<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2015年 12月 31日
ありがとう! 2015年
そして・・・

ここに来てくださった多くの方々。
コメントをくださった多くの方々。
撮影現場でお世話になった多くの方々。



本当にありがとうございました。

いよいよ本年最後の日です。

たくさんのご訪問にもかかわらず、当方からはコメントや足跡を残すことがあまり出来ませんでした。





来るべき新しい年が皆様にとって佳き年となりますように。






そして、また気が向いたら・・・ここに遊びに来てください。
m(_ _)m



























山添村神野山にて (時系列です)

f0236776_12293103.jpg
f0236776_12292978.jpg
f0236776_12292607.jpg









by rato-yamato | 2015-12-31 12:31 | Trackback | Comments(17)
2015年 12月 29日
大和路 春夏秋冬 2015 (10~12月)
10月・・・
遅い種蒔きで心配したが藤原京跡のコスモスが見頃になった。
最初の頃(10年ほど前)は脚立を立てて登らないと俯瞰できないほどの背丈だった。

今では三脚の足を伸ばさなくても俯瞰できる。

これも連作障害のひとつなのか?






そして、今年の紅葉は残念だった。
あまり、きれいとは言い難かった。
これも自然である。

自然の花木は工業製品ではありません。
規格に則って工場で作られた製品ではありません。

紅葉が良くない年も、良かった年も自然なのです。


ただ、それが人為的な原因ならば悲しいことです。




















f0236776_22271385.jpg
f0236776_22271129.jpg
f0236776_22270944.jpg
f0236776_22270707.jpg
f0236776_22270503.jpg
f0236776_22265661.jpg
f0236776_22265415.jpg
f0236776_22265222.jpg
f0236776_22265054.jpg
f0236776_22264746.jpg




最後は痛みをこらえてセルフタイマーで撮った写真です。
ニット帽の中では「たんこぶ」と「ハゲ」ができていました。

え?

どうしたのかって?


一週間が過ぎた今でも首と肩がパンパンに張ってます。
でも、かなり良くなりました。
仕事も休むことなく・・・

皆さん、気をつけましょうね。














by rato-yamato | 2015-12-29 03:17 | Trackback | Comments(11)
2015年 12月 28日
大和路 春夏秋冬 2015 (7~9月)
毎年のことなんですけど。

撮影に出られない年末に苦し紛れにこんな回顧の記事を載せなくてはならないのが残念です。
総集編といえば聞こえがいいですが、単なる言い訳のようですね。





日本列島は沖縄から北海道まで、さまざまな気候を持つ。
沖縄の亜熱帯から北海道の亜寒帯まで。

はっきりとした四季を持ち、高度な文化があり、平和で秩序がある。
このような国家は他にないといっても過言ではない。




そんな中で、年末恒例の一年を振り返ってみている。


大和路が、いかに素晴らしいかヒシヒシと感じた。

信州や北海道、はたまた富士山周辺・・・
日本国中、素晴らしいところはたくさんある。
しかし、何といっても私的には奈良大和路が一番である。


今夜もそれを再確認できた。



「おまえが他を知らんだけやろ!」  というツッコミは無しで。

(^^)

















f0236776_20382095.jpg
f0236776_20381870.jpg
f0236776_20381564.jpg
f0236776_20381319.jpg
f0236776_20381083.jpg
f0236776_20380849.jpg
f0236776_20380585.jpg
f0236776_20380345.jpg
f0236776_20380057.jpg
f0236776_20375463.jpg




直近の「10~12月」は皆さまの記憶に新しいので
やらないかもしれません。

m(_ _)m












by rato-yamato | 2015-12-28 03:36 | Trackback | Comments(10)
2015年 12月 27日
大和路 春夏秋冬 2015 (4~6月)
桜は苦手です・・・



これまで桜の撮影で満足したことがありません。
それは、ただ単に下手くそなのと、この時期は精神的に参ってしまう時だから。

気持ちが沈んでいるといい写真が撮れるわけがありません。
かといってテンションあげあげでも良くない。

















f0236776_21392101.jpg
f0236776_21391929.jpg
f0236776_21391753.jpg
f0236776_21391535.jpg
f0236776_21391340.jpg
f0236776_21391178.jpg
f0236776_21390921.jpg
f0236776_21390731.jpg
f0236776_21390396.jpg



日本で一番の降水量を誇る大台ケ原(西大台)に2回入山しました。
何ということでしょう、2回ともピーカンでした。

こんなときに晴れ男を発揮しなくても・・・






by rato-yamato | 2015-12-27 03:23 | Trackback | Comments(5)
2015年 12月 26日
大和路 春夏秋冬 2015 (1~3月)
ブログやホームページに写真を掲載する意味って何でしょう?



これらを見た人たちに「私もここに行きたい」「こんな景色を見てみたい」と思っていただくこと。
私はそういうふうに思っています。


ですから・・・

たとえ「ド素人」のブログであっても、その日の一番のお気に入りを載せます。







ただ、それを良しとしないカメラマンも多いのは承知しています。
金庫にしまってもストックとして温めても私の場合は無意味です。

その日の撮影で公にできない写真がある場合はその前後すべてを載せないようにします。
そしてコンテストで入賞したら堂々と自慢すればいいのです。


当たり障りのない写真ばかりを載せるのであればスマホで撮ってフェイスブックで更新すればいい。
そんなふうにも思っています。




偉そうに書きましたが・・・
私にそんなことを言う資格なんか無いのは百も承知です。




では、今年の足跡を振り返ってみましょう。










f0236776_22235727.jpg
f0236776_22235500.jpg
f0236776_22235305.jpg
f0236776_22235103.jpg
f0236776_22234940.jpg
f0236776_22234690.jpg
f0236776_22234498.jpg
f0236776_22234206.jpg
f0236776_22234016.jpg
f0236776_22233816.jpg






2015年の大和路は雪景色から始まった。
室生寺で雪景色を堪能した。

そして・・・何度も登った高見山です。

1264回目の修二会が始まり、あっという間の2週間が過ぎたら大和路には春が来ます。







by rato-yamato | 2015-12-26 06:44 | Trackback | Comments(4)
2015年 12月 23日
今年最後の撮影は室生湖でした
毎年ながら、大嫌いな年末がやってきた。



師も走るというが・・・
普通の人は年中のように走っている。
貧乏ヒマ無し。

でもそれでいいのだと思う。

いそがしいのはけっこうなこと。
ヒマでやることがないほうが悲しい。

自分にそう言い聞かせている。


















f0236776_17265003.jpg
f0236776_17264830.jpg
f0236776_17264647.jpg



f0236776_17264292.jpg







お昼前から気の置けない仲間が集まった。
何をするでもなく・・・

写真のことや近況を喋りまくって時間が過ぎた。
気がつけば、あたりは薄暗くなっていた。




大晦日まで無休です。
撮影はお休みかな~


時間があれば他愛のないことを更新するかもしれません。
また、ここに来てくださったら嬉しいです。




by rato-yamato | 2015-12-23 17:32 | Trackback | Comments(9)
2015年 12月 22日
サロモニスト?
こういう言葉の有る無しは存じません。
検索しても出ませんから、たぶん私だけが使っているのでしょう。



マウンテンスポーツメーカーのSALOMONはご存知でしょうか。
私はSALOMONをこよなく愛するスキーヤーでした。
だから勝手にサロモニスト・・・


SALOMONの最初はスキーのビンディング(スキーブーツをスキー板に取り付ける金具)から始まりました。
30年ほど前、2足目に履いたスキーブーツはSALOMONでした。
当時はリアエントリーでしたね。

契約しているプロのレーサーもデモンストレーターも履いていました。
一世を風靡したSALOMONのリアエントリーブーツ。
しかし、2000年頃にリアエントリーは姿を消します。

板・金具・ブーツを同一メーカーで揃えられるのはSALOMONだけだった?






で、登山靴もSALOMONです。


長い前置きでごめんなさい・・・。




旧モデルが半額でした。
これは買うしかないでしょう!





先日の高見山が、この靴のデヴューです。
けっこうお気に入りになったかな?

もうちょっと履いてみましょう。









f0236776_23121893.jpg




熱帯の爬虫類みたいな色合いが好きだったりします。
あんまり重い荷物は担ぎませんのでフルシャンクは必要ありません。







by rato-yamato | 2015-12-22 23:17 | Trackback | Comments(7)
2015年 12月 20日
高見山 眩しい朝日
本日3回目の投稿です・・・
今、最初にここをご覧になった方は、まずはここからご覧ください。








霧氷を紅色に染めて昇った朝日はやがて色温度が高くなり青い空へと向かいます。
太陽のパワーはさすがに強力で、次々と氷が木々から離れます。

私もコーヒーを一杯だけ飲んだら降りることにします。
避難小屋には誰もいません。
ひとりで朝ごはんは寂しいので早々に車に戻りましょう。



 












f0236776_19461389.jpg
f0236776_19461173.jpg
f0236776_19460815.jpg
f0236776_19460507.jpg
f0236776_19460272.jpg
f0236776_19460093.jpg
f0236776_19455763.jpg
f0236776_19455502.jpg
f0236776_19455297.jpg
f0236776_19454750.jpg



この次に寒波と休日が合うならば、また登ろう。
心地よい疲労感で家路につくことができた。






by rato-yamato | 2015-12-20 20:31 | Trackback | Comments(4)
2015年 12月 20日
高見山 朝日は東 影は西
標高こそ県内でも高くはないのですが独特の厳しい気象条件で霧氷・樹氷が出来やすい。




本当なら山頂で日の出を・・・と思っていましたが。
ちょっとしたアクシデントがあったので時間切れでした。

え?
何があったか?

それは言えません。



次回からはヘルメット装着で行くことにします。







f0236776_15062342.jpg
f0236776_15062195.jpg
f0236776_15061820.jpg

f0236776_14550039.jpg

朝日が昇ってしばらくすると反対側には高見山の影ができます。
美しい三角錐の高見山がよくわかりますね。

関西のマッターホルン?









by rato-yamato | 2015-12-20 15:42 | Trackback | Comments(1)
2015年 12月 20日
高見山 下見じゃない・・・本番のつもりです。
いいお天気でした。
冷え込みましたね~

午前5時、菟田野の佐倉峠手前の電光掲示板は氷点下3℃でしたから
夜明け前はもっと下がったでしょう。



とりあえず1枚・・・

ひとりで登ったのは何年ぶりかな~

















f0236776_11452086.jpg


by rato-yamato | 2015-12-20 11:49 | Trackback | Comments(0)