2016年 08月 30日
大峰の森は雨に煙る
平地では見ることのできない巨木たちがそこにいた。



たぶん・・・杉や桧の植林が進む以前は日本国中にこんな森があったのでしょう。
人間が変えてしまった森の主役の杉は今では花粉症という悪者にされる。

日本の家屋の主材を担ってきたのに・・・


















f0236776_20493851.jpg
f0236776_20493586.jpg
f0236776_20493288.jpg
f0236776_20494167.jpg
f0236776_20493062.jpg
f0236776_20492783.jpg
f0236776_20492359.jpg




雨は木々を潤し、地面を潤し、地中深く染み込む。
そして再び地表に出るまで大地の中で磨かれる。




by rato-yamato | 2016-08-30 19:07 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/25738320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cynchia at 2016-08-30 19:35
こんばんは、素晴らしいです、木というよりは、動物ですね!
Commented by WWMC at 2016-08-30 20:28
うむむ、、、ちょっとこれはこの木肌の色合いは
見たことがありませんね。

森閑とした背景も とてもええかんじです。
Commented by rato-yamato at 2016-08-30 22:01
> cynchiaさん
はい、まるで生き物ですね。
命が見える気がしました。
Commented by rato-yamato at 2016-08-30 22:06
>shuさん
赤っぽい木肌はヒメシャラです。
narakumaさんに教えていただきました。
平地では見かけませんが登山をすると普通に見かけますよ。
Commented by てつまん at 2016-09-01 15:11 x
最後の写真に 星三つ ☆☆☆

ああ 私も山に登れたら・・・
Commented by rato-yamato at 2016-09-01 19:31
てつまんさん
☆☆☆ありがとうございます。
てつまんさんには鳥見山がありますやん!
Commented at 2016-09-07 12:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rato-yamato at 2016-09-07 13:36
鍵コメさん
ありがとうございます。
後ほど連絡いたしますね!


<< Forever the mem...      巨樹の森には妖精がいた? >>