2010年 09月 25日
ボケ味

ピントが合っていないところにも表現(味)を求める日本人の美意識。

しかし、主たる被写体にはピントが合っていること。

どこにもピントが合っていないのは、たんなる「ピンボケ」

でも、ピンボケもうまく使うと面白い写真になったりする。

イルミネーションや花火など・・・。



大きくぼかすには、

     1、明るいレンズ。
     2、望遠レンズ。
     3、被写体に近寄る。

全ての条件が揃うのは望遠マクロレンズかな。


f0236776_21531862.jpg

f0236776_21531359.jpg

f0236776_2153656.jpg

f0236776_2153171.jpg

f0236776_21525440.jpg

f0236776_21524837.jpg

f0236776_21524227.jpg



私は元来パンフォーカスを好んでいた。

風景の場合は絞り込んで画面全体にピントがくるように。

でもこのレンズを持つと、ついつい開放で撮りたくなる。

1.2mまで寄れるのもうれしい。

最後の写真は2線ボケが出てますね~。

by rato-yamato | 2010-09-25 22:10 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yamatoji.exblog.jp/tb/14668310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2010-09-25 23:24
"このレンズ”を持つと本当に開放で撮りたくなりますね。
実はまだ絞って撮っていません(^^)

前ボケ、後ぼけ、丸ボケなどぼけにもいろいろ有りますが、組み合わせが大事ですよね。
100Macroもその点では良いボケが出ますよね、明日はコスモスを撮りにこの2本を持って出かけます。

おっと写真の感想を忘れていました。
4,5枚目、柔らかな雰囲気で前ボケを旨く生かして素晴らしいです、曇りの日だったのでしょうか柔らかな光がコスモスに良く似合います。
Commented by miyakokoto at 2010-09-26 09:45
 おはようございます♪

 何時も真似は出来ませんが、色々勉強させて頂いて居ります。
最後のフォト・・・説明が無かったら気が付きませんでした。
風で揺れていたのでしょうか・・・?
風が感じられて良いに思います・・・!?
くもの巣も見えていますネ

 ここで教えてもらって花のマクロ、望遠で撮る事が多くなりました。
rato-yamato さんのような立派な望遠じゃないですが・・・
Commented by rato-yamato at 2010-09-26 15:23
prado9991さん
100Macroもいいですよね~。
私のはISなしのほうですけど。

まだ絞っておられないとは・・・!
Commented by rato-yamato at 2010-09-26 15:26
miyakokotoさん
2線ボケはレンズの特性だと思います。
miyakokotoさんのマクロ写真はいつも拝見していますが、
しっかりピントが合っていて見ていて安心感があります。

望遠レンズは良くボケるので花の撮影にはいいですね。


<< 葛城路初秋      戒場(かいば)あたりをウロウロ... >>