2016年 12月 20日
明神平を歩いてきました その(3)
厳冬期でない、この時期は太陽に照らされると霧氷は木から離れてしまいます。
風に吹かれると桜が散るように・・・

まるで花吹雪のように。




氷のオブジェをしばし ご覧ください。












f0236776_18522588.jpg
f0236776_18521383.jpg
f0236776_18520791.jpg
f0236776_18515931.jpg
f0236776_18515643.jpg
f0236776_18515397.jpg
f0236776_18515096.jpg
f0236776_18514773.jpg
f0236776_18514378.jpg




雪目の私はサングラスをしないと涙が出てくる。
ゲレンデではいつもゴーグルやサングラスをしていた。

いや、今日は雪目のせいじゃない。

儚い霧氷のせいかもしれない。









by rato-yamato | 2016-12-20 19:01 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/27374331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2016-12-20 19:10
こんな景色にも出会えるのですね~
行きたいな~
Commented by yao-k at 2016-12-20 20:26 x
一応、今年の目標 
「天女の舞」を達成しましたか?
Commented by rato-yamato at 2016-12-20 20:46
> ei5184さん
出会えるか出会えないかは運まかせです。
こればかりは登ってみないとわかりません。
山の天気はむつかしいです。
でも行かなければ出会えません(笑)
Commented by rato-yamato at 2016-12-20 20:47
> yao-kさん
まさしく「天女」でした。
私の前で舞ってくれたのですが・・・
うまく撮れたかどうかは自信がありません。
Commented by Toshi-JPN at 2016-12-20 23:16 x
こんばんは。そして、素晴らしい写真ですね。(^^)
ほんの一瞬だったんでしょうが、素晴らしいタイミングを撮られましたね。
更に、”儚い霧氷のせいかもしれない。” の文言を見て、おぉ~と思わず頷きました。

そう言えば、、、関東に住んでいた時に霧氷見たさに長野まで車をとばしていったものの
振られること数度、霧氷ができる条件って結構シビアなんだと痛感し、ちょっとトラウマ
気味となっておりますが、奈良ではちょっと私に対して優しい対応(霧氷が発生する条件
を高め)を期待しております。(笑)
Commented by WWMC at 2016-12-21 07:55
うむ...さすがです! 散り際の繊細なひろがりが
目の前に再現される写真ですな。空間の使い方も
うまいなあ...

昨日考えてました。。。板を履いて登ってた頃にもきっと
たくさん見かけてたんだろうに、なぜこんな音を
聴かなかったんだろうか?・・・いろいろ思い当たることが
ありましたが、一番の理由は、聴くことができる歳になった
そういうことなんでありましょうね^^

Commented by rato-yamato at 2016-12-21 12:37
> Toshi-JPNさん
きっと素晴らしい霧氷が見られますとも!
と、言いますのは台高山系は特異な気象で、霧氷ができやすい環境だと聞いてます。
だから定期ツアーがあるのでしょうね。

Commented by rato-yamato at 2016-12-21 12:42
>Shuさん
ゲレンデでもたくさん見ていました。
渋峠や横手山では立派なモンスターも見ました。
でも、心はゲレンデにあるんです。
目の前の斜面なんですよね。

そうそう、歳を重ねてゆとりができたのかもしれませんね。
Commented by kiraln at 2016-12-21 17:14
ほんと綺麗ですね。
shuさんのところでも思わずコメント入れちゃいましたが
ワタシも音を聞きたいなぁ~
繊細で儚い音なんでしょうね。
でもハードル高過ぎ(=_=)
Commented by rato-yamato at 2016-12-21 19:12
> kiralnさん
ほんと、儚いオルゴールのようです。
淋しげであるが、どこか優しさが溢れている。
金属音のようでそうじゃない。

わかりました。
ハードルを埋めて低くしましょう。


<< 明神平を歩いてきました その(4)      明神平を歩いてきました その(2) >>