<   2013年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2013年 10月 31日
宇陀の朝
岩清水と一般的には言っていますが正確には塚脇になるようです。
大宇陀や榛原には魅力的な朝の景色が多く見られます。

この日、朝一番の安田ではカメラを出すこと無く場所を移動します。
伊那佐山も朝日も見えないまま・・・。
どこへ行こうか迷いました。

このまま帰って寝ようかとも考えました。






太陽が顔を見せたのはすでに高い位置でしたので感動するような景色にはならない。
なかなか美味しい景色はそう簡単に出会えません。






f0236776_2248242.jpg

f0236776_2248040.jpg

f0236776_22475851.jpg

f0236776_22475683.jpg

f0236776_22475422.jpg




このあとは鳥見山へと向かいました。

by rato-yamato | 2013-10-31 22:51 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日
今日はお祭り~ (3)
祭りのクライマックスは獅子舞です。

子供の頃はどこの祭りでも獅子舞や太神楽が出ました。
刀や和傘を使った曲芸に見入っていました。

獅子舞が家の玄関で舞っています。
家人が出てくるまで舞っています。
子供達が獅子舞のあとをゾロゾロとついて回ります。
志納金を受け取って次の家へと向かいます。

厄除け、五穀豊穣、無病息災、ときには雨乞い・・・。

そんな光景はもう見られません。
かろうじて保存会が保存している獅子舞が出張して舞うのが現代の状況ですね。

現代に獅子舞がいたなら・・・朝っぱらからウルサイ!なんて苦情が出るんでしょうかね~。








              観衆に向ってお祓いです。
f0236776_1533863.jpg







f0236776_1533286.jpg

f0236776_1533230.jpg

f0236776_15332415.jpg

f0236776_1532593.jpg

f0236776_15332043.jpg








                    肩に乗って回る獅子舞は初めて見た。
                    上に乗っているのは彼女でした。
f0236776_15331832.jpg












                 この観衆に対して餅の量は多すぎます。
f0236776_15334564.jpg


f0236776_15334935.jpg



最後の方は半ばヤケクソで撒いていたような気がしますね~



櫻實神社の記事はこれでお終いです。
長々と引っ張って・・・すみません m(__)m

by rato-yamato | 2013-10-30 15:39 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日
今日はお祭り~ (2)
それぞれの晴れの日。
皆んなが主役。

そんなお祭りでした。
久しぶりに楽しみました。





話はそれますがご容赦を・・・

私が生まれ育った奈良県橿原市には「愛宕祭(あたごまつり)」がありました。
春日神社の境内や国鉄の畝傍駅がメイン会場です。
「八木の愛宕さん」と呼ばれ、毎年8月23日から3日間、大勢の人で賑わいます。
伊勢街道(横大路)沿いには「立山」と呼ばれる造り物が展示されて楽しませてくれました。
八木中が移転して跡地に会場が移ってから変になってきました。

暴走族や雑踏の警備が厳しくなり年々縮小傾向になった。
今は橿原市を離れてしまったので、どうなっているのか知りません。

愛宕さんは本来、火難除けの神様として信仰され、この地方は火災が少なくご利益があったと言われます。
そんなことを思い出しながら、この祭りを見ていました。







          本日の主役の皆様
f0236776_13133775.jpg

f0236776_13133595.jpg

f0236776_13133265.jpg

f0236776_13133030.jpg

f0236776_131327100.jpg








今日は早朝の安田に行きましたがカメラを出すこと無く解散です。
ガスで伊那佐山は見えず、太陽も出ず。

ひとりだけ岩清水へ移動して太陽を待ちました。

by rato-yamato | 2013-10-30 13:36 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日
今日はお祭り~
いつも早朝の風景を撮影にでかける宇陀市榛原の安田。
そのとなり町の笠間に櫻實神社があります。
難しい字ですが現代の字に置き換えると桜実神社となります。

「天然記念物 八ツ房杉」で有名な佐倉の桜実神社は知っていました。
が、ここは知りませんでした。

当日の朝、安田でお会いしたSさんに教えていただきました。
伊勢神宮の式年遷宮に合わせて神社の一部改築が行われ完成を祝います。
立派なお祭りでした。




こういうイベントを撮るのは苦手です。
場所取りが全てでしょう。
ですから一般人が入れないところに入れる報道や関係者の撮る写真が一番いいのは当たり前です。

われわれ一般人はテーマを絞って撮ればいいかもしれませんね。
でも苦手です・・・。






f0236776_23222695.jpg









             ボクちゃん、獅子舞に噛んでもらうときはヘルメットを脱ごうよ。
f0236776_22491860.jpg








             ここの餅まきは危険ですらある。
             硬い餅が容赦なく飛んでくる。
             当たると痛いですよ・・・。
f0236776_22491491.jpg





もう少し、お祭りの写真がありますが、投稿しようか思案中です。
Sさん、人物が特定できる写真に問題がありましたら削除いたします。
携帯までご連絡くださいませ。

m(__)m

by rato-yamato | 2013-10-30 05:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 29日
一日が終わる頃・・・
厳密に言えば、その日が終わるのは午前0時の日付変更時点ですね。
でも、私の場合は日没がその時です。

沈む太陽を見るのが大好きです。
もちろん朝日が昇るのも好きですけど・・・。
大和路には朝日や夕日の撮影ポイントがいくつもあります。

季節の移ろいとともにポイントも移動していきます。
ですからカメラマンは一様に同じ場所に集まるのです。

特に二上山への鞍落ちをねらうカメラマンはピンポイントで集まります。
春と秋の檜原神社がいい例です。
カメラマンに寛大な神社と宮司さんに感謝しましょう。









で、日曜日の崇神天皇陵付近からの夕日です。
直前のいい感じの雲は北風に流されて消えました。

まぁ、いつものことです。




f0236776_21542031.jpg

f0236776_21541830.jpg

f0236776_21541366.jpg

f0236776_2154106.jpg

f0236776_2154818.jpg

f0236776_2154672.jpg




大台ケ原から帰ってきたジュニアさんとマスイさん。
お疲れ様でした~。

by rato-yamato | 2013-10-29 21:56 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 28日
稲渕の秋・・・収穫
今日、28日はこの秋一番の冷え込みでしたね。
奈良市内で7℃台まで。
針では3℃まで下がりました。

暑いと不平を言っていたと思ったら一気に冬の気温です。
いや、これで平年並みなんでしょうか。
長い夏のあとにいきなり冬がやってきたようです。

温度変化に体がついていきません・・・









明日香村稲渕では棚田オーナーによる稲刈りが始まりました。
皆さん、悪戦苦闘中でしょうかね?

美味しいお米ができたかな~。




f0236776_21554248.jpg

f0236776_21554039.jpg

f0236776_21554447.jpg

f0236776_21553651.jpg

f0236776_21553389.jpg

f0236776_2155382.jpg

f0236776_21553646.jpg

f0236776_21553467.jpg

f0236776_21552142.jpg

f0236776_21551975.jpg

f0236776_21551634.jpg


オマケのPLフィルター・コーナー?

by rato-yamato | 2013-10-28 22:01 | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 27日
宇陀の朝
カメラマンたちは飢えていた。
カメラマンたちは待っていた。

台風が去り、雨が上がり、写真を撮ることを・・・。

安田の朝は盛況でした。
だからと言って微笑んでくれないのが天気というものです。

また次の機会ですね。













             ええ雲やったのにな~
f0236776_18554620.jpg

f0236776_18554454.jpg

f0236776_1855413.jpg

f0236776_18553955.jpg

f0236776_18553714.jpg

f0236776_18553451.jpg





寒い朝だった。
少し風があったので霧は流れない。
やっと、この時期らしい気温に戻った。

by rato-yamato | 2013-10-27 19:08 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 25日
雨降る暗い森を彷徨う
雨の日の森の中は想像以上に暗い。
PLを付けて絞り込むと絞り優先ではSSが30秒を上まわってしまう。
仕方なくISOを上げる。

風があるのでブレてしまう。
最後の写真はISOを6400まで上げた。
画像処理を適切にやれば多少の解像感を犠牲にすることで十分、観賞に耐えるかも?

できれば使いたくない高感度です。










                     宇陀市室生
f0236776_2247014.jpg


f0236776_22465792.jpg

f0236776_22465415.jpg









                    宇陀市荷阪
f0236776_22465275.jpg

f0236776_22464979.jpg

f0236776_22464645.jpg






もう、何を信じていいのか、わからなくなってきた。
ヤマト運輸のクール便の不適切な扱いが報じられた。

あのヤマト運輸ですら、そんな調子なのだから他社は何をか言わんや。

by rato-yamato | 2013-10-25 23:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 24日
雨の水曜日 (3)
久しぶりにウロウロした水曜日でした。

あてもなく・・・
交差点でどちらへ行くかは気分次第。
なにが撮りたいのか・・・
どこへ行きたいのか・・・

なんにも決めないでウロウロ。










                       奈良市阪原
f0236776_21334966.jpg

f0236776_21334718.jpg

f0236776_21341616.jpg

f0236776_21334436.jpg













                      布目ダム
f0236776_21334242.jpg
















                         奈良市深川
f0236776_21333976.jpg





相変わらず雨は降り続く。
そんなに冷たい雨ではありません。

台風の進路が気になります。

by rato-yamato | 2013-10-24 21:38 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 23日
雨の水曜日 (1)
このところ、休みの日とお天気の噛み合わせが悪い。
雨は嫌いじゃない、むしろ好きです。

しかし・・・これだけ雨に降られると天気に振られた気分。
週間予報では週末まで雨。
しかも二つの台風が接近したら予報は困難になりそう。
聞いた話では接近しても合体することはないという。

現時点では28号(鉄人では無い)は905hPa、強さは『猛烈な・・・』
このままの勢力で北上はしないと思うけど。









自宅付近でセイタカアワダチソウを撮った。


f0236776_1831530.jpg


f0236776_1831299.jpg












          柿にピント
f0236776_183657.jpg













          セイタカアワダチソウにピント
f0236776_183919.jpg













           ススキがそろそろ咲くかな~
f0236776_183198.jpg







この頃は何が起こっても驚かなくなった。

例えば東電福島原発事故の汚水処理。
傾いたタンクに上限まで注水したら溢れるのは当たり前。
排水パイプを引き抜いたら汚染水を被るのは当たり前。

そんなことも判断できないほど疲れているのでしょうか?
だとしたら問題は大きいです。
あのような防護服を着ていては注意力も持続しないでしょう。



産地偽装や原材料の偽装もさもありなん。
例の阪急ホテルです。
内部告発ほど怖いものはありません。
会社(経営者)は社員を敵に回さないように注意を払う必要があります。

パワハラばかりやっていると、いつかは社員からシッペ返しを喰らうでしょう。



先日の米の産地偽装で思っていたのですが業社が一方的に悪者にされています。
しかし、大手スーパーが業社に圧力をかけたかもしれません。
安くしないと業社を変えるぞ。
この値段以下で卸さないと業社を変えるぞ。
いくらでも業社はあるんだぞ。

で、仕方なく産地偽装をやってしまい、そのままズルズルと・・・。

考え過ぎか?



若い時や少年の頃はニュースや新聞にあることが全てだった。
それ以上もそれ以下もない。
しかし、最近は裏があるように思えてならない。

このニュースの裏にはこんなことが隠れているのでは?とか勘ぐってしまう。

例えば原発事故当時の吉田所長が癌で亡くなった。
これは口封じではないか?
すべてを知っている所長を暗殺して原発内部のメチャクチャ加減を外部に漏らさないためか?

なんてことは有り得ないだろうけど。



もっと素直にならねば・・・。




雨の水曜日 (2)

by rato-yamato | 2013-10-23 18:30 | Trackback | Comments(0)