<   2016年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 31日
花火




f0236776_23023841.jpg


f0236776_21243198.jpg
f0236776_21242604.jpg
f0236776_21242334.jpg
f0236776_21242074.jpg
f0236776_21241898.jpg
f0236776_21241543.jpg
f0236776_21241331.jpg



きらりんさん!
aviさん!
shuさん!
masaさん!
カメちゃん!
shinrajukuさん!

ありがとう!
またね~







by rato-yamato | 2016-07-31 23:07 | Trackback | Comments(16)
2016年 07月 30日
つぶやき・・・
東京と大阪を一時間で結ぶという強行的な列車の工事が始まっています。
超高速で走るがゆえにカーブが苦手。
一直線で何もかもぶち抜きます。




歴史も文化も生活の場も水源も・・・すべてぶち抜いてトンネルを掘ります。
三千メートル級の日本アルプスをぶち抜くんですよ。

当然のように残土が出ます。
残土といっても岩石です。
処分はどうします?

ダンプカーで運び出すしかありません。
大型ダンプカーです。

広い道路が必要です。
山を削り、谷を埋めて道路を造ります。

そして残土を谷に捨てて埋めていくんでしょうね。

大台ケ原ドライブウェイを見てください。
富士スバルラインを見てください。

大台ケ原ドライブウェイでは崩壊によって毎年どこかで工事をしています。
当時は国立公園に道路を通すのが可能だった。


都会の人たちの便利性のために大きな犠牲を払うのです。
もう元には戻せません。

東京ー大阪1時間・・・本当に必要なんでしょうかね~










f0236776_22125412.jpg
f0236776_22100004.jpg
f0236776_22093169.jpg


by rato-yamato | 2016-07-30 22:16 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 28日
ヤマトタケル
この丘の上に立って奈良盆地を見下ろすといつも思います。
このブログにも何度も書いていますので、あ~またか・・・と思われそうですね。

ここに都を作ろうとした意味がよくわかります。

四方を垣根のような山々で囲まれ、災害が少ない。
こんなにいいところはありません。




実の父である景行天皇の命を受けて東征に向かったヤマトタケル。
神話か伝説であるかもしれない。

大和へ戻ること無く白鳥となって飛び立ったヤマトタケル。

「やまとはくにの まほろば たたなづく 青がき 山ごもれる 大和しうるはし」










f0236776_22390324.jpg
f0236776_22390127.jpg
f0236776_22385855.jpg
f0236776_22385562.jpg

大和の国を心から愛し、東征においては人間らしい一面を見せつつも、
やはり父である景行天皇に逆らう事が出来ないまま旅立つヤマトタケル。

最後に詠んだ歌が涙を誘う・・・








by rato-yamato | 2016-07-28 22:52 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 27日
地図を買いました
何年ぶりだろう?
地図を買うなんて。

幼いころは地図を眺めるのが大好きだった。
日本地図を模写して遊んだ。



インターネットで詳細な地図が閲覧できるようになり。
さらにはストリートビューとやらが出来てしまい、知らない土地に行った気分になれるようになった。



だからといって紙の地図が不要かといえばとんでもない。
こんな便利なものはありません。



さぁ、どこへ行こうかな~







f0236776_06233812.jpg











by rato-yamato | 2016-07-27 06:29 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 24日
キバナコスモス 朝は残念でした・・・
藤原京跡の蓮はカメラマンでいっぱいだろうとキバナコスモスで夜明けを待った。
明るくなるまで誰も来ない。
一人ぽっちのキバナコスモスだった。



雲が厚くて何もドラマは起きなかった。

















f0236776_17033241.jpg
f0236776_17032498.jpg
f0236776_17032269.jpg
f0236776_17031912.jpg
f0236776_17031620.jpg
f0236776_17030249.jpg
f0236776_17025923.jpg
f0236776_17033793.jpg





藤原京跡の蓮と醍醐池のキバナコスモスは見頃です。
明日からは天気予報では下り坂のようです。
少しは涼しくなるかな~



今日は午後から「幻想大和 奈良展」(橿原市 カフェドラムヤカタ)におじゃましました。
錚々たるカメラマンの方々にド素人の私は隅っこで小さくなって拝見しました。

やっぱり上手いわ~ Katsuyamaさん


by rato-yamato | 2016-07-24 17:19 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 24日
キバナコスモスと耳成山
3歳から24歳まで過ごした橿原市にある耳成山。
遊び場でもあり通学路でもあった。

クワガタ採りや3ヶ所あった防空壕で遊んだ。











f0236776_13415878.jpg
f0236776_13414725.jpg
f0236776_13414543.jpg
f0236776_13414086.jpg
f0236776_13413770.jpg





by rato-yamato | 2016-07-24 13:43 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 22日
奈良の夏は暑いです・・・
さぁ、梅雨も明けましたし、これからお盆までが暑さのピークです。
でも秋はやってきます。
かならず冬もやってきます。

頑張って乗りきりましょう!













f0236776_18281630.jpg


by rato-yamato | 2016-07-22 00:00 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 21日
苔の森とバイケイソウ
暗く湿った森に日光が差しました。
日向と日陰のコントラストが映像素子の限界を超える。
人間の目の高性能さをあらためて感じた。

メーカーさん
出し惜しみしないで、もういいでしょ?

技術的には出来てるはず・・・

人間の見た目のように写せる技術が。
ソフトでHDRしたり、黒い紙を駆使したり・・・

そんなことをしなくても。
もう出来てるはず。









f0236776_20474640.jpg
f0236776_20474350.jpg



「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ」

またひとり、昭和の灯りが消えた。
永六輔の後を追うように・・・





by rato-yamato | 2016-07-21 04:25 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 20日
涼風吹く稜線歩き (2)
秋になって紅葉したこの場所を想像したら帰りたくなくなった。
このまま秋までここに居ようかしら?

そんな気分になる。

気持ちいい稜線歩きでした。


















北風に負けず頑張っていたら、こんなになってしまったのか・・・


f0236776_20200645.jpg
f0236776_20200086.jpg
f0236776_20201285.jpg
f0236776_20203306.jpg
f0236776_20202440.jpg
f0236776_20194985.jpg
f0236776_20193035.jpg

これはツルアジサイかな?
よく似た花があると聞く。
私にはわからない・・・

和尚さんなら答えてくれそう。







by rato-yamato | 2016-07-20 04:19 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 19日
涼風吹く稜線歩き (1)
秋のロケハンでした。

ロケハンのつもりが、あまりの絶景に無言でシャッターを切りましたとさ。
吹く風は気持ちよくて快適ですが日差しは真夏です。
半袖だったので腕と首の日焼けが痛い・・・

真夏も長袖かアームカバーをしましょうね。









f0236776_04132650.jpg
f0236776_04131932.jpg
f0236776_04131133.jpg
f0236776_04130028.jpg
f0236776_04125674.jpg
f0236776_04124396.jpg

f0236776_04123658.jpg












aviさん
これ、見ませんでしたか?

f0236776_04185651.jpg











3週連続の山歩き・・・
なんかね中毒症状みたい?

上北山村小橡・川上村入之波あたりの稜線にて。




by rato-yamato | 2016-07-19 04:32 | Trackback | Comments(8)