<   2017年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 30日
コアジサイ完結編(たぶん)・・・霧は流れた
自分が「ここ」と決めたポイントでひたすら霧を待っていた。


山頂方面に目をやると霧で覆われている。
自分より下は雲海になっている。

なぜ、ここだけ霧がないのか・・・




ならば山頂直下まで移動です。



思い描いていた景色ではありませんけどね。
強い風に乗って塊の霧が流れてくる。


そんなに大きくない塊で。



チャンスは少ない。











f0236776_20401827.jpg
f0236776_20401148.jpg
f0236776_20400880.jpg
f0236776_20401480.jpg
f0236776_20400563.jpg
f0236776_20400148.jpg





帰路につく寸前まで雨だった。

今年のコアジサイはこれにて終了です。
また来年も楽しませてくださいね。

『アメフラシ ガス男』さん
雨はもういいですから今度はガスをください(笑)


馬酔木ゴチです(^^)
パンツは乾きましたか(笑)


by rato-yamato | 2017-06-30 18:38 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 29日
コアジサイ完結編(たぶん)・・・なぜ何度も訪れたか?
今年のコアジサイは何故か白っぽい。




何年も見てきましたが・・・
いろんなカメラマンの意見も聞きましたが・・・
これだ!といった答えが出ません。
(自分の中での答えです)



今までは咲き始めは白っぽくて満開になると青く、そして散ると認識していた。



じゃぁ、確かめよう!

で、3回目です(笑)






















f0236776_18435786.jpg
f0236776_18444679.jpg
f0236776_18440794.jpg
f0236776_20595923.jpg
f0236776_18440005.jpg
f0236776_18445275.jpg
f0236776_18433435.jpg




う~ん・・・

先週よりは明らかに青みが増してます。
でも、白っぽい。

コアジサイ様へ
気まぐれでいいから来年は、より濃い青で咲いてね。

霧を待っていたのですが雨は予報より降りが激しく。
待っている自分のほうが参ってしまいそう。
こういうときに車横付けなら逃げ込んで待てるのに・・・

待っている場所に霧が来ないのなら霧のあるところへ移動しよう。



で、明日に続きます(^_-)





by rato-yamato | 2017-06-29 18:57 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 28日
コアジサイ完結編 たぶん・・・その(1)
そぼ降る雨の中をてくてくと登ります。
天気予報では間もなく雨は上がるはず。

カッパが鬱陶しい。


今日は登山じゃない。
そう思うと足どりも重い・・・












f0236776_15455070.jpg
f0236776_15454641.jpg
f0236776_15454399.jpg
f0236776_15453986.jpg
f0236776_15453764.jpg
f0236776_15453208.jpg




雨は降り続く・・・
気象庁の雨雲レーダーでは、あと1時間ほどかな。

濡れネズミのように佇む。
雨宿りする場所がない。


by rato-yamato | 2017-06-28 15:57 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 26日
一瞬の霧 
今年のコアジサイの花の色が白っぽい。

例年なら鮮やかな青になるのだが・・・
それが時期的なのか、気候的なものなのか、コアジサイの気まぐれなのか答えは出ません。

答えなんか出なくてもいい。
また来年も咲いてくれたらそれでいい。





別の場所のコアジサイの確認を終えて、大勢のカメラマンのいる足ノ郷越の群生地に立ち寄った。
案の定、駐車スペースすらないほどの混雑ぶりにおどろく。

最近はすっかり定番スポットになった。


地元の私たちは新規開拓して新しいスポットを探すことにしましょう。
遠いところから新たに撮影に来られる大勢のカメラマンさんにいい写真を撮っていただこう。













知り合いが数人いたので車を降りてご挨拶(^_-)


すると霧が流れてきた・・・・





撮影場所を選んでいるヒマはありません。






気まぐれな霧はやがて去っていった。

f0236776_19101036.jpg
f0236776_20495059.jpg
f0236776_20493573.jpg
f0236776_20492734.jpg
f0236776_20492112.jpg




久しぶりに和尚さんと話した。
元気そうだった。

「もう、写真はやめたんや」と仰っているが・・・
やめられるわけがありません。

と、私は思っていますよ。


by rato-yamato | 2017-06-26 21:05 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 25日
雨あがり・・・
登山の装備なしで登れる山に登ってきました。


変な言い方ですね(笑)





登山をするつもりじゃなくコアジサイの確認に行ったら山頂まで来てしまったということです。


久しぶりのmasaさん、キチンと回復したら必ず山に行きましょね。
shuさん、ごちそうさまでした。
narakumaさん、乗っけてもらってありがとうございました。

そしてdeepseasonさん、やっとお会いできましたね~(^_-)














f0236776_17143538.jpg
f0236776_17143077.jpg
f0236776_17142357.jpg
f0236776_17141942.jpg
f0236776_17141358.jpg
f0236776_17135941.jpg
f0236776_17135177.jpg
f0236776_17134522.jpg
f0236776_17134016.jpg
f0236776_17133692.jpg
f0236776_17133113.jpg






標高千メートル内外のコアジサイは終盤です。

もう少し楽しめるかと思います。
サンデー毎日のカメラマンさんはいい条件の日に行っていい写真を撮ってください。
私はまた来年かな~







----------------------------------------------------------------------------------------------
追伸です。

今日の東吉野村三尾足ノ郷越のコアジサイ群生地でハプニングがありました。
転倒して負傷したカメラマンさんが救急車で運ばれるのを見届けました。
消防隊員はもっと山の中を想定していたようでレスキュー隊やヘリコプターの手配もしていたようです。

私たち仲間で負傷したカメラマンさんの機材を車まで運び、救急車の隊員にけが人の居場所を伝え、ヘリはキャンセルになりました。

濡れた斜面で足を滑らせて転倒し、右足首があっちを向いてしまったようです。

そういえば、ここで救急車を呼ぶのは2回めです。
ハプニング(2年前の記事参照)



もしも、今回のような事故が登山の途中で起きたらどうだろうと考えていた。
単独・圏外・歩けない・・・
マイナーな山で登山者は来ない。



さぁ、どうする。



保険には加入しているが。
保険は助けてくれない。




by rato-yamato | 2017-06-25 17:53 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 24日
森の妖精たち
何年か前に登山道で見つけた妖精たち。



車を横付けできる場所ではないため見頃の判断が困難・・・
標高やその年の気候で行くしかない。




少し早かったようです。
満開になると青く妖艶な花ですが白っぽいのが多いかな?
独特のかほりもありません。



それでも訪れる人はなく静かに鑑賞できました。








f0236776_19203773.jpg
f0236776_19202432.jpg
f0236776_19201778.jpg
f0236776_19200829.jpg
f0236776_19200119.jpg
f0236776_19195628.jpg
f0236776_19194839.jpg
f0236776_19194395.jpg
f0236776_19193494.jpg
f0236776_19192969.jpg
f0236776_19191782.jpg
f0236776_19190766.jpg
f0236776_19184408.jpg





また来年も訪れよう。
まだまだ若い株もたくさんある。
これから楽しみな森です。





by rato-yamato | 2017-06-24 00:18 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 23日
祈りの朝 最終回 

激しい雨は境内の埃と一緒に私の心のワダカマリも流してくれた。



前夜の天気予報は大雨を告げていたがke-nさんに背中を押されて来た甲斐があった。
勤行の祈りは何度、聴かせていただいても素晴らしいです。

今度は十一面観音菩薩の前で背筋を正して聴こう。













f0236776_19175424.jpg
f0236776_19175198.jpg
f0236776_19172042.jpg
f0236776_19171792.jpg
f0236776_16401509.jpg
f0236776_16401322.jpg
f0236776_16401043.jpg
f0236776_16400748.jpg
f0236776_16400570.jpg
f0236776_16400268.jpg
f0236776_19174865.jpg





このあと2人で軽く腹ごしらえしてから川上村へと向かいます。








by rato-yamato | 2017-06-23 00:14 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日
祈りの朝 風は突然に
長谷寺の舞台から見る景色は素晴らしい。


桜の頃はもちろん。
紅葉も雪景色も素晴らしい。











f0236776_16440193.jpg
f0236776_16435763.jpg
f0236776_16434071.jpg
f0236776_16422591.jpg
f0236776_16421917.jpg
f0236776_16422261.jpg
f0236776_16433599.jpg
f0236776_16420837.jpg
f0236776_16420593.jpg





静穏だった舞台に突風が吹き抜けた。
舞台を駆け回って愛宕山に飛んでいった。

一瞬の出来事だった。



10年前の「DIGICⅢ」の色合いも捨てたもんではない。
まだまだ現役続行かな。


by rato-yamato | 2017-06-22 00:03 | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 21日
祈りの朝  初瀬は雨
ke-nさんと長谷寺の早朝勤行に出かけました。



天気予報では夜半から大雨・・・雷、強風。
すでに四国・淡路には警報が出ている。

















f0236776_16044260.jpg
f0236776_16043056.jpg
f0236776_16040546.jpg
f0236776_16154270.jpg
f0236776_16040257.jpg
f0236776_16042193.jpg
f0236776_16042638.jpg
f0236776_16120131.jpg


勤行が始まる頃に雨は小康状態になる。

それもつかの間・・・
やがて初瀬の上空は真っ黒な雨雲に覆われ、激しく雨粒が落ちてきた。

勤行の祈りは淡々と続く。



明日に続きます。

(久しぶりにEOS-1Ds Mark IIIで撮りました)

by rato-yamato | 2017-06-21 16:28 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 18日
定点
定番の撮影地では画角がおおむね決まってくる。

それは、その定番の一番の絵になる季節が決まっている場合が多いから。
たとえば、明日香の古宮だったら田植えの時期と秋の彼岸花。
ある程度の個性はあるものの、一般的な画角というものがある。


しかし、登山で山に入るとそれは通用しないかも。




どこにカメラを向けても絵になるから。






そんななかで同じ方向を撮った違う季節の写真を探してみた。


すべて釈迦ヶ岳登山道です。













これは・・・違うかも?
少し立ち位置の標高差があるか。

f0236776_21313846.jpg
f0236776_21313496.jpg










f0236776_21295370.jpg
f0236776_21295064.jpg

















f0236776_21293979.jpg
f0236776_21293411.jpg






















f0236776_21291196.jpg
f0236776_21290813.jpg



















f0236776_21344713.jpg
f0236776_21344415.jpg




まだまだ探せば出てきそう(^_-)







by rato-yamato | 2017-06-18 00:01 | Trackback | Comments(2)