<   2017年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017年 08月 31日
夏の終わりに・・・
諸事情で撮影ができておりません。m(__)m

来週くらいから再開できるかな~と思っています。
休止中にもかかわらず毎日、たくさんのご訪問ありがとうございます。












f0236776_19222642.jpg
f0236776_19222078.jpg
f0236776_19222331.jpg
f0236776_19221370.jpg
f0236776_19221675.jpg
f0236776_19221157.jpg
f0236776_19220484.jpg
f0236776_19220003.jpg
f0236776_19220727.jpg














by rato-yamato | 2017-08-31 19:27 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 24日
ちょっと休憩中です・・・
少し涼しくなったら再開します。

いつも見てくださってありがとうございます。
こちらから皆様に足跡を残せないことを申し訳なく思っています。






















f0236776_19203210.jpg
f0236776_19202846.jpg
f0236776_19202517.jpg
f0236776_19202127.jpg
f0236776_19201701.jpg
f0236776_19201416.jpg
f0236776_19201084.jpg
f0236776_19200789.jpg
f0236776_19200240.jpg
f0236776_19195922.jpg
f0236776_19195529.jpg
f0236776_19195060.jpg










by rato-yamato | 2017-08-24 19:24 | Trackback | Comments(6)
2017年 08月 17日
釈迦ヶ岳 番外編
道中の様子などをアップしてみます。














日曜日の午後は夏雲でした。


f0236776_19010553.jpg










ちょっぴり秋の気配が・・・
f0236776_19010241.jpg


















トリカブトが咲き始めると夏は終わりです。
f0236776_19005441.jpg












相変わらず、ここの鹿は人を怖がらない。
テント場でも寄ってくる。
f0236776_19005157.jpg













何の木でしょう?
f0236776_19004868.jpg
f0236776_19004513.jpg















水蒸気たっぷりの午後です。
f0236776_19004251.jpg
f0236776_19003615.jpg
f0236776_19003334.jpg












釈迦ヶ岳登山道のシンボル? 大日岳

f0236776_19002312.jpg









そしてお釈迦さまをアップで。
f0236776_19001709.jpg













夜の七面山
f0236776_19001139.jpg














東から月が出ました。
星の撮影は終了かな・・・
f0236776_19000017.jpg












西側は大阪平野。
雲の下には何百万人が暮らしている。
朝まで灯りは絶えない。
f0236776_18595733.jpg






これで釈迦ヶ岳テント泊の記事はおしまいです。
前回のリベンジが少しはできたかな?


また休みが取れたらどこかへテントを担いで登ろう。






by rato-yamato | 2017-08-17 00:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 16日
釈迦ヶ岳 ガスは晴れていく
高い位置の雲(ガス)は朝日に照らされて消えていきます。
でも遠くの谷の雲海はいつまでも残っている。


七面山方面の谷から仏生ヶ岳、孔雀岳を越えていたガスは徐々に薄れてきた。
朝日はますます力強く釈迦ヶ岳を照らします。

広がる雲は秋の気配でした。





着ていたシェルを脱ぐ頃には西側に釈迦ヶ岳の影が伸びていた。 











f0236776_19010508.jpg
f0236776_19005994.jpg
f0236776_19005649.jpg
f0236776_19005122.jpg
f0236776_19004895.jpg
f0236776_19003102.jpg
f0236776_19002712.jpg
f0236776_19002499.jpg
f0236776_19002196.jpg





初日の夕景は残念でしたが・・・
星も見られたし、朝の風景も見られたし。

まずまずのテント泊だったかな?
ただ、見たままの絶景を写真にして皆様に届けられないのが悔しい。

写真って難しいです。




by rato-yamato | 2017-08-16 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日
釈迦ヶ岳 日出づる処
8月14日夜明け


今日も大峰上空は風が強い。
稜線に当たった風は雲となって越えていく。

次から次へと・・・
とどまるところを知らない。
やがて朝日が雲を染め始める。


一日の始まり。











f0236776_20083287.jpg
f0236776_20082371.jpg
f0236776_20082089.jpg
f0236776_20081708.jpg
f0236776_20081442.jpg
f0236776_20081025.jpg
f0236776_20080700.jpg
f0236776_20080278.jpg
f0236776_20075886.jpg


by rato-yamato | 2017-08-15 00:05 | Trackback | Comments(4)
2017年 08月 14日
大峰や 釈迦によこたう 天の川
13日、14日とテント泊でした。


どこにするか迷ったのですが・・・
前回の釈迦ヶ岳テント泊で夜更けからの暴風雨に会い
早朝からの強制下山を余儀なくされた悔しさからリベンジに向かいました。


水場があるのも理由のひとつです。

ただテント場から釈迦ヶ岳山頂まで、けっこうな急登です。
食後すぐの登りはゲロ吐きそうになります。

夕景、星空、朝焼け・・・と数時間に3回も往復したら、ちょっとしんどいです(笑)













夕景は残念でした。
濃い霧で視界ゼロ。
辛うじて東側が薄く色づきましたがそれで終わり。
f0236776_13380006.jpg













やがて霧は流れて満点の星空に・・・
流星が1個だけ写りました。
f0236776_13375716.jpg
f0236776_13375472.jpg
f0236776_13375286.jpg
f0236776_13374948.jpg
f0236776_13374583.jpg
f0236776_13374171.jpg







2時間ぐらい山頂で遊んでいました。
さぁ、朝日にそなえてテントに戻ります。

4時間は寝られる。


続きます。


by rato-yamato | 2017-08-14 13:49 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 08日
明日香の夏
間もなく稲の花が咲いて頭を垂れ始めたら秋はすぐそこです。

この暑さを乗りきり稔の秋を待ちましょう。



















f0236776_20273071.jpg
f0236776_20272631.jpg
f0236776_20272419.jpg
f0236776_20272166.jpg
f0236776_20270640.jpg
f0236776_20270349.jpg
f0236776_20270084.jpg











花火の夜のスナップ・・・


f0236776_20401899.jpg
f0236776_20381737.jpg
f0236776_20381407.jpg
f0236776_20382195.jpg
明るい月が私たちを照らしていた。
帰り道は灯りの必要がなかった。

月夜は夜遊びがしたくなりますね(笑)







by rato-yamato | 2017-08-08 20:43 | Trackback | Comments(6)
2017年 08月 07日
宇陀市はいばら花火大会
はっきり言います!

花火の撮影は場所の選択で決まります。
ほぼ、決まってしまいます。
腕は二の次三の次・・・


ん?
三の次とは言わないか?















f0236776_16501246.jpg
f0236776_16500703.jpg
f0236776_17124147.jpg
f0236776_17151605.jpg
f0236776_17123765.jpg





風が強くて花火が流されます。
いい具合にずれてくれました(笑)

まぁ、田舎の花火はこんなもんです。


nittokuさん
ke-nさん
Fさん

お疲れ様でした。





余談ですけど・・・
暗部で長時間露光するとホットピクセルが50個くらいあった。
精神衛生上よろしくありませんので見ないことにします(笑)

二千万画素のうち50個くらい減ったって影響ないですよね・・・


大和路は暴風雨です。猫たちは家の中で台風が去るのをじっと待っています。大きな被害が出ませんように・・・

by rato-yamato | 2017-08-07 17:19 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 06日
高野辻夜明け
五條市とはいうものの合併前は旧大塔村です。

ここには私(rato)の名字のルーツと思われる地名もあり、以前から興味深いところでした。
太古は大塔村や野迫川村も含めた地域を十津川と呼んだとのこと。

郷士といわれるこの地方の人々は農民でありながら有事のときは兵力になります。
ですから武器の優遇を国から受けていました。









さて・・・
そんな旧大塔村、現在は五條市大塔町の夜明けです。










到着したときは月が沈んですぐ。
もうすでに空は白み始めていた。


f0236776_14151463.jpg
f0236776_14151240.jpg
f0236776_14150934.jpg
f0236776_14150616.jpg
f0236776_14150313.jpg

それでもさすがに山深いところです。
星はたくさん輝いています。

でも雲が多くて天の川をはっきり捉えられません。




やがて東の空が赤く染まってきました。
f0236776_14133164.jpg







風が強くて雲が次々と湧いては消えます。

f0236776_14132802.jpg
f0236776_14132548.jpg







朝日が出るとあたりは白いモヤに包まれました。

f0236776_14132214.jpg
f0236776_14132069.jpg
f0236776_14131647.jpg







残念ながら思い描いていた景色には出会えませんでしたが・・・
清々しい朝を迎えることができましたよ。







一人っきりで朝ごはんです(笑)
f0236776_14234247.jpg
食後のコーヒーもごちそうさま(^_-)

また来よう。








by rato-yamato | 2017-08-06 14:28 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 04日
いきもの・・・我が家の場合
最初に猫を保護したのは長男が生まれてしばらくした頃・・・
今から四半世紀以上前です。


それ以来、いったい何匹の猫を保護して天国に見送ったでしょう。
病気で死んだ子、事故で死んだ子。

車に轢かれて骨盤が砕けて瀕死で帰ってきた猫もいた。
ボルトを入れる大手術をして退院した。
その数日後に再び車にはねられて死んでしまった。

















まだ3匹の犬が健在だった頃に散歩の途中で巣から落ちた雀のヒナを保護した。





こいつたち3匹です・・・(笑)
f0236776_21212842.jpg








雀はよくなついた。
猫の餌食になるので私の部屋で飼っていた。
PCで作業をするといつも頭の上に乗ってきた。

f0236776_21212472.jpg

f0236776_19222023.jpg












ratoはハスキー犬の名前でした。
2009年7月没
f0236776_21222734.jpg
f0236776_21221728.jpg











2006年には一度に4匹の子犬を保護した。
f0236776_21214860.jpg





一匹だけ引き取った。
f0236776_21214186.jpg










基本的に犬と猫は仲がよかったですよ。
猫同士はどうしてもイザコザがある。

大きなケンカにはならないがケガにはなるときがある。

f0236776_21222127.jpg
f0236776_21220842.jpg
f0236776_21584697.jpg
f0236776_21220584.jpg
f0236776_21220221.jpg
f0236776_21214474.jpg










庭で羽化に失敗して飛べなくなった蝶を保護したこともあった。
死ぬまで面倒をみた。

世間から見たらアホな家ですね。
f0236776_21453830.jpg
f0236776_21452924.jpg








生き物がいない暮らしがどんなに楽だろうと思うことがある。

旅行に行けない。
家を留守にするのは2日が限度かな。

人間みたいに医療保険がない。
ペット保険なんてあるけど13匹も加入できるわけがない(笑)

私たち夫婦があの世に行ったら歴代の生き物たちが出迎えてくれるでしょう(笑)
たぶん賑やかだろうな~


by rato-yamato | 2017-08-04 21:52 | Trackback | Comments(8)