2017年 01月 20日
高見山 朝日は登る
高見山の山頂からはるか彼方の大峰山脈を見る。




これが、ここの醍醐味と言っていいでしょう。
そしてこの遠近感に酔いしれる。

高見山は標高こそ決して高くない山です。
しかし台高山脈の単独峰であるがゆえに霧氷になりやすい。
私的には霧氷を見るなら高見山か明神平が一番だと思う。

というか・・・そこしか知らないだけだ。(笑)












f0236776_18401331.jpg
f0236776_18380365.jpg
f0236776_18375016.jpg
f0236776_18375382.jpg
f0236776_18372341.jpg
f0236776_18403673.jpg
f0236776_18403888.jpg








ke-nさん
Y・Kさん

ありがとうございました。
また、ご同行くださいませ。

あ、ピアノ感動しましたよ。
涙腺ゆるんで・・・(^_-)








by rato-yamato | 2017-01-20 18:27 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/27463695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ke-n at 2017-01-20 18:45 x
ratoさん、こんばんは。

迫力のある霧氷なら高見山、
繊細な美しさなら明神平でしょうね。

この日は急に計画に乗っからせていただきましてありがとうございました。
僕もピアノ、聴きたかったです(惜。
Commented by rato-yamato at 2017-01-20 19:33
> ke-nさん
高見山のエビの尻尾は迫力ありますね!
その点 明神平はガラス細工のような繊細さが魅力です。

いつでも乗っかってください。
大歓迎です。
Commented by umi_bari at 2017-01-20 20:49
寒いですよね、厳しいですよね。
それでも登っての、素晴らしい作品の数々に
感謝ばかりです、バグースです。
アラックは山が苦手です、雪はもっと駄目です。
Commented by rato-yamato at 2017-01-21 10:52
> umi_bariさん
確かに厳しい寒さなんですけど、写真を撮っていると寒さは忘れてしまいます。
私は雪が大好きです。
生活に困らない程度に一年中、雪ならいいのに。と思う不届き者です。


<< キワラ不動滝      高見山 朝日を受けて >>