<   2013年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2013年 05月 29日
野焼きか?火事か?
ちょっと危ないほど燃えてます。








明日香村稲渕

f0236776_2204190.jpg

f0236776_2204673.jpg




近畿地方が5月に入梅するのは珍しい。
雨は嫌いじゃないが・・・鬱陶しいジメジメした梅雨は好きじゃない。

北海道根室の桜がやっと咲いたという。
3月に九州で開花してから桜前線は75日で日本列島を縦断し終着点に達した。
統計をとり始めてから、もっとも長い期間をかけての縦断なのだそうだ。

by rato-yamato | 2013-05-29 05:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 28日
ご挨拶・・・細川様
細川といっても、あの細川護煕元首相ではありません。
明日香村細川です。

棚田に水が入り始めると、ここに来たくなる。

そして、いつも思うことがある。
もう細川はええやん。

ここに居れば皆んな同じ写真が撮れる。
だから面白くない。




だからといって飽きてしまった訳ではない。
いちおう今年最初のご挨拶に・・・

拝啓、細川様。
今年もよろしく。





f0236776_226910.jpg

f0236776_2254910.jpg

f0236776_2254680.jpg

f0236776_2254339.jpg


by rato-yamato | 2013-05-28 05:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 27日
フレアーとゴースト
写真・カメラ雑誌やネットの機材の評価では、いかにしてフレアーやゴーストを抑えているかが問われる。
偉い写真の先生方が機材のウンチクを延々と語ったりする。

私はフレアーやゴーストも出るものは拒まない。
逆に盛大に出たほうが面白かったりするが・・・。

朝日や夕日でファインダーが真っ白になるようなフレアーはさすがに手や帽子でハレ切りするけど・・・。





フレアー

f0236776_2261975.jpg

f0236776_2272463.jpg


f0236776_226786.jpg










ゴースト
f0236776_2272884.jpg







石田橋では少し控えめな川霧が立っていた。
高く上がった太陽は写真的に面白くないので早々に解散。
f0236776_2272625.jpg






宇陀市榛原石田橋にて。

by rato-yamato | 2013-05-27 05:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 26日
夜明け・・・安田は優しかった
昨夜は帰宅してからすぐに就寝しようと思ったのだが・・・
どうしても、やらなければならないことがあった。

午前0時を少し過ぎてようやく就寝した。
目覚ましは4時に掛けてある。
ところが3時に目が覚める。

困ったことだ。
もう眠れない。

星でも撮ろうかと表へ出る。
薄い雲があるが、おおむねいい天気か?

仕方ないので安田へと向った。











f0236776_11382569.jpg


額井岳が見える場所で撮っていたが焼けそうにないので・・・
ポイントをいつもの場所に移動した。
和尚さんが先に来ていた。










f0236776_11382270.jpg

PENTAX645の方とtoshiさんと3人で朝日を待つ。





f0236776_11382061.jpg



f0236776_11381623.jpg

f0236776_11381373.jpg






地平線の彼方に雲があったのでしょう。
日の出前の朝焼けは無かった。

優しい朝日が顔を出して一日が始まる。




連休の頃に明日香でお会いしたカメラマンさんも加わって、しばし談笑する。
今日は写遊さんが来ないので静かだ・・・(失礼m(__)m)






f0236776_1138991.jpg








農作業の方が来られたのかと思ったら・・・和尚さんだった。

by rato-yamato | 2013-05-26 11:50 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 25日
唐古
日本は世界有数の長寿国です。

本当にそうなんでしょうか?
確かに先日の三浦雄一郎さんのように80歳でエベレストに登頂してしまう、お元気なご老人は素晴らしいです。
しかし現実はどうでしょう。

寝たきりで介護が必要なお年寄りがたくさんいらっしゃいます。
私の両親は父が今年84歳、母が80歳です。
おかげさまで今のところ介護は必要ありません。

さて、長寿=幸福でしょうか?
必ずしもそうではありません。
いや、そうでなければならないはずです。

健康で年老いて天寿を全うしたい。
それで、世界一の長寿国になれば理想的です。













水曜日の唐古遺跡楼閣です。


この日は3時に起きて宇陀へと向ったので夕方は仮眠していた。
giriさんからのメールで目覚めた。

怪しい雲だったので自宅から5分で行ける唐古に向かう。








f0236776_21594611.jpg

f0236776_215940100.jpg

f0236776_21593437.jpg





前述の三浦雄一郎さんはスキーヤーでもあり冒険家でもあるわけですが、
私の尊敬する(あこがれる)スキーヤーを書いてみましょう。



まずは・・・猪谷 千春(いがや ちはる)
     日本人としてはじめて冬季五輪メダリスト

そして海和 俊宏(かいわ としひろ)
     FISワールドカップ・男子回転で第一シード入りを果たす。
     映画「私をスキーに連れてって」での主人公の吹き替えをする。

3人めに岡部 哲也(おかべ てつや)

最後に木村 公宣(きむら きみのぶ)
     1988年の長野五輪と引退レースの2003年志賀高原には彼に会いに行きました。
     





明日の早朝は宇陀へと向かいます。

by rato-yamato | 2013-05-25 22:19 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 23日
石田橋は霞か靄か?
水曜日の宇陀の続きです。

安田で日の出を迎えたあと、どこへ移動するか考えていた。
室生湖も候補にあったが、結局は石田橋へと向かう。
(和尚さんの提案でした)





途中の篠楽で。
f0236776_22381060.jpg




石田橋付近には薄くガスが入っていますが写真にするのは難しいです。
f0236776_2238893.jpg

f0236776_2238467.jpg

f0236776_2238442.jpg

f0236776_22375919.jpg

f0236776_22375543.jpg

f0236776_22374020.jpg














さて、昨日の記事でWindowsビューワーの表示が変だと書きました。
それは解決したのですが、そもそもWindows7以前ではカラーマネジメント機能を重視していませんでした。
ですから写真を趣味にしている方々や印刷物を扱う商用ではMacの方が一歩も二歩も進んでいた。

しかしWindows7からはICCプロファイルをサポートしているので正確な色が出せるはず。
と、思い込んでいた・・・。

さらにはモニターのAdobeRGB と sRGB との色域の差もあり、私にはわけが分からなくなっていたのです。
ちなみに私が使っているモニターはAdobeRGB対応のEIZO(旧ナナオ)です。





結論・・・

カラーマネージメントを完璧にこなそうと思えばそれ相応の知識が必要。
そこまで追い込む必要のない人は何にも気にせず今の環境で写真を楽しむべし。

それでも、ちゃんとした色を求めるのならMacを使おう。

by rato-yamato | 2013-05-23 22:41 | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 22日
まだ夜明けは寒い・・・安田
日中の気温は30℃にならんとする。
しかしながら夜明け前の一番気温が下がる頃は10℃を下回るかもしれない。

先日に撮影用の車載物を一掃した。
冬の上着やら防寒靴、手袋・・・を降ろした。
そのかわり汗かきの私用のタオル類を積み込んだ。

寒さで震えながら撮影した。
ときおり車内に逃げ込みながら。

そこへ和尚さんが現れてカッパを貸していただく。




神様仏様に見えた。
お酒をお供えした。




f0236776_1021111.jpg

f0236776_1021820.jpg

f0236776_1021488.jpg





新しいPC環境になって、しばらく経ちましたが少し戸惑っています。
 Photoshopやキヤノンの現像ソフト(DPP)で調整した画像を保存して
 Windowsビューワーで見ると色の濃さやコントラストが違って見えます。

 Windowsビューワーの方が明らかに濃く暗くコントラストが強く見えます。
 何かが間違っているのでしょう。
 原因がわかりません。

 貼り付けるサイズも試行錯誤です。
 今回は長辺を1280pixelにしました。

 
 何か気づいた点がありましたらコメント欄までお知らせ願えますでしょうか。
 私は私の環境でしか見ていませんので皆様がどのように見えているのかがわかりません。

 m(__)m













追加します。
スクリーンショットを貼り付けてみます。


右がキヤノン純正の現像ソフト(DPP) 左がWindowsビューワー
f0236776_1055517.jpg



Webに載せると現像ソフトと同じ画像に見えますがWindowsビューワーだけ違って見えます。

by rato-yamato | 2013-05-22 10:36 | Trackback | Comments(7)
2013年 05月 21日
雨の吉隠
奈良県桜井市吉隠(よなばり)
難しい地名です。
奈良には難読な地名が多くあります。
その中でも、もっとも難読な部類でしょうか。

他には

『賀名生』・・・あのう           梅林で有名ですが、これも読めません。
『雲梯』・・・うなて             橿原市にあります。
『三碓』・・・みつがらす         奈良市 阪奈道路に信号があります。
『南京終』・・・みなみきょうばて    昔、京都の友人が『なんきんおわり』と読みました。
『餅飯殿』・・・もちいどの        奈良市の商店街です。

皆さんの知っている難読地名を教えてください!









雨を待っていました。

しかし、この日は体調が悪くて寒気がしてきました。
寒い寒いと言っていたら頭痛もしてきました。

せっかくの雨なのに・・・
待っていた雨の日なのに・・・

写遊さんとマスイさんと別れて帰宅することにしたのです。









なにやら、怪しい二人です。
f0236776_22253836.jpg

f0236776_22252843.jpg


f0236776_22252493.jpg

f0236776_22252125.jpg

f0236776_22251761.jpg

f0236776_22251427.jpg

f0236776_2225595.jpg

f0236776_2225037.jpg


by rato-yamato | 2013-05-21 22:28 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 20日
PLフィルター
良いか悪いかは別にして・・・
好きか嫌いかも別にして・・・
効果があるかないかも別にして・・・

私の所有する数本のレンズにはキャップと保護フィルターを兼ねて?C-PLが付けっぱなし。


以前のマニュアルフォーカスカメラの時代は安価なPLフィルターでした。
ところがオートフォーカスカメラになり、C-PLに変更されデジタルになり
複雑なコーティングが施され次第に高価になってしまう。
(これもメーカーの陰謀か?)

AFカメラにはC-PL(CircularのC)でないとフォーカスに支障をきたすらしいが
以前から使っているCではないPLでも普通に使える。







撮り比べてみた。
(撮影地 桜井市吉隠)


               
                 効果最大位置で撮影。
f0236776_2225811.jpg







                 
                  PLフィルターは付けたまま。
                  効果最小位置で撮影。
f0236776_222541.jpg
















                       効果最大位置で撮影。
f0236776_22264652.jpg


















                        効果最小位置で撮影。
f0236776_22254298.jpg





雨の日こそ効果的に使用したい。
効果を最大にして反射を取り除くと田んぼに落ちる雨の様子がわからない。
しかし、コントラストは上がって一見すると派手目の写真になる。

by rato-yamato | 2013-05-20 22:34 | Trackback | Comments(4)
2013年 05月 20日
宇陀の田んぼ
日曜日の早朝は夜明け前に起床したのですが・・・
曇り空で星は見えなかったので再び寝床へと直行。
次に起きたのは8時を過ぎていた。

雨が降りだしてから出かけるつもりだったが、天気予報では少し遅れるようなので
お昼前から宇陀へと向かう。

あとで聞いたのですが日の出直後は晴れていたようです。
午前中も青空が広がっていたとの事。


ずっと自宅にいたので、まったく知りませんでした。






                  宇陀市榛原 柳
f0236776_21264122.jpg

f0236776_21263892.jpg






                  去年、話題になった『なんじゃもんじゃの木』を見るために石田へと。
                  ここで畑の住人さんと出会う。
                  先程まで和尚さんと一緒だったらしい。
f0236776_21263570.jpg

f0236776_21263315.jpg

f0236776_21263136.jpg










                      玉立橋東側の鎮守の森
f0236776_21262987.jpg










                 額井?戒場?
f0236776_21262680.jpg

f0236776_21262246.jpg




そして青葉の滝へと向かうと和尚さんが電車を撮っていた。
持参したおにぎりを畑の住人さん、和尚さんと3人で頬張る。
雨が本降りになってきた。

by rato-yamato | 2013-05-20 21:52 | Trackback | Comments(0)