2012年 12月 12日
桜の古木は、なぜねじれるのか?
え~っと・・・
2回目の投稿です。

雑談ですので興味のない方はスルーしてください。m(__)m





以前から不思議に思っていたことがある。
古い桜の木は、みんな一様にねじれているのです。
それも同じ回転方向に。



たとえばこんな感じです。

f0236776_19294149.jpg


ねじれていますよね?

で、いろいろ調べると(といってもPCで検索するだけ)わかったことがある。
樹木は桜にかぎらず成長するにしたがって細胞はねじれるように成長することで
強度を増して台風などの外的な力に対応しているのだという。

非常に理にかなっている。

では、なぜ右肩上がりにねじれるのでしょう。

私は直感的に地球の自転の影響だと思ったのです。
それは排水栓に流れていく水の渦巻きや台風の目の渦巻きが一定なのと同じ理屈です。

これを難しくいうとコリオリの力と呼ぶ。

が・・・しかし。
Wikipediaによればお風呂の排水栓などは、この力の影響はない、と書いてある。
規模が小さすぎて、この力は働かないらしい。
渦巻きは、そういう設計なのだそうだ。

桜に話を戻します。

もし、地球の自転が影響しているとしたら南半球では「ねじれ」が逆にならなければならない。
残念ながら南半球に知り合いはいないので調べるすべはない。

南半球に桜があるのかも知らない。
ということで結論は出ませんでしたが・・・

皆様のご意見もお聞かせくださいませ。


m(__)m

by rato-yamato | 2012-12-12 19:49 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/18252502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てつまん at 2012-12-13 14:48 x
私も木に、いやチャウ、気になってネットで調べました (^ ^

(問い)
花見の話題です。いま満開の桜,これを南半球に持っていって移植したら,来年は何時咲くのでしょうか。
みんなの意見
1、南半球の春(日本では秋)に咲く。
2、南半球の秋(日本の春)に咲く。
3、しばらくは咲かずに2、3年後の現地の春に咲く。
4、枯れてしまう。

(答え)
サクラの花芽は7月ごろできて休眠し、翌春に開花します。
何かの事情でこれが早めに開花するのが狂い咲きです。
したがって、今すぐ南半球に持っていった場合、 まだ花芽ができていないまま寒くなってしまうので、その後暖かくなっても花が咲かないでしょう。

従って、答えは3でしょう。

ということでしたが ・・・ ?
Commented by rato-yamato at 2012-12-13 21:25
てつまんさん

私も3番だと思います。

桜は冬の寒さを経験しないと春に開花しないそうです。
ですから熱帯地方には桜がありません。

もしこのまま温暖化が進んで日本列島が亜熱帯になったら
桜は咲かなくなるそうです。

しかし、その前に氷河期がやってきそうです。
Commented by 戸矢 隆 at 2017-07-20 18:56 x
私も地上の物体の捻れに関心を持っています
桜の木もそうですが
人間の身体も下顎も向かって右肩上がりに
本人にとっては左上がりの
螺旋回転して捻れていると思います
右眉より左眉 右目より左目 右下顎角より左下顎角 右口角より左口角 右肩より左肩 右骨盤より左骨盤 右膝より左膝が高い位置にあり 右肩右骨盤が前に出ています
肩に関しては例外もあります
原因は地球の自転だと考えています
南半球の人間が知りたいです
Commented by rato-yamato at 2017-07-20 20:10
> 戸矢 隆さん
コメントありがとうございます。
素人の私には理解不能ですが・・・
植物の捻れは強度を増すためではないかと考えています。
自転が影響するのは、もっと規模の大きい台風の渦などではないかと。
自転が原因なら南半球では逆になるはずですよね。


<< 残り柿の里      秋の名残りをさがして・・・ >>