<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 30日
湿気
蒸し暑い朝だった。
湿度が高くて体に水分がまとわりつく。
少しだけ朝夕は涼しい日が続いたので、この蒸し暑さは辛い。

蒸し暑さは日が暮れたあとも続いた。
人一倍、汗っかきの私には辛い日だった。








f0236776_21574735.jpg

f0236776_21572959.jpg
f0236776_2157264.jpg

f0236776_2156576.jpg





仕事で使っている営業車が車検のために代車を借りている。
6年半で41万キロを超えた。

代車は日産のNV200という車種。
ニューヨークではイエローキャブとして導入されるとか?
メーターパネルの情報がおもしろい。
切り替えれば、いろんな情報が表示される。

瞬間燃費
走行時間と走行距離
積算燃費と平均速度
タコメーター


うまく使えば簡易的なタコグラフの代わりになるかもしれない。
外回りの営業には、ちょっとジャマな機能かも?

by rato-yamato | 2012-08-30 22:12 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 29日
今朝の唐古楼閣
28日の朝のことです。
出勤途中に東の空から焼け始めた空は西側まで赤く染まりました。
信号待ちで、てつまんさんにメールをしました。

すぐに唐古にいる、との返事がきます。
さすがに良いタイミングで撮影されているな~。

うらやましい・・・










写真家は、なぜ夕焼け・朝焼けを追い続けるのでしょう。
曇り空だって雨の日だって写真は写真。
だけども赤く染まった雲を撮りたがる。

誰が見ても 『うわ~、きれいな写真!』  と、問答無用で心を打つかもしれません。
きれいすぎる絵葉書的な写真を好まない方もいるかもしれません。

そういう、自分はやっぱり追いかけます。
桜・夕焼け朝焼け・紅葉
これだけで日本の四季の風景が満喫できるでしょう・・・。



f0236776_20365411.jpg





今日は焼けませんでした。
私が、ここを離れなくてはならない時間が過ぎてしまいます。
つまり出勤時間が過ぎると遅刻するということです。

まぁ、いいか~。

by rato-yamato | 2012-08-29 20:41 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 28日
毛原廃寺
山添村毛原の集落の中に忽然と姿をあらわす巨石。
民家の敷地に隣接して金堂跡の礎石がむき出しで残る。

毛原廃寺に関する文書記録は見つかっていない。
平城京の大寺院に匹敵する七堂伽藍がここにあったことを証明するかのように
金堂、中門、南門の跡が当時のまま残る。

その礎石の配列から唐招提寺金堂に比すべき大きさであったようだ。
内山永久寺もそうだが、今は姿を見ることが出来ないからこそ
人は、当時の姿を想像して胸がおどるのだろう。









f0236776_21194441.jpg

f0236776_21192964.jpg

f0236776_21193983.jpg

f0236776_2119236.jpg

f0236776_2119337.jpg

f0236776_21191895.jpg

f0236776_21192530.jpg

f0236776_21192222.jpg

f0236776_21191055.jpg


by rato-yamato | 2012-08-28 21:27 | Trackback | Comments(5)
2012年 08月 27日
空高く・・・ その2
何か被写体をさがしてウロウロしています。
昼間は体温を超えそうな気温に気後れしながら・・・。

室生や奥吉野方面なら少しは涼しいでしょう。
しかしながら出かける気力が・・・ありません(^^ゞ










宮奥ダム
f0236776_22123246.jpg

f0236776_22122990.jpg

f0236776_22123541.jpg

あの冬の日、霧氷を求めて登った高見山は遠い昔のようです。








桜井市倉橋
f0236776_22122742.jpg










明日香村八釣
f0236776_22122460.jpg

f0236776_22122138.jpg









明日香村古宮土壇
f0236776_22121836.jpg

f0236776_22121567.jpg









再び八釣
f0236776_22121373.jpg








明日香村小原
f0236776_22121051.jpg







明日香村岡
f0236776_2212749.jpg

f0236776_2212313.jpg






夏休みも間もなく終わりますね。
宿題は済みましたか?
自由研究と読書感想文がネックになってませんか?

この頃はインターネットがあるから過去の天気や気温なんてすぐに調べられる。
良い時代になったものです。

え?良くない?
いいじゃないですか・・・(^^ゞ

by rato-yamato | 2012-08-27 22:26 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 27日
空高く・・・
晩夏ではありますが残暑が厳しく体調管理には気を使います。
しかしながら雲は確実に秋の雲へと移り変わっています。

高層の絹雲が目につくようになり、その下に夏雲が同居する。







香具山のホテイアオイ。
ここは静かでいい。
この後、本薬師寺跡へ向かいましたが人の多さに退散しました。
畑の住人さんとトラさんに会いました。
f0236776_20202297.jpg

f0236776_20202542.jpg






橿原市高殿町あたり。
f0236776_20201818.jpg

f0236776_20201330.jpg

f0236776_2020957.jpg

f0236776_2020757.jpg






明日香村 上(かむら)のヒマワリ。
f0236776_2020359.jpg



大きな台風が沖縄を襲いました。
いくら台風には慣れているとはいえ風速70mは時速に置き換えると250kmですから・・・。
新幹線の窓から手を出すのを想像してください。
実際には窓は密閉してますけど・・・。

by rato-yamato | 2012-08-27 20:36 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 27日
夜空の向こう  その2
アポロ11号で人類初の月面に降り立ったアームストロング船長が亡くなりました。
着陸したのは大阪万博の前の年です。
今でも鮮明に覚えています。

その後、あの着陸は捏造だった・・・という説がでてきます。
飛行士の影がオカシイ。
星条旗が風になびいている。
ワイヤーで吊ったような動きだ・・・


映画でカプリコン・1が発表され、アポロを皮肉ったものであるのは明白です。
しかし私は信じています。
人類の大きな一歩を。












久しぶりにアンドロメダが見たくなって夜中に家内と二人で出かけた。
探すのは簡単です。
山の中なら肉眼でも薄っすらと見えます。

f0236776_18184472.jpg


何十億年かしたら地球のある銀河系とアンドロメダは衝突することがわかりました。
あくまでもコンピュータの計算上ですけど。

その頃は地球や太陽系がどうなっているのかは、わかりません。
地球が存在したとしても人類は滅びて違う生命体が支配しているでしょう。
単細胞の下等動物かもしれません。










私たちの太陽系がある銀河系の姿を地上から見ると。
f0236776_18183924.jpg


この日は湿気が多くて鮮明な空ではなかったので、これで精一杯です。










昴(すばる)もはっきり見えました。
プレアデス星団(Pleiades)です。
f0236776_18305287.jpg


1億歳以下の若い星の集まりです。












東から冬の星座であるオリオンが昇ってきました。
f0236776_18183346.jpg


地平線から顔を出したM42星雲が赤いのがわかります。
この後、M42を望遠で撮ったのですが画像がどこかへ消えました。
間違って消してしまったのかもしれません。

また撮ってみます。

家に帰ると朝刊が届いていました。
はよ、寝よっと。





桜井市の蕎麦畑より。

by rato-yamato | 2012-08-27 20:01 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 25日
夏休み
少し夏休みします。








奈良市狭川あたり
f0236776_542627.jpg

f0236776_533848.jpg

f0236776_533332.jpg






合歓の木がマメ科なのがよくわかりました。
f0236776_533686.jpg

f0236776_532991.jpg

f0236776_525637.jpg







里山のバス停は趣きがあります。
個人のロッカー、置き傘が数本、折りたたみ椅子・・・
f0236776_531462.jpg







魚眼で猫!
f0236776_522635.jpg

f0236776_522483.jpg










さり気なく・・・。
f0236776_522275.jpg








では、また。

by rato-yamato | 2012-08-25 05:09 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 23日
処暑
暑さも退散するという処暑ですが・・・
残暑というには、あまりにも暑すぎます。

今日も朝焼けがきれいでした。
横目で見ながら出勤です。
あと30分ほど時間があれば、どこかで撮れるのだが。










22日の大和路です。
まずは桜井市今井谷
f0236776_2133239.jpg

f0236776_2132990.jpg

f0236776_2132755.jpg









本薬師寺へと移動します。
畑の住人さんと写遊さんと出会います。
f0236776_2132412.jpg

f0236776_2132211.jpg

ホテイアオイは満開です。
逆に隙間が少ないので青空や夕日を写しこむのは難しいかも。








八釣へ。
f0236776_2132060.jpg

f0236776_2131824.jpg


良い感じの雲でしたが・・・
この直後に大粒の雨が降ってきてお終いです。
かなりの土砂降りでした。


このところ朝夕の焼けがきれいな日が多いようです。
シャッタ-チャンスを逃さないように予備の電池とメディアは常に携帯しましょう。

ねぇ、和尚さん。

by rato-yamato | 2012-08-23 21:12 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 22日
夏の思い出
幼少から少年期を過ごした橿原市耳成地区。
高度経済成長期でもあり近鉄が駅周辺を宅地化し開発が進む。

耳成小学校は大阪からの人口流入に耐えきれずプレハブの仮校舎。
冬は寒く隙間風吹き、夏はトタンが焼けるように暑い。

木造校舎の横に鉄筋の校舎の建築が始まる。
クワガタやカブトムシを捕まえた雑木林は切り倒され道路や宅地に変わる。

それでも秘密の雑木林は残る。
当時は秘密だと言っているが、本当はみんなが知っていた。

田んぼには野壷があり、表面はカチカチだが間違って足を踏み入れると
ズブズブと沈んでいく、底なし沼。
近所の米川でオイカワを捕まえる。もちろん手づかみ。

耳成山には太平洋戦争の防空壕が3個ほどポッカリ口を開ている。
今から考えると危ない遊び場だった。
いつ崩れてもおかしくない。
でも涼しいから中で遊んでいた。

時どき、明日香まで自転車でクワガタ採りに出かける。
今となってはどこなのか場所は特定できないほど変わってしまった。
身長が伸びて目線が高くなったからか、
それとも当時の記憶が曖昧なのか、思い出せない。

一度だけ『イジメ』にあったことがある。
夏休み中、いつも仲の良い友人達から無視された。
原因は未だにわからない。
もし同窓会で会う機会があれば聞いてみたいものだ。
今みたいに犯罪になるような『イジメ』じゃない。

いつの間にか仲直りしている。

八木のお祭り、あたごさん。
ヤドカリを買ってもらって飼った。
すぐに死んでしまうのに毎年買った。
今は生き物は見かけない。
夜店で売ってはいけないのか?











橿原市万葉の森でカブトムシを見つけた。
少年時代を思い出す。
f0236776_21341844.jpg








少年時代といえば井上陽水。
ええ曲やな~。


by rato-yamato | 2012-08-22 21:42 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 21日
浮見堂
奈良公園の鷺池に浮かぶ浮見堂は以前は浮御堂だったような気がします。
琵琶湖堅田の浮御堂と混同するので変更したのか?

私にはわかりません。

しかし、いつも思うのだが・・・
もう少し池の水はきれいにならんか?
猿沢池もそうだが、お世辞にもきれいな水とは言えない。

まぁ、池ってどこでも、そんなものか?












f0236776_22561064.jpg






夜のミックス光源は目で見たようには写らない。
何とか調整したけど・・・これで目一杯。
f0236776_225684.jpg







ならば、モノクロにしてしまえ!
f0236776_2256582.jpg








う~ん、むつかしい。
f0236776_2256373.jpg


by rato-yamato | 2012-08-21 23:01 | Trackback | Comments(4)