<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 28日
明日香 気都和既橋
明日香村上(かむら)

この道路が開通するまでは細川谷を見下ろす絶景がお気に入りだった。
夏には冷たい風が吹き抜ける。









終わりかけのロウバイと紅梅が咲いていた。
まだ青空は見えているが山は霞んで視界は良くない。
f0236776_2151199.jpg

f0236776_2150594.jpg

f0236776_21505717.jpg

f0236776_21505528.jpg

f0236776_21505380.jpg

f0236776_21505219.jpg

f0236776_21505099.jpg

f0236776_21504676.jpg






明日から、いよいよ修二会の本行が始まる。
何度か足を運ぶことになるだろう。

また、今年も何らかの撮影をさせて頂くことになります。
松明だけが修二会じゃない。
もっと奥の深さを・・・

by rato-yamato | 2014-02-28 21:57 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 27日
安田の朝 ちょっと違う角度で・・・
Nさんとratoの2人だけになった安田で少しだけお喋りしながら何枚か撮りました。
知る人ぞ知るNさんは・・・
切り取りの名人・構図の魔術師とでも言っておきましょうか。

私の尊敬するカメラマンの一人です。






f0236776_2135856.jpg


f0236776_2135726.jpg

f0236776_2135474.jpg

f0236776_213547.jpg

f0236776_2135045.jpg

f0236776_2134559.jpg

f0236776_21345228.jpg

f0236776_21345871.jpg




水曜日は日陰に先週の雪が残っています。
今日の雨で無くなったとは思いますが、こんなことは珍しいですね。

来週の半ばには戻り寒波です。



このあと被写体を求めて宇陀から明日香経由で帰りますが
PM2.5で空は白けてしまい、思うように撮れないままです。

by rato-yamato | 2014-02-27 22:12 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 26日
安田 日昇
お坊様の名前じゃありません。
朝日が昇ってくることです。









      この濃淡がなんともいえませんな~
      朝日を画角に入れないほうがいいかな?
f0236776_16261113.jpg

f0236776_16261341.jpg








      伊那佐山と朝日
f0236776_1626355.jpg

f0236776_1626120.jpg

f0236776_16255833.jpg






このあと、N山さんと私の2人だけが残って何枚か撮ったあと
情報交換と写真のお話をウダウダと・・・。

どうもお疲れ様でした!

by rato-yamato | 2014-02-26 16:35 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 26日
夜明け
めずらしく一番乗りだった。


てつまんさんの記事を見ていると連続して安田へ通っておられる様子なので・・・
今日、水曜日は迷わず安田へ。

自宅を出る時は三日月が輝いていた。

最終的には4人が揃う。
私以外は宇陀を知り尽くす重鎮カメラマンたち。










         寒いです・・・
         冷えてます・・・

f0236776_1140972.jpg











        色温度が刻一刻と変化する。
        こういう時間帯が一番好きです。
f0236776_11415355.jpg

f0236776_11415932.jpg

f0236776_11415022.jpg

f0236776_11414784.jpg





安田の日の出は現在はこの位置です。
霜が降りて棚田の模様がきれいでした。

今朝のcafe安田クラブのコーヒーは格別でした。

by rato-yamato | 2014-02-26 11:51 | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 24日
いよいよ・・・
修二会

1263回も続いているということは、1263回続けてきた『人』がいるということです。

治承5年(1181)の平家の焼き討ちにも・・・
寛文7年(1667)の二月堂全焼にも・・・
昭和の太平洋戦争にも・・・

決して途切れること無く続けてきた『人』がいるということです。

素晴らしいことです。










f0236776_2158169.jpg

f0236776_21581039.jpg





今年はどんなドラマが待っていることでしょう。

by rato-yamato | 2014-02-24 22:09 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日
マスコミは怖い!
2回目の投稿・・・つぶやかせてください。


先日の森喜朗(東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)の発言が波紋を呼んでいます。
私もニュースで一報を聞いた時に、「またか~」と思いましたね。

神の国発言、選挙で無党派層は寝ていろ発言・・・

あぁ、日本の政治家はこの程度なんだな~と落胆していました。
しかし、あるサイトで発言の全文を読みました。
報道とは逆に彼女をフォローする内容であるようにも見受けられます。
まぁ、全文を読んでも配慮を欠いた発言であることに違いはないのですが・・・

今回の報道は、すごくねじ曲げられて伝えられていると感じた。
そこに記者の意図的な切り取りを感じずにはいられません。

そして、その意図的に切り取った報道を私たちは見聞きして、信じて、判断せざるを得ないわけです。
新聞や週刊誌の記事を信じないわけではありませんが、鵜呑みにしないほうがいいという事です。





森喜朗氏に関しては、それ以前の問題であるように思えますけどね。
あんな人が元総理であることが情けない。

ほんまに・・・







それと高梨沙羅ちゃん。
あえて『ちゃん』と言います。

17歳です。
高校生です。


競技のあとのインタビューで。
「たくさんの方々に応援していただけたのに、ベストを尽くせず、結果を残すことができなかったので、今は申し訳ない気持ちでいっぱい」

こんなに追い詰めてしまったマスコミ。
彼女の真面目な性格が影響していないとは言えないが・・・
あまりにも彼女が可哀想です。

17歳にこんな発言をさせるなんて。







たくさんの感動をもらった今回のオリンピックだっただけに
この2つの件だけが心に引っかかっています。










          2006年行者還林道
f0236776_19202344.jpg












          2006年大台ケ原大蛇グラ
f0236776_19201295.jpg
















          2006年談山神社
f0236776_19203348.jpg






やっとHDDの整理が終りました。
なつかしくて恥ずかしい・・・以前の写真を見返していました。

by rato-yamato | 2014-02-23 19:25 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 23日
期待は裏切られるためにあるのか?
昨日の天気予報では奈良市の最低気温は-5℃!
期待しましたよ・・・
一面に霜が降りた景色を。


しかしながら、夜明け前に起床すると・・・
西は晴れているが天頂から東には少し低い雲があるように見える。
自宅付近では0℃くらい。
これじゃ霜は望めません。

どうするか迷った挙句にやっぱり安田。
到着すると常連の皆様はすでにスタンバイです。
日曜日なので移動喫茶の『cafe 安田クラブ』は休業です。

割増休日手当をお支払いしますので日曜日も出店してくださいね。
S店長さん!









f0236776_164886.jpg

f0236776_1642834.jpg

f0236776_1642619.jpg

f0236776_164032.jpg

f0236776_1642048.jpg





さぁ、撮るものがありません。
山へ行けば雪は残っていますが昼間に溶けだした雪は夜間に再び凍り、ガチンガチンになっています。
私の車の装備では自殺行為なので自粛します。

梅は咲き始めましたが風景としては・・・まだ早いです。

さてさて・・・

by rato-yamato | 2014-02-23 16:09 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 22日
泣いた・・・
冬季オリンピック


どうも歳を重ねると涙腺が緩くなるんでしょうかね~
なんでもないことで感動してしまいます。

私たち一般人が知り得る数少ない情報の中でも数々のドラマがある。
実際には、もっともっといろんなドラマがあることでしょう。
そう、涙無くしては語れないドラマがね。

そんなオリンピックも終盤をむかえ、無事に終えようとしています。
日本人選手、いや全出場選手に拍手を送りたい。











さて

HDDの整理をしています。
1TB✕3台のHDDがゴチャゴチャになって、どこに何があるのかわからなくなってきた。
あぁ、面倒くさい・・・。

不要なファイルは削除・・・ゴミ箱へ
同じようなカット、露出のブラケットで使わなかったデータ・・・

いっぱい捨てた。

全部、残すというカメラマンも多いでしょう。
しかし、一生かけても見ないまま終わりそうなデータは捨てましょう・・・。













f0236776_23124527.jpg

f0236776_23124353.jpg

f0236776_23124198.jpg

f0236776_23123956.jpg

f0236776_23123829.jpg

f0236776_23123622.jpg

f0236776_23123387.jpg





ちょっと古い写真です。
ブログを始める前の写真かな?

下市町秋野川の桃源郷
月ヶ瀬梅渓
吉野山

by rato-yamato | 2014-02-22 23:26 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 20日
景観
全国に小京都と呼ばれる場所は多い。
しかし、小奈良とは決して言わない。


どこの観光地でも景観は大事です。
馬籠宿などの昔の家並みを再現した町は良く整備されています。
小京都と呼ぶにふさわしい町並みも多い。

現代を想像する建造物は極力、隠すように考えてある。
その一つが電柱です。

電柱を無くする効果は大きい。
まさにタイムスリップしたような気になる。

では、奈良はどうでしょう?
まったく無電柱化は進んでいません。

明日香や、なら町でも・・・
平気で立っている電柱群。
色気のない街灯。
無粋な民家。
派手な看板。

奈良市は広告看板の規制があるため毒々しい色の看板は少ない。

その他は無法地帯と化している。
稲渕の棚田の電柱がいい例です。
以前に上山氏が嘆いておられました。




相変わらず、やり方が下手くそな奈良県。
ほんまに下手くそやね。











     電柱でござる・・・
f0236776_23251858.jpg

f0236776_23251492.jpg










f0236776_23251328.jpg

f0236776_23251245.jpg













10年前の又兵衛(瀧桜)

このブログに春の又兵衛は登場しません。
それは景観が台無しだから・・・。

10年前に15年ぶりで訪れた又兵衛はすっかり様変わりしていた。
それ以来春の又兵衛は撮っていません。
あまりに人気が出てしまい人が多すぎるのも理由のひとつです。

桜が可哀想でそっとしておいてやろうと思ってしまいます。
まぁ、私ひとりがそっとしたところで体制に影響は無いでしょうけど。







休日の満開でも、こんな感じでした。
f0236776_23322522.jpg

f0236776_23321844.jpg

f0236776_2332123.jpg





どこからでも撮れたんです。
護岸の工事が景観を台無しにしました。

by rato-yamato | 2014-02-20 23:37 | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 19日
春よ来い
まだまだ山には雪がいっぱいです!
大雪を降らせた低気圧はオホーツク海で台風並みに発達して大陸の寒気を押し下げました。
そのおかげで太平洋を進む今度の南岸低気圧は南に下がって天気予報の雪マークが消えましたね。

予報士によれば今年はこういうパターンが春まで何度かあるらしい。
つまり3月も寒くなるようです。

お水取りの期間中に雪が積もるかもしれません。











今日は夜明け前に起きたものの空を見て、もう一度寝ました!
今度、起きたらお昼でした・・・。

やはり疲れが溜まっているようです。
朝昼兼用のご飯を食べて愛犬の散歩を済ませて・・・
2時を過ぎてから出かけました。

アテはありません。










巻向川の蝋梅は終りに近づいています。
色あせてきました。
まだ雪が所々に残ります。
f0236776_20401387.jpg










箸中では紅梅が咲き始めました。
後ろには三輪山です。
f0236776_20401048.jpg













橿原市戒外町の赤と黄のマンサクは満開です。
白梅も咲きだして春は近い。
f0236776_2040835.jpg
f0236776_2040418.jpg


f0236776_2040626.jpg

f0236776_2040043.jpg

f0236776_20395887.jpg

f0236776_20402100.jpg






今回は単なる記録写真です。

m(__)m

修二会の練行衆試別火(ころべっか)入りが20日から始まります。
心は修二会へ。
そして大和路の春は近い。

by rato-yamato | 2014-02-19 20:50 | Trackback | Comments(2)