<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日
修二会の前に・・・
一夜明けたら修二会の本行です。









さだまさしさんの名前の松明を見つけました。
復興祈願と書かれていたように思います。
東北、そして十津川を含む紀伊半島大水害を思ってでしょう。
彼は十津川村観光大使でもあります。



f0236776_21321646.jpg

f0236776_21321841.jpg








二月堂裏参道の結界。
f0236776_21321456.jpg








広角レンズをノーファインダーで撮ってみた。
近寄っても逃げない鹿だったので、少し遊んでもらった。
f0236776_21321154.jpg

f0236776_2132939.jpg



超広角の16mmでもF2.8の開放ならよくボケる。
周辺減光も面白い。

by rato-yamato | 2013-02-28 05:00 | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 27日
鳥見山 残雪
日曜日の鳥見山です。
載せようか載せまいか迷っていましたが載せます^^;

新しい道は途中から凍結して登れない。
Uターンして旧道へ戻ってなんとか駐車場まで登った。

もちろん誰もいない。
いるのは管理人さんだけ。










f0236776_20555291.jpg

f0236776_20555053.jpg

f0236776_20554822.jpg

f0236776_20554677.jpg

f0236776_20554413.jpg

f0236776_20554210.jpg








桜が咲く頃にもう一度来たい場所です。
さて、どこでしょう?

f0236776_20554065.jpg


by rato-yamato | 2013-02-27 21:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 26日
修二会
今年も3月が近づいてきた。
大和路で3月といえば、何を差し置いても修二会である。
しかしながら、年々撮影(カメラマン)に対する規制が厳しくなる。

あと何年かしたら、まったく撮影できなくなるかも?
いや、そのほうが精神衛生上いいかもしれない。

撮れなければ撮らない。
単純明快。

規制されても撮れるのなら、どこからか撮ろうとする。
だから苦労する。













過去の写真でスライドショーをつくった。
(つくったのは去年ですけど・・・)
今では撮れなくなった写真も少なくない。





さて、今年はどうするかは未だに白紙です。






大和路は雨です。
そんなに冷たい雨ではありません。
明日は雨上がりの景色が撮れたらいいな~。

by rato-yamato | 2013-02-26 23:58 | Trackback | Comments(10)
2013年 02月 25日
雪の下で・・・
石楠花で有名な室生の弁財天。

恥ずかしながら、石楠花の時期に行ったことがありません。
室生寺の石楠花には何度も何度も通ったのに・・・。

今は雪の下で春を待つ。









f0236776_23361423.jpg

f0236776_23361180.jpg

f0236776_2336912.jpg

f0236776_2336692.jpg

f0236776_2336317.jpg

f0236776_2336027.jpg


実は・・・
日曜日の朝に安田に出向いたのです。

天気予報では曇りとなっていたが、休日しか行くことが出来ないので
もしかしたら、すごい景色になるかも・・・と出かけた。

しかし、カメラも三脚も出番はありません。
車から持ち出すこと無く安田を離れます。

こんな日は誰も来ないだろう・・・と思っていたら。



toshiさん、T田さん、写遊さん、そしてrato。
どうしようもない病気の4人が揃いました。

情報交換と他愛のない世間話で今日は解散。



お疲れ様でした・・・。

by rato-yamato | 2013-02-25 23:42 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 24日
山の辺の春は・・・
今度の金曜日は、もう3月ですね。
時間の流れはなんと早いことでしょう。

歳を重ねるにつけ、そう思うようになる。
若いときは、もっと一年が長かったような・・・。




さて、大和路には大きな白鳥は渡って来ません。
たぶん、来ません。
私が知らないだけでしょうか?

そろそろ白鳥は北の大地へ帰る準備をしていることでしょう。
多くの渡り鳥は V字 になって編隊を組み飛んでいるのを見かけます。
先頭の鳥がリーダーでみんなを先導しているかのように見えます。

実はそうではありません。

先頭の鳥の羽根が生み出す上昇気流に乗っかれば楽に飛べることを知っているのです。
そして時々、先頭が交代して長距離を移動します。

動物の行動は理にかなっています。
無駄なことはしません。

夜行性の猛禽類の翼端がギザギザになっているのは風切り音を減らすため。
(プロペラに応用されている)

サメの皮膚がザラザラなのは水の抵抗を減らすため。
(ヨットなどに応用されている)

人間は動物から様々なことを学び、知恵を借り、生活に役立てている。






動物は争いはするが、決して種の絶滅に追いやるような愚行はしない。
人間は一番、動物から学ばなくてはならないことを学ぼうとしない。













山の辺に春が来るのは・・・もう少し先のようです。




f0236776_14311221.jpg

f0236776_14311094.jpg

f0236776_1431825.jpg

f0236776_1431133.jpg

f0236776_1431460.jpg




ご存知のように箸墓古墳の立ち入り調査が終わりました。

新聞によると 落ちている小石ひとつ持ち帰ってはいけない、掘り返してもいけない・・・
そんな調査で何がわかるねん!
と、憤慨していた私は、調査を終えて出てきた考古学者の高揚した面々を見た。

彼らは一様に興奮していた。
有意義な調査だったと口を揃えた。

たぶん、盗掘されているだろうから石棺の中は空っぽだろう。
できることなら魏志倭人伝に記されている金印(きんいん)や銅鏡が出土したら・・・

邪馬台国畿内説が正しいことが証明されるのに。
まぁ、出てこないですけどね。

大和の人間としては邪馬台国=巻向遺跡であってほしい。
そして箸墓古墳は卑弥呼の墓であってほしい。

by rato-yamato | 2013-02-24 14:56 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 22日
宇陀の雪景色  安田
この日の雪景色は、これにて終了です。



本来なら、朝一で訪れるはずだった20日(水曜日)の安田。

ずいぶんと太陽は高くなってしまった。
空は相変わらず青い。
天気予報ではお昼前には曇るはず。

日差しが眩しい安田の里は、こぼれ落ちる粉雪をキラキラと光らせた。


f0236776_21344338.jpg

f0236776_21304352.jpg

f0236776_2130820.jpg

f0236776_2130583.jpg

f0236776_2130356.jpg

f0236776_2130066.jpg

f0236776_21295879.jpg

f0236776_21295644.jpg



ウサギの足跡かな~。
夜行性の動物の足跡ですね。

スキー場でもリフトの下の、けもの道でよく見かけます。


今シーズン最後になるかもしれない積雪は宇陀で満喫しました!

by rato-yamato | 2013-02-22 21:47 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 21日
宇陀の雪景色   雪の又兵衛桜
未明から降りだした雪は宇陀を白く染めた。




疲れていたので行こうか行こまいか思案していたが・・・。
和尚さんがブログで「明日は休みです」と誘っていたので奮起して安田へと向かう。
夜明け前は道路も空いているので30分とかからない。

しかし、女寄峠から雪になった。
気温が低いので積もる雪です。
見る見る道路は白くなる。

下る車は止まりそうな速度で徐行している。
ここで「てつまんさん」から連絡が入る。

宮奥は高見山も見えずダメだ・・・と。
安田もダメか?・・・

ならば本郷の又兵衛桜に行こう。






どういうわけか、途中で和尚さんとマスイさんも拾って又兵衛桜へ。
(詳しい経緯は割愛します)











雪は止んで青空が見えだした。
安田で良かったんちゃうの?

まぁ、こういうことはよくあることです。
ことごとく裏をかかれる?いや裏をかき損なう?







f0236776_14414123.jpg

f0236776_14413771.jpg

f0236776_14413419.jpg

f0236776_14413129.jpg

f0236776_14412948.jpg

f0236776_14412689.jpg

f0236776_14412343.jpg








クリックしてみます?
   ↓  ↓

カメラマン発見!

by rato-yamato | 2013-02-21 05:00 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 21日
宇陀の雪景色   額井岳はええ形やな~
又兵衛桜をあとにして室生湖方面へと向かうことにしましょう。



すっかり雪は止んで青い空が全天を覆うようになった。
ところどころ白い雲が浮かんでいるが日差しを遮る雲じゃない。

室生湖に向かうというものの途中の景色も気になる。
どこでも気になった所で寄り道しましょう。










早速、額井岳が見通せる田んぼで撮影開始!



f0236776_1528378.jpg

f0236776_15283338.jpg

f0236776_15283045.jpg

f0236776_15282784.jpg

f0236776_15282568.jpg

f0236776_15281933.jpg

f0236776_15281587.jpg

f0236776_15281282.jpg




その2に続く・・・

その2へどうぞ。

by rato-yamato | 2013-02-21 04:59 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 21日
宇陀の雪景色 額井岳はええ形やな~ (2)
時間を忘れて田んぼをウロウロ・・・。
あっちでもない、こっちでもない。
機動性重視ですべて手持ち。
このごろ三脚の出番が減ったな~。

朝夕の暗いとき、長時間露光の必要なとき(滝など)、コンポジットが必要なとき(画角を動かせない)・・・。
そんな時しか使わなくなった(^^ゞ

まぁ、臨機応変にいきましょう。












f0236776_1528899.jpg

f0236776_1528588.jpg

f0236776_1528289.jpg

f0236776_15275862.jpg

f0236776_15275552.jpg

f0236776_1527523.jpg

f0236776_15274941.jpg

f0236776_15274412.jpg




このあと、本来の目的だった安田へと向かいます。
結局のところずいぶんと遠回りしたな~。

by rato-yamato | 2013-02-21 04:58 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 20日
明日香村岡の紅梅
やっと見頃でしょうか。
早咲きの梅がアチコチで咲き始めました。

今年の梅はどんな景色を見せてくれるでしょうか。
楽しみです。












f0236776_14145893.jpg

f0236776_14145528.jpg

後ろは雪を被った葛城山。
今年は良く降ります。

今日(20日)も夜明け前から細かい雪が降り続き、山間部では積雪しました。










岡寺参道の古い小屋がきれいにリフォーム?されましたね。
古びた漆喰塗りが風情があってよかったのですが・・・しかたありません。







リフォーム前
f0236776_14144957.jpg










リフォーム後
f0236776_14145245.jpg


by rato-yamato | 2013-02-20 14:20 | Trackback | Comments(0)