2016年 12月 11日
お釈迦さまに会ってきました。
真冬になると雪に閉ざされ、おいそれと行けなくなる大峰山系。
私のような初心者登山では危険でさえある。


根雪になる前なら行けるかもしれない。




気象と兼ね合わせると今日しかなかった・・・

















釈迦ヶ岳山頂は今日も姿を見せてくれなかった。



季節風は釈迦ヶ岳にブチ当たると上昇気流となり、雲となって釈迦ヶ岳を覆い尽くす。
雲は極寒の木々に当たり霧氷となる。

気温は終日、氷点下だろうか。

ペットボトルの飲料水が凍りついて飲めない。








f0236776_18323700.jpg
f0236776_18323148.jpg
f0236776_18322858.jpg
f0236776_18322280.jpg







あと2回ぐらいは続くかも・・・
編集できたらアップしますね。





by rato-yamato | 2016-12-11 18:36 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/27278443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WWMC at 2016-12-11 19:27
これはすごい!

いやはやなんとも過酷な山行 お疲れさまでした。
私もいつかこのお釈迦様に会えるかなあ...ちょっと
ムリな気も^^;

最後の一枚、しびれます。雪雲みたいな頭上を覆う雲、
そこからの光芒もうっすらと。素晴らしいです。
これが霧氷、前にも書きましたが私にはそう思えます。
続きはゆっくりでええので、今夜はよう休んでくだされ。


Commented by rato-yamato at 2016-12-11 19:35
> shuさん
このコースは初心者でも安心して登れます。
今日もファミリーで登ってこられましたよ。
小さい女の子でも大丈夫だということは・・・大丈夫だと思います、shuさん。

お日様が差すのをじっと待ちました。
待って待って待ちました。
Commented by たかこ姫 at 2016-12-11 21:17 x
なんと!お釈迦さまがおられるここには
色という物が皆無の世界?
持っていったペットボトルが凍る?
寒さの想像がつきません。。。。
デモ、霧氷の厚さだけが、この極寒を伝えている。
霧氷の華の彼方に射し込む太陽が、せめてもの救い✿
Commented by 杜子春(和尚) at 2016-12-12 10:54 x
ratoさん、いい方向に行っていますね。
頑張ってください。
私の知らない風景を見せてください。
Commented by rato-yamato at 2016-12-12 13:22
> たかこ姫さん
私もここまで寒いとは思いませんでしたよ。
山頂は真冬ですね。
下山すると標高が下がるたびに体感温度が変わるのを実感します。
Commented by rato-yamato at 2016-12-12 13:25
> 杜子春(和尚)さん
貴殿の山岳写真の足元にもおよびませんが初めての景色に興奮しまくりです。
体力のあるうちにいろいろ経験できればいいなと思っています。
まずはテントと寝袋を買わなければ。
Commented by kiraln at 2016-12-13 10:31
FBのメッセンジャーよりも
大きなPC画面で拝見した方がずっといいです(^'^)
お釈迦様に素手で触ったものなら
お手手が凍り焼けしちゃいそうですね。
静かで綺麗で冷たい世界。。。
暖かいお部屋で見ております(笑)
ratoさん ありがとう。

先日からムショーにインスタントラーメンが食べたい。。。
Commented by rato-yamato at 2016-12-13 21:57
>きらりんさん
どうぞ暖かいお部屋でコタツに入って見てくださいね(笑)
私は寒さを楽しんでいます。

素手で触るとダメでしょうね~
くっついて春まで帰れません(笑)


<< 釈迦ヶ岳霧氷  (1)      山はええね~ >>