<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 26日
過ぎゆく2013年 今年もお世話になりました!
一年で一番の多忙な時期です。
公私ともに。

肉体的にも精神的にも疲れ果てます。
なので年内の更新は今日で最後にさせていただきます。



いろいろと書きたいこと、言いたいことはたくさんあります。
でも、いつも書き込む寸前に、どういうわけか書き込み意欲が薄れていき
まぁ、ええか~次でも・・・

って、なってしまいます。


こんな我がままブログにいつもお付き合いいただき感謝です。






今年もいろんな出会いやエピソードがありました。
今年はじめて出会ったカメラマンさんたち。





1) 念願のtoshiさんに出会えて知り合いになれた。

いつも冷静沈着で慌てたtoshiさんを見たことがありません。
いってみれば、頼りになる兄貴的存在とでも言いましょうか?





2) 若手カメラマンのJr.さん登場?

勝手に命名しましたが、今となっては言い得て妙やな~って思ってます。
団塊の世代の重鎮さんたちが引退したあとは彼の時代でしょう。

あれ?ratoの時代は・・・?







3) 海賊さん・・・海から丘に上がる?

人生の先輩として、またイロイロと相談にのってください。
いつもありがとうございます。





4) I本さんは神出鬼没・・・。

私が還暦を迎えるのは、まだ数年ありますが、それまで写真の趣味をやめないで待っていてください。






5) 最後にshuさん 

大和路の下品な(失礼)カメラマンたちとは違って上品で風格あるカメラマンさん。
また大和路のどこかでお会いできることを楽しみにしています。




みなさん、本当にお世話になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。








f0236776_2314664.jpg


f0236776_2314476.jpg

f0236776_232318.jpg

f0236776_2314053.jpg

f0236776_2313860.jpg

f0236776_2313677.jpg

f0236776_2322372.jpg

f0236776_2313396.jpg

f0236776_2313072.jpg

f0236776_2312756.jpg







みなさん、良いお年を・・・。

by rato-yamato | 2013-12-26 23:12 | Trackback | Comments(18)
2013年 12月 24日
Mary Christmas!
ratoはキリスト教徒ではありません。

日本人ほど無宗教な民族は無いでしょうね。
無宗教といえば語弊があるかもしれませんので多神教と書いておきましょう。
八百万の神々を信じる日本人は世界でも特殊な民族なのでしょうか?

お正月には神社で手を合わせ、教会で結婚式を挙げて、葬儀は僧侶がお経をあげる。
海外の行事や習慣は宗教に関係なく取り入れる。

ハローウィンなんてまったく日本人には関係ないのにな~。
クリスマスもそうですが・・・宗教的な意味合いは抜きにして純粋に楽しいことが好きなんでしょうかね?













f0236776_23285484.jpg

f0236776_23285244.jpg

f0236776_23284926.jpg

f0236776_23284745.jpg

f0236776_2328449.jpg





天理駅前のイルミネーション

by rato-yamato | 2013-12-24 23:31 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 23日
明神平 カップヌードルは冷めたけど・・・
本日、2回目の更新です。


お昼すぎに明神平へと到着です。
予想していたとおり強風とガスで写真を撮るような状況ではありません。
ザックに入れてきたカップヌードルを食べることにしましょう。

山頂の山小屋の風下へと逃げ込みますが・・・
風は巻き込んできます。
カップにお湯を入れて3分間・・・

3分間待ったら、なまぬるいカップヌードルの出来上がりです。


でも、何よりのご馳走です。
空腹に勝るご馳走はありません。

あっという間に完食です。





ここで一瞬だけ下界が見えました。
大和平野と金剛葛城が顔を見せました。

これだけでも来た甲斐があるというものです。














f0236776_2117733.jpg

f0236776_21171774.jpg

f0236776_2117361.jpg

f0236776_21171226.jpg

f0236776_21165995.jpg

f0236776_211779.jpg

f0236776_21165519.jpg

f0236776_2117421.jpg

f0236776_21165134.jpg

f0236776_21165976.jpg

f0236776_21164626.jpg






教訓・・・明神平へはカンジキかスノーシューが必要です。
疲れたけど・・・おもしろかったです。

でも、もう二度と行かないかもしれません。

by rato-yamato | 2013-12-23 21:24 | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 23日
明神平 手袋は凍ったけれど体はポカポカ
標高が上がるに連れて木々の様子が一変します。
風上に向って「エビの尻尾」が伸び、雪は乾燥してきます。
いわゆるパウダースノーというやつですね。

手袋に付いた雪が体温で溶けて外気温で再び凍ります。
カチカチになるとカメラの操作が困難です。

寒さが伝わるような写真が撮れたかな~

でも登っていると体は、うっすら汗さえもかきます。
着るものの調節がむつかしいですね・・・。








f0236776_20461477.jpg

f0236776_20461528.jpg

f0236776_20461011.jpg

f0236776_2046841.jpg

f0236776_2046886.jpg

f0236776_2046343.jpg

f0236776_2046156.jpg

f0236776_2045598.jpg

f0236776_20455755.jpg

f0236776_20455532.jpg

f0236776_20455390.jpg

f0236776_20455098.jpg






あ~、青空が欲しい・・・

by rato-yamato | 2013-12-23 20:55 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 22日
明神平は遠くて寒い別世界だった
2013年の冬至は22日です。
今日は柚子を湯船に浮かべて入りました。






さて、朝は安田です。
性懲りもなく馬鹿ばっかり(失礼^^;)集まりました。
ratoが到着すると、すでにI本さん、N西さん、Jr.さん・・・
やがて重鎮のT田さん、M上さん・・・

今日は6人全員が常連で顔見知りという安堵感の安田でした。
ただ、写真的には、まったくダメでしたけどね。
家を出るときの空は良かったんですけど・・・。



いつものようにそれぞれが言いたいことを言うと解散ですが・・・
今日はratoと Jrさん で明神平へ向かいます。

ここで何気なく聞いていたT田さんの言葉が後になって理解できるのです。


















登山口時点で、すでに雪景色
さぁ、登りはじめましょう!
f0236776_2040029.jpg

f0236776_20395525.jpg

f0236776_2039522.jpg

f0236776_2039501.jpg

f0236776_20394793.jpg

f0236776_20383729.jpg

f0236776_20383393.jpg

f0236776_20383085.jpg

f0236776_20382817.jpg

f0236776_20382562.jpg




登山口-----90分------明神平-------60分-------登山口

この観光案内板にだまされてはいけません。
昨今の水害で登山道は寸断され、道無き道を登る必要があります!
沢を何度も渡り、つづら折れを登ります。

写真を撮りながらですが、登りに4時間・・・下りは休憩なしで90分程度は必要です。
当然ながら雪山の装備も・・・

ここで、T田さんの「明神平へ行くならカンジキが必要やで」の言葉が頭に浮かぶのです・・・




明日に続く・・・・

by rato-yamato | 2013-12-22 20:57 | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 21日
今年の残り柿は少ないかも
たわわに実った木もあります。
しかし、寂しいほど実が少ない木も多い。
奈良市東部の山間部をratoは勝手に残り柿の里と呼んでいる。

今年はちょっと少ないな~
















f0236776_2316276.jpg

f0236776_23162570.jpg

f0236776_23162363.jpg

f0236776_23162034.jpg

f0236776_23161827.jpg

f0236776_23161699.jpg

f0236776_2316833.jpg





明日の日曜日を休むと大晦日まで無休です。
今の仕事をやりだしてからは年末をゆっくり過ごすのは不可能になった。

去年は「四季大和路」シリーズを連載して更新をごまかしていた。
今年はあまりいい写真がないので回顧の記事はやりません。

by rato-yamato | 2013-12-21 23:22 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 20日
飛鳥川 頬を伝うのは汗か涙か雨粒か・・・
18日の水曜日

悲劇の起こった直前の写真たち・・・













f0236776_2214065.jpg

f0236776_2213838.jpg

f0236776_2213778.jpg

f0236776_2213481.jpg

f0236776_2213232.jpg

f0236776_2213092.jpg

f0236776_221284.jpg

f0236776_2212643.jpg

f0236776_221249.jpg

f0236776_2212173.jpg



最後の写真のデータを見返したら、時間は午前11時5分
この直後に和尚さんの言葉に振り向いた瞬間に三脚が倒れた。
水平が狂っていたとは思っていない。
ただ、足場の関係で前足側を2本にして後ろ足側を1本にしていた。

まっすぐに前に倒れた。
レンズが衝撃のすべてを受け止めてマウント付近で二つに割れた。
奇跡的にボディは無傷・・・

不幸中の幸いと言うには代償が大きすぎる。

by rato-yamato | 2013-12-20 22:09 | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 19日
天気予報を信じてはいけません!
水曜日は雪が降るはずだった。
前夜から興奮して寝付きが悪い。

公休日と雪の日が重なるのは一年に何度あることやら。
そんな日が年末にやってくるなんて。




が、しかし。
天気予報は外れた・・・。
朝、起きたときの暖かさに落胆し、雨の音にもう一度落胆した。

それでも宇陀あたりは、きっと雪に違いない。
そう信じてスタッドレスタイヤを履いた家内の車で宇陀へ向った。
(なぜ、自分の車に冬タイヤを履かないかと言えば一冬で履きつぶしてしまうから・・・)








f0236776_225935.jpg

f0236776_225634.jpg

f0236776_225473.jpg

f0236776_225130.jpg

f0236776_2245968.jpg

f0236776_22456100.jpg





皆様・・・。

前回の記事にたくさんの励ましの言葉をいただきましてありがとうございます。
ratoはゼンゼン落ち込んでいません。

いや、ちょっとだけ・・・

レンズは修理の見積に出しました。
結果は報告します。

えっ、聞きたくないって・・・?

by rato-yamato | 2013-12-19 22:17 | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 18日
やっちゃった・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・(*_*)








f0236776_12311286.jpg

f0236776_123115100.jpg





まぁ、いろいろありますわ~。
さて、どうしたものか・・・。





今回は自虐ネタです。
自分の不注意を自分で戒め、反省します。



皆さんも注意しましょうね。

by rato-yamato | 2013-12-18 12:37 | Trackback | Comments(21)
2013年 12月 17日
定番写真から脱却できない・・・
安田のあと、山添に向かう。
残り柿が気になっていた。

柿の実は年によって当たり外れがあるようです。
いつものつもりで出かけると裏切られる時がありますね。












f0236776_21515031.jpg

f0236776_21514829.jpg

f0236776_21514655.jpg

f0236776_21514426.jpg




曇り空だったが、ここに到着すると青空が広がった。
絵になる雲も出た。
すぐに曇ってしまい、その後は太陽がでることはなかった。

by rato-yamato | 2013-12-17 21:57 | Trackback | Comments(0)