<   2015年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 31日
霧雨の森 (1)
5月に入ってから5度目の大台ケ原です。




半ば意地になってしまったのかもしれません。
やはり、毎日のように動けるカメラマンには到底かないません。

限られた撮影日の中で自分の思うような気象に出会えることは稀です。
しかし、それといい写真が撮れないことを混同してはいけません。














f0236776_21330855.jpg
f0236776_21323082.jpg
f0236776_21322680.jpg
f0236776_21321821.jpg
f0236776_21321566.jpg

上北山村小橡









by rato-yamato | 2015-05-31 21:58 | Trackback | Comments(13)
2015年 05月 31日
麦秋
何になる?

やはり素麺でしょうか?
それともこんがりパン?
甘党のケーキ?
いやいや、うどんでしょう!
ラーメンもあるな~

あかん・・・
お腹が減ってきた。












f0236776_17351810.jpg
f0236776_17351532.jpg
f0236776_17351217.jpg
f0236776_17350971.jpg
f0236776_17350651.jpg
f0236776_17350312.jpg



桜井市大西








by rato-yamato | 2015-05-31 17:37 | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 28日
平城京大極殿
今から1300年ほど前の事です。



当時のこの場所には今と同じような建物が建っていたことでしょう。
同じような・・・と書きましたが当時の資料は何もありませんので想像の建物なのです。
設計図が残っているわけじゃ無し。
もちろん写真なんてあるわけじゃ無し。



現存する奈良時代の建造物を参考にして再現されたのです。





更に謎なのは聖武天皇は5年間に4度の遷都を行っていることです。
740年から745年に再び平城京に戻るまでの5年間に。

恭仁京・・・紫香楽宮・・・難波宮・・・そして再び平城京へ。



諸説あります。
考古学者などの識者の話を聞くと面白いでしょう。











f0236776_21533838.jpg
f0236776_21533543.jpg


もちろん、当時はライトアップなんてものは存在しません。
日没後は真っ暗闇の世界です。

街灯なんて無いでしょうね。


あたりが暗くなると徐々に大極殿が浮かび上がる。

聖武天皇は何を思い、何を考えて再び平城京に戻ったのでしょう。
想像してみてください。

何かが見えてきませんか?















by rato-yamato | 2015-05-28 22:02 | Trackback | Comments(8)
2015年 05月 25日
大台ケ原・・・せっかく撮ったから載せます。
まぁ、撮ったというだけです。
HDDの肥やしにもならないので載せます。




今日は夕焼けが凄かったですね。
仕事をしていない方々はいい写真が撮れたでしょう。




う~ん、悔しいけど仕方ない。











f0236776_21262335.jpg
f0236776_21261312.jpg
f0236776_21260951.jpg
f0236776_21260535.jpg
f0236776_21255371.jpg
f0236776_21255075.jpg
f0236776_21253627.jpg
f0236776_21252787.jpg







上北山村小橡










by rato-yamato | 2015-05-25 21:40 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 25日
絞りで遊ぼう
皆さんはどれくらいの絞り(F値)で撮影しますか?





私は被写界深度が欲しいときは躊躇なく最小絞りまで絞ることがあります。
本来は回折現象を嫌って最小絞りを使うことは良しとしない。

しかしRAWで撮影してキヤノン純正のDPPで補正すれば回折はキャンセルされます。










      絞り開放(F2.8)

周辺減光がおもしろい。
これを嫌う人が多いけど私は好きです。
周辺の流れも減光も「味」ですよ。
f0236776_21084223.jpg












      F8
いわゆる中間絞り
遠景ならパンフォーカスできます。
f0236776_21083836.jpg












      F20
最小絞りから1/3開きました。
近景にピントを合わせても遠景までクッキリ。
F16~20まで、よく使う絞り値です。

f0236776_21083345.jpg








上北山村小橡














by rato-yamato | 2015-05-25 21:23 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 24日
見放された・・・大台ケ原
3週連続のピーカンになっちゃいました。




もう、新緑の季節は終わりです。
標高の高い大台ケ原でも緑は深く濃くなってきた。

天気予報を信じていないと言えば嘘になる。
他に参考にするものが無いので天気予報を当てにする。
あぁ、それなのに・・・

今日の朝も眩しい太陽が顔を見せた。


雨の気配すらございません。














   どうした?
   なぜこうなった?


f0236776_17102365.jpg
f0236776_17101520.jpg
f0236776_17094595.jpg




上北山村小橡











by rato-yamato | 2015-05-24 17:19 | Trackback | Comments(11)
2015年 05月 21日
光が当たらないと物質は目に見えません。
目に見えている物質の色が本当の色かどうか、それはわかりません。

あくまでも私達人間の見えている色にすぎません。



朝焼けや夕焼けに感動し・・・
季節の花木に一喜一憂し・・・

季節を追いかけ、季節の瞬間を切り取る。
それらの演出に光は欠かせない。
















f0236776_21563579.jpg


by rato-yamato | 2015-05-21 22:06 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 20日
久しぶりの安田
今年の1月25日以来ですから約4ヶ月振りです。




昨日の夕方は職場からきれいな夕焼けを見ました。
やはり、私が撮影しない日はよく焼けますね。
さて・・・
夕焼けの翌日は朝焼けするとか、朝焼けのあった日は夕焼けするとか。
半ば都市伝説のように言われています。

当たっているような気もします。





で、昨日の夕焼けを指をくわえて見ていた私は・・・

















f0236776_11422178.jpg
f0236776_11421871.jpg
f0236776_11421551.jpg
f0236776_11421224.jpg
f0236776_19465256.jpg
f0236776_11420708.jpg
f0236776_11420467.jpg
f0236776_11420126.jpg
f0236776_11412865.jpg
f0236776_11474055.jpg



朝露が降りて清々しい朝でした。
まだまだ、宇陀の朝は寒いです。

宇陀の朝を撮りに行かれるときは上着をお忘れなく。







by rato-yamato | 2015-05-20 11:49 | Trackback | Comments(8)
2015年 05月 18日
眩しい日差しの森
本当に太陽が眩しい。



雨後で風が強いためなのか・・・
それとも高地だからなのか・・・

空が高くて青い。
木立から木漏れ落ちる日差しは真夏。














f0236776_21302931.jpg
f0236776_21250267.jpg
f0236776_21245977.jpg
f0236776_21245404.jpg


上北山村小橡 西大台








by rato-yamato | 2015-05-18 21:42 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 18日
森は目覚めていく・・・
朝日はすでに地平線から高く上がっているはず。




山陰はまだまだ寒い。
稜線には風が吹きつけ谷へと越えていく。

5月も後半に入ろうかというのに、やはりここは別世界。










f0236776_21110052.jpg
f0236776_21105713.jpg
f0236776_21104936.jpg
f0236776_21104655.jpg
f0236776_21103819.jpg
f0236776_21103259.jpg
f0236776_21103077.jpg

一時間ほど歩くと体が温まってきた。
地形が変化すると朝日が顔を出す。

いよいよ森は目覚める。



上北山村小橡 西大台




by rato-yamato | 2015-05-18 21:21 | Trackback | Comments(0)