。




最後に写真は今も昔も輝いています。

取り戻さなくても輝いています。

決して写真は死にません!






f0236776_2251143.jpg

f0236776_22505687.jpg

f0236776_22505363.jpg

f0236776_22504719.jpg




わけのわからない話題にお付き合いいただいてすみませんm(__)m

明日はこの冬一番の寒波がやってきます。

奈良の最高気温は2℃の予報です。

センター試験の受験生諸君!頑張れ!

by rato-yamato | 2011-01-15 22:55 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 03日
過去画像で巡る大和路
ネタ切れです・・・

在庫から少々。




2008年冬
雪が積もると喜び勇んで出かけます。
f0236776_20155822.jpg






2008年冬
冬至近辺になると二月堂から興福寺の塔と夕日が撮れます。
f0236776_20155441.jpg




2008年秋
今年は行けなかった曽爾高原。
f0236776_20155139.jpg






2008年秋
室生寺の鎧坂は手すりが出来てしまって写真的には面白くなくなった。
こんなふうに書くと、いつもカメラマンは利己主義だと叱られる。
f0236776_20154721.jpg






2004年秋
おなじみの二月堂裏参道。
EOS10Dで撮影。初期のDIGICの色味と1.8インチの液晶が懐かしい。
f0236776_20154331.jpg






この2枚は今年の秋。
f0236776_20153945.jpg

f0236776_20153326.jpg



今朝は暖かい朝だった。

お昼頃に関西を寒冷前線が通過して一気に風向きが変わった。

西風が強くて飛ばされそうだった。

by rato-yamato | 2010-12-03 20:32 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 18日
あれこれ・・・
あっちこっちの写真を載せますね。

リアルタイムではありませんのでご容赦ください。



f0236776_23183466.jpg





EF24-105ズームはボケ味が今ひとつ良くないかな。
でも開放から中心部は切れ味抜群。
ネットの評判はあまり良くないけど私的には充分だと思うのだが・・・。
f0236776_23183091.jpg

f0236776_23182822.jpg




久しぶりに虹に出会った。
本当に久しぶりに見たような気がする。
f0236776_23182554.jpg

f0236776_23182394.jpg

f0236776_23181822.jpg



明朝の大和路は冷え込むようです。

by rato-yamato | 2010-11-18 23:25 | Trackback | Comments(2)
2010年 09月 25日
ボケ味

ピントが合っていないところにも表現(味)を求める日本人の美意識。

しかし、主たる被写体にはピントが合っていること。

どこにもピントが合っていないのは、たんなる「ピンボケ」

でも、ピンボケもうまく使うと面白い写真になったりする。

イルミネーションや花火など・・・。



大きくぼかすには、

     1、明るいレンズ。
     2、望遠レンズ。
     3、被写体に近寄る。

全ての条件が揃うのは望遠マクロレンズかな。


f0236776_21531862.jpg

f0236776_21531359.jpg

f0236776_2153656.jpg

f0236776_2153171.jpg

f0236776_21525440.jpg

f0236776_21524837.jpg

f0236776_21524227.jpg



私は元来パンフォーカスを好んでいた。

風景の場合は絞り込んで画面全体にピントがくるように。

でもこのレンズを持つと、ついつい開放で撮りたくなる。

1.2mまで寄れるのもうれしい。

最後の写真は2線ボケが出てますね~。

by rato-yamato | 2010-09-25 22:10 | Trackback | Comments(4)