2017年 03月 06日
母公堂より稲村小屋へ 
ゴロゴロ水から先は凍結路でした。
夏タイヤの車はUターンを余儀なくされる。

この時期の天川村へ夏タイヤで来るのは間違いだと気づいたかな?

昨年から登山の真似ごとを始めたのですが・・・
大峰山系には何度も登りました。


弥山・八経ヶ岳と大普賢岳、そして釈迦ヶ岳は3回登りました。
さらには双門コースや天女の舞・・・

しかし、いわゆる大峰の核心部は未知でした。








登山口の母公堂です。
駐車スペースは多くない。

稲村小屋まで約5kmの登山です。
f0236776_18491013.jpg








マンモスに見えます?
f0236776_20212396.jpg












途中には少し危険なトラバースが何ヶ所かあります。
今回の5名のうち4名は初の稲村ヶ岳ですのでゆっくりスローペースで登ります。
3時間ほどで稲村小屋に到着です。
残念ながら期待していた霧氷はありませんでした。
f0236776_18484817.jpg











雪面を見ると霧氷の残骸が無数に積もっています。
今日の朝なのか昨日の霧氷なのかはわかりません。
f0236776_18490208.jpg












小屋付近で少しのあいだ撮影を楽しみました。
f0236776_18485834.jpg
f0236776_18484173.jpg
f0236776_18483952.jpg
f0236776_18483750.jpg
f0236776_18483293.jpg
f0236776_18482955.jpg













大日山から稲村ヶ岳への道を行くichikawaさん。
f0236776_18482683.jpg








大日山直下で登山道は雪に閉ざされてしまいました。
下を巻くようにトレースはありましたが私たちのレベルではここまでです。

敗退するのも大事な決断です。
あと10分の登山が命取りになる場合もある。


来シーズンは雪の大峰を制覇してやろうと思った瞬間でした。












f0236776_20394712.jpg

今日の5名のカメラマンは一人として同じ機種がいませんでした。
これは珍しいことかも?


皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました。




今回は私自身の記録として・・・








by rato-yamato | 2017-03-06 20:54 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/27616798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cynchia at 2017-03-07 08:01
おはようございます、お疲れ様です!
無理せずが、一番ですよ、素敵な景色に乾杯です!
Commented by rato-yamato at 2017-03-07 13:02
シンシアさん
やはり大峰は手強いです。
来シーズンはベストで挑みますね。
いつもありがとうございます。


<< 山の辺 白梅かほる      山の辺 街あかりと二上山と菜の花畑 >>